« トヨタ トルコGP公式予選の模様(5/10) | トップページ | ハミルトン、GPDAに寄付で懐柔図る? »

2008/05/11

ホンダ トルコGP公式予選の模様(5/10)

honda_f1_logo「トルコGP予選、バリチェロ12番手、バトン13番手」 5月10日・土曜日(2日目・予選)
天候:曇りのち晴れ 気温:16~18度

第5戦トルコGPの2日目・予選で、Honda Racing F1 Teamのルーベンス・バリチェロ12番手、ジェンソン・バトン13番手に終わり、トップ10進出を逃した。

Honda Racing F1 Team 2日目の展開:
朝のうちに降雨があり、午前11時からのフリー走行は、ややウェットの路面状態で始まった。
開始後は日が射し始め、コンディションは急速に良くなっていく。
終盤は、各チーム、オプションタイヤでの走行を開始し、バトン9番手、バリチェロ14番手で走行を終える。
トップのM・ウェバー(レッドブル)から16番手のR・クビカ(BMWザウバー)までが、1秒以内にひしめく大接戦だった。

午後は、晴れ。
気温16度、路面温度26度のコンディションで、予選第1セッションが始まった。
今回から10チーム20台でのレースとなるため、第2セッションへは1台減り15台が第2セッションへ進める。さらに熾烈な争いが予想される。

両ドライバーは、1回目のアタックをハード側のプライムタイヤで臨み、バトン12番手、バリチェロ18番手。
2回目のアタックはバトンがプライムタイヤ、バリチェロはソフト側のオプションタイヤで第2セッション進出を狙う。バリチェロ12番手、バトン14番手で、次のセッションへ進んだ。

第2セッション。風が時おり強く吹く天候の中、1回目のアタックでは、二人ともオプションタイヤで臨む。
しかし、二人とも第1セッションでのタイムを上回ることができず、バリチェロ11番手、バトン15番手。
2回目のアタックはバリチェロはオプションを、バトンはプライムを選択。
1回目のタイムを更新したものの、結局バリチェロとバトンは12、13番手に終わり、最終セッション進出を逃した。

Jenson Button (C)Honda Racing
拡大します
■ジェンソン・バトン
3回目フリー走行 9番手 1分27秒766
予選13番手 1分27秒298

Q.今日の予選の感想は?
A.予選ではタイヤの性能を引き出すことに苦戦していたから、13番手という結果に満足すべきなのかもしれない。
Q1は悪くなく、僕は2回のアタックともプライムタイヤ(ハード側)で行った。
他のドライバーがオプション(ソフト側)で速いようなので、僕もQ2の最初のアタックでオプションに履きかえたのだが、いくつかの理由でそれがうまくいかず、グリップを失った。
トップ10よりだいたい0.3秒くらい遅く、プライムに戻しての13番手なので、そう悪い結果ではない。オプションがうまく機能しないのは悩ましいことだが、プライムでのペースはとても良く、特にロングランではそうだ。

Q.ポイント獲得はできないと思うか?
A.この位置からポイントを取りにいくのは簡単ではないが、エンジンにタフなサーキットなので様子を見てみたい。
ここはオーバーテイクをするチャンスがあり、いつも楽しんで走っている。
明日のレースも楽しみにしている。

■ルーベンス・バリチェロ
3回目フリー走行 14番手 1分27秒946
予選12番手 1分27秒219

Q.予選でQ3に進むことが目標だっただけに、今日の結果は残念に思うか?
A.僕らが思っていたほど、このトルコでは速さがなかった。
しかし、みんなが大変努力した。
これは、タイヤやグリップレベルというより、バランスの問題で、今日はできる限り努力したと思う。
ラップ全体を通してパフォーマンスを発揮することができなかった。
第1セクターと第2セクターはいいのだが、第3セクターがうまくいかなかった。
今日の結果が、現時点での僕たちのポジションだ。
Q3で戦う常連になるために、もう一歩前進しなければならない。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.今日の予選ではどんな問題があったのか?
A.タイヤに問題があり、プライムでグリップを得たり、オプションで適正なバランスをとろうと努力した。
午前のセッションで2つのタイヤが異なる働きをするのがわかったので、Q1では2人のドライバーに別々の戦略を取った。
Q2では、どちらのマシンもトップ10に入るペースがなかった。
タイヤの性能を引き出すこと以外には、特別な問題はなく、ここで進歩を遂げられると思っていただけに残念だ。

Q.明日のレースの予想は?
A.レースは非常におもしろいものになるだろう。
ここはとても難しいサーキットで、これまでの走行でもコースオフするドライバーがたくさんいた。
燃料を多く積んで、タイヤが使い込まれてくると、たくさんのミスやトラブルが発生すると思う。
ジェンソンもルーベンスもレースペースには満足していて、2人ともこれまでのところコースオフしていない。
われわれがきちんとレース運びをし、一貫したペースを保つことができれば、ポイントの可能性もあるだろう。
ぜひそうなるよう頑張りたい。

|

« トヨタ トルコGP公式予選の模様(5/10) | トップページ | ハミルトン、GPDAに寄付で懐柔図る? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41166274

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ トルコGP公式予選の模様(5/10):

» 【RACE】 ホンダ トルコGP公式予選の模様(5/10) [F1情報サイト Red-5]
「トルコGP予選、バリチェロ12番手、バトン13番手」 5月10日・土曜日(2日目・予選) 天候:曇りのち晴れ 気温:16〜18度 第5戦トルコGPの2日目・予選で、Honda Racing F1 Teamの ルーベンス・バリチェロ12番手、ジェンソン・バトン13番手に終わり、 トップ10進出を逃した。 FMotorsports F1 Honda Racing F1 Team 2日目の展開: 朝のうちに降雨があり、午前11時からのフリー走行は、ややウェットの路面状態で ... [続きを読む]

受信: 2008/05/11 21:55

» Honda F1 中本修平 「バトン11位、バリチェロ14位完走」 [SONZなポチ]
第5戦トルコGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは11位、ルーベンス・バリチェロは14位で完走し、スペインGPに続くポイント獲得はならなかった。 [続きを読む]

受信: 2008/05/12 05:21

» Honda F1 中本修平 「バトン11位、バリチェロ14位完走」 [SONZなポチ]
第5戦トルコGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは11位、ルーベンス・バリチェロは14位で完走し、スペインGPに続くポイント獲得はならなかった。 [続きを読む]

受信: 2008/05/12 05:22

« トヨタ トルコGP公式予選の模様(5/10) | トップページ | ハミルトン、GPDAに寄付で懐柔図る? »