« トヨタ トルコGP決勝レースの模様(5/11) | トップページ | 中嶋「襲撃」のフィジケーラ、「間に合わなかった」 »

2008/05/12

ホンダ トルコGP決勝レースの模様(5/11)

honda_f1_logo「バトン11位、バリチェロ14位完走」 5月11日・日曜日(決勝レース) 天候:晴れ 気温:17~18度

第5戦トルコGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは11位、ルーベンス・バリチェロは14位で完走し、スペインGPに続くポイント獲得はならなかった。

Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開:
通常より1時間遅い、午後3時のレーススタート。
その時点で気温17度、路面温度32度のコンディション。
各ドライバー、タイヤの選択が分かれる中、今回のレースでF1参戦257回という最多記録を達成するバリチェロはソフト側のオプションタイヤ、バトンはハード側のプライムタイヤでスタートした。

開始早々、1コーナーの事故で、セイフティカーが導入された。
3周目からレース再開。
バトン11、バリチェロ12番手で上位陣を追う。
ともにかなりの燃料を積んだバトンとバリチェロは、18周目に1回目のピットインから出てきたM・ウェバー(レッドブル)に引っかかり、思うようにペースを伸ばせない。
とはいえ上位陣が続々とピットに入ったことで、25周目にはバトン8番手、バリチェロ9番手まで順位を上げる。

ほぼ中盤の27周目、まずバリチェロがピットイン。
15番手でコースに復帰する。
そして31周目まで引っ張ったバトンは、すぐ後ろを走るT・グロック(トヨタ)と同時にピットインし、オプションタイヤに履き替える。グロックより前でコースに戻り、11番手を走行する。
両ドライバー共に、1回ストップ作戦を取った。

その後、バトンはN・ピケJr(ルノー)に猛追される展開。
しかし35周目にピケJr、さらに続けてH・コバライネン(マクラーレン)にかわされ、13番手を走行する。
45周目にピケJrがピットインし、その後、14番手を走行中のバリチェロは、ピケJrに僅差で追われるが、なんとかこれをしのぐ。
結局バトンは先行車のピットインで順位を上げ11位、バリチェロ14位で、2戦連続のポイント獲得はならなかった。

Jenson Button (C)Honda Racing
拡大します
■ジェンソン・バトン 11位

Q.今日のレースはどうだったか?
A.何とかスタートポジションから少し順位を上げることができたが、僕らにとっては残念なレースだった。
スタートは良く、1周目はすばらしいラップだった。
しかし、レース中のペースは期待したほどではなかった。
最初のスティントではブレーキのオーバーヒートのため、フロントタイヤに問題が生じ、ややタイムを落とした。
そこで戦略を変更し、1ストップにしたのだが、それがとてもうまくいった。
残念ながら、ここでは燃料搭載量の影響が非常に大きかったため、2ストップ作戦を取ったペースの速いクルマを抑え込むことは難しかった。
これから再びポイント獲得を目指すために、さらなる進歩が必要だ。

■ルーベンス・バリチェロ 14位

Q.257戦目という新記録達成を果たしたレースだっただけに、残念な結果だったのでは?
A. 今日は、僕らには戦うための十分な速さがなく、マシンのパフォーマンスが足りず、残念なレースだった。
第1スティントでアンダーステアが出て、トラフィックにもひっかかってしまったので、予定より少し早くピットストップを行い、スペースのあるところに出ようと試みた。
その後は、最後まで特に何も起こらなかった。
次の2回のテストで、懸命に作業し、ペースを上げていかなければならない。

■ロス・ブロウン Honda Racing F1 Team チームプリンシパル

Q.今日はどのようなレース展開だったか?
A.昨日の予選では競争力に欠けていることに驚いたが、今日のレースはいつもどおりだろうと考えていた。
数周の間、両ドライバーがバランスに苦しんでいるのを見て、われわれにはポイントを獲得するだけのペースが不足していることがわかった。
そこで、戦略を変え、2台とも1ストップ作戦に切り替えた。
主に、後ろにいるクルマからポジションを守るためであり、これは成功した。
レース中盤にセイフティカーが入っていれば、ポイント獲得もあったかもしれない。
それが今日唯一の可能性だった。

