« トヨタ トルコGPフリー走行の模様(5/09) | トップページ | トゥルーリ、GPDA未加入ドライバーに苦言 »

2008/05/10

ホンダ トルコGPフリー走行の模様(5/09)

honda_f1_logo「初日はバトン11番手、バリチェロ15番手」 5月9日・金曜日(初日フリー走行)
天候:晴れ 気温:13~14度

第5戦トルコGPの初日フリー走行で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは11番手、ルーベンス・バリチェロは15番手だった。

Honda Racing F1 Team 初日の展開:
トルコGP開催直前の日本時間5月6日16時に、SUPER AGURI F1 TEAMのF1活動撤退が正式に発表され、レースは今後10チームでの戦いとなる。

例年真夏に行われるトルコGPだが、今年は5月上旬の開催。朝夕は、10度以下にまで冷え込む。
初日フリー走行も、気温14度、路面温度25度というコンディションで始まった。
このセッション、バトンは5番手。一方、今回のレースで、F1参戦257回という最多記録がかかるバリチェロも8番手と、二人揃ってトップ10内に入った。

午後のフリー走行開始前、雨が降り出した。
ほどなく止んだものの、路面はやや濡れている状態。
各マシンは浅溝のレインタイヤを履き、走行を始めた。
15分過ぎには、ドライタイヤに移行。
バトンが6番手の速さを見せるなど、順調なスタートをアピールした。
その後は2種類のタイヤでのセットアップ作業に専念。
バトン11番手、バリチェロ15番手だった。

Jenson Button (C)Honda Racing
拡大します
■ジェンソン・バトン
1回目フリー走行 5番手 1分28秒919
2回目フリー走行 11番手 1分28秒826

Q.イスタンブール・パークでのRA108のパフォーマンスはどうだったか?
A.午前のセッションのあと、僕らはたくさんの変更を行った。
ここではグリップがとても重要だが、最初のコーナーでは不足していた。
午後になると、セッション開始直後から良くなっていった。
たくさんの異なるセッティングを試した。
これから残りの週末に向け、僕らはどの方向に進むべきか理解できていると確信している。

Q.今日のトラックコンディションは有利だったか?
A.午後、最初にトラックに出たときには少しウエットだったが、その後、良くなった。
ここはトラクションコントロールなしではとてもタフなサーキットで、たくさんのドライバーがミスしているのが見受けられる。
しかし、そのことで観戦はより楽しくなる。
僕も、コース外にいるときには楽しんでいた。ここの路面はよりスムーズで、マシンの動きも良い。
乗り心地を向上させるための変更もいくつか行ったので、僕にとってはバルセロナよりもマシンのフィーリングが良くなっている。

■ルーベンス・バリチェロ
1回目フリー走行 8番手 1分29秒068
2回目フリー走行 15番手 1分29秒024

Q.今日はRA108にどのような進化があったか?
A.マシンのバランスは午前から良く、僕らの進歩に満足だった。
しかし、昼をはさんで行ったメカニカル面での変更で、バランスが変わってしまった。
時間内で元に戻すのは難しいくらい大きな変化だったので、何が変わってしまったのかを理解するため、夜も作業をする必要がある。
午前のフィーリングに戻すことは可能だと思うし、そうなれば、Q3に進出する可能性も十分あるだろう。

Q.グランプリ参戦257回目となる記念すべき週末だが、どう感じているか?
A.マシンに乗っているときにはいつもどおりの週末であることが一番大切なことだ。
ここで僕の家族やチームみんなとお祝いができるのは、とてもすばらしい。
しかし、トラックでは何も変わらない。
1993年に僕がキャリアをスタートさせたとき、この記録を破ることになるなんて思ってもみなかったが、今の僕にとってはすごく意味のある記録だ。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.2回のセッションはスムーズに進んだか?
A.2台ともに問題もなく進んだことが良かった。
午前のはじめにトラックが濡れており、午後の開始時点でも雨が降っていた。
さらに、ウェバーのクラッシュによって赤旗中断があり、計画通りにプログラムを進めることができなかった。
もちろん、それは誰にとっても同じことなので、われわれが対処すればいいだけのことだ。

Q.これからの週末をどう期待しているか?
A.セッションが途切れ途切れになってしまったので、ライバルと比較してどれくらいの速さがあるか計ることはいつも以上に難しい。
しかし、ここにはフロントのホイールカバーを持ち込んでいる。
これを使用することでパフォーマンスは目に見えて向上する。
そのため、まず1台、もしくは2台とも予選トップ10に入って、ポイントを獲得することが現実的な目標だと考えている。

|

« トヨタ トルコGPフリー走行の模様(5/09) | トップページ | トゥルーリ、GPDA未加入ドライバーに苦言 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41153760

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ トルコGPフリー走行の模様(5/09):

» 【RACE】 ホンダ トルコGPフリー走行の模様(5/09) [F1情報サイト Red-5]
「初日はバトン11番手、バリチェロ15番手」 5月9日・金曜日(初日フリー走行) 天候:晴れ 気温:13〜14度 第5戦トルコGPの初日フリー走行で、Honda Racing F1 Teamの ジェンソン・バトンは11番手、ルーベンス・バリチェロは15番手 だった。 FMotorsports F1 Honda Racing F1 Team 初日の展開: トルコGP開催直前の日本時間5月6日16時に、SUPER AGURI F1 TEAMのF1活動撤退が 正式に発表され、... [続きを読む]

受信: 2008/05/11 20:54

« トヨタ トルコGPフリー走行の模様(5/09) | トップページ | トゥルーリ、GPDA未加入ドライバーに苦言 »