« BMWザウバー、クビサとの契約延長の構え | トップページ | ポールリカールテスト、ハミルトン最速(5/14) »

2008/05/14

「イスタンブールの犬」、大騒動に

「フランダースの犬」ならぬ、「イスタンブールの犬」が大きな騒動になっている。
これは、F1トルコGPのサポートレースとして行われたGP2レースの際中、コース内に2匹の犬が「乱入」、大きな混乱を招いてしまったもの。
Image (C)Super Aguri F1
拡大します
中でも故アイルトン・セナの甥として注目を浴びているブルーノ・セナ(24歳:ブラジル)は、避けきれずに犬の一匹をはねてしまったということだ。
「コースに犬がいるなんて信じられないよ」と語るセナは時速約150キロで犬と衝突したとみられ、ドライバーに怪我はなかったもののマシンは大きな損傷を受けてリタイヤを余儀なくされている。

FIAのレーススチュワードはこれを重視し、サーキットの安全対策について調査を行うと宣言した。

F1では1987年のオーストリアGPで当時マクラーレンをドライブしていたステファン・ヨハンソンがコースに入り込んだ鹿と衝突したアクシデントが有名。
その時のサーキット、エステルライヒはその後A1リンクへと改修されている。

|

« BMWザウバー、クビサとの契約延長の構え | トップページ | ポールリカールテスト、ハミルトン最速(5/14) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41202214

この記事へのトラックバック一覧です: 「イスタンブールの犬」、大騒動に:

» GP2 トルコラウンド レース2はグロージャンが圧勝、可夢偉は9位 [F1memo]
モータースポーツブログ  レース2はF1トルコGPのサポートレースとして午前中にドライコンディションで行われた。オープニングラップから後方集団の接触によりセーフティカーが出動する荒れたレース。ポールスタートのアダム・キャロルも1周目で姿を消した....... [続きを読む]

受信: 2008/05/14 09:22

» (動画)犬侵入のイスタンブールパークに対し処罰の可能性 [F1memo]
モータースポーツブログ  トルコGPが開催されたイスタンブールパーク・サーキットは、GP2の決勝中に2匹の犬がコースに入り込んだ事故の責任を問われ、FIAから処罰されるかもしれない。この一件は、ブルーノ・セナが犬をひいてリタイアするというアクシデントに発展した。...... [続きを読む]

受信: 2008/05/15 03:58

» 社◆イスタンブールの犬 [カゴの中の鳥]
どもGOKです。 FMotorsports F1: 「イスタンブールの犬」、大騒 [続きを読む]

受信: 2008/05/16 03:15

» 社◆イスタンブールの犬 [カゴの中の鳥]
どもGOKです。 FMotorsports F1: 「イスタンブールの犬」、大騒 [続きを読む]

受信: 2008/05/16 03:21

« BMWザウバー、クビサとの契約延長の構え | トップページ | ポールリカールテスト、ハミルトン最速(5/14) »