Q.次からのレースに向け、どのような計画をしているか?
A.モナコとモントリオールに備えるため、フランスのポールリカール・サーキットでテストを行う。
さらに、バルセロナで空力のテストを行い、空力開発の性能評価をする予定だ。
これまでのレースで最も高いレベルのダウンフォースを必要とするモナコには、見た目にもわかる新パーツを投入する。
しかしながら、今年のレースで一番高いダウンフォースレベルが求められるのは、モナコではないと予想している。
われわれの予想では、シンガポールがさらに高いダウンフォースを必要とするだろう。
モントリオールはそれとは全く違ったタイプのサーキットで、ストレートでの速さが必要とされる。

|

« トヨタ トルコGP決勝レースの模様(5/11) | トップページ | 中嶋「襲撃」のフィジケーラ、「間に合わなかった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41177776

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ トルコGP決勝レースの模様(5/11):

» バリチェロの257戦達成記念カラーリング [F1memo]
モータースポーツブログ  このトルコGPへの決勝出走を持って257戦の出走新記録を打ち立てたバリチェロ。この週末は専用のカラーリングのマシンでの走行でした。サイドポンツーンに257をデザインしたこのマシンを駈ったバリチェロでしたが、決勝では良いところが...... [続きを読む]

受信: 2008/05/12 06:56

» マッサ3年連続ポールトゥウィン! [tamusanの日常生活 ]
 2008年F1第5戦トルコGP。優勝マッサ、2位ハミルトン、3位ライコネン。フェラーリのマッサが3年連続ポールトゥウィンを達成。なかなか狙ってできる記録ではないので非常に素晴らしいです。... [続きを読む]

受信: 2008/05/12 09:10

» ベテランドライバーは引退してください。 [かなり戯言 F1]
# 注意、SAF1撤退。佐藤琢磨のシート無し # これだけが原因ではないでしょうが、以前にましてひねくれた見かたになっております m(_ _)m F1のトルコGPは、マッサ、糞(ハム)の順だそうで。俺にとっては最悪の結果だね。 本命のライコネンは冷静なようで、きっちりポイントを稼いでいるから、チャンピオンシップの面白みもない。 注、マッサと糞(ハム)が絡んで、両者リタイアが最高なんだけどなぁ。 ホンダは、いつものようにダメ。 このコースは向いている、なんて言っていなかった? 向いているコースでこ... [続きを読む]

受信: 2008/05/12 13:24

» 結構バトルがあったトルコGP! [gromit気まま日記]
今日も東京は寒かったです。。17℃。何でこんな寒いの?明日は15℃になるそう; 何だか最近地震が多いと思ったら、今度は中国が!大丈夫なんか???学校が崩壊て;北京は大丈夫? トルコGP、いつもより3ヶ月も早い開催だから何だか変。。寒いし;17℃て東京と同じじゃん!今回は地雷踏みませんでした。どこのサイトも見ちゃだめだね。 そして今日から日本GPは抽選受付開始。抽選てのがすごいよな。何なんだ?絶対行かないよ。自由がないし。。。 予選 今回から若干レギュレーション変更。スーアグ... [続きを読む]

受信: 2008/05/13 01:01

» 佐藤琢磨 Backup Project 始動 [CHAMPION SHIP]
        佐藤琢磨 Backup Project が始動した! SUPER AGURI F1 TEAMの撤退によりシートを失った佐藤琢磨選手 早期F1復帰を願ったFANによるこのPROJECTをこのBlogでは応援して行きます。         www.Taku-style.com へ ... [続きを読む]

受信: 2008/05/13 16:34

» Thank You SAF1 Project [CHAMPION SHIP]
すべてのSAF1関係者へ捧げるPROJECT 鈴木亜久里・佐藤琢磨・アンソニーデビットソン・SAF1 ALL STAFF 夢を、ありがとう。 私たちは永遠に SAF1 を忘れません! 詳しくは ここをご覧下さい。 ... [続きを読む]

受信: 2008/05/13 16:36

» F1 トルコGP(2008 R5) [UKYOのつぶやき]
F1第5戦トルコGPリザルト! [続きを読む]

受信: 2008/05/14 09:44

» 【RACE】 ホンダ トルコGP決勝レースの模様(5/11) [F1情報サイト Red-5]
「バトン11位、バリチェロ14位完走」 5月11日・日曜日(決勝レース) 天候:晴れ 気温:17〜18度 第5戦トルコGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・ バトンは11位、ルーベンス・バリチェロは14位で完走し、スペインGPに 続くポイント獲得はならなかった。 FMotorsports F1 Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開: 通常より1時間遅い、午後3時のレーススタート。 その時点で気温17度、路面温度32... [続きを読む]

受信: 2008/05/18 21:26

« トヨタ トルコGP決勝レースの模様(5/11) | トップページ | 中嶋「襲撃」のフィジケーラ、「間に合わなかった」 »