« フリー走行2回目、ハミルトンがクラッシュ | トップページ | FIA、予選ルール変更を正式に確認 »

2008/04/05

ハミルトンのクラッシュはフラットスポット?

確実なドライビングに定評のあるマクラーレン・チームのルイス・ハミルトン(23歳:イギリス)がバーレーンGPフリー走行でクラッシュしたことに、関係者は驚きの表情をみせた。
Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
これについて本人は「今日は同じタイヤでずっと走っていたのでタイヤにフラットスポットができていたようだ。
かなり振動もあったからね。
コースアウトしたのはアタックラップでプッシュしていた時で、直接の原因は7コーナーでスライドして縁石に乗ってしまったこと。
マシンのダメージはそれほどじゃないし、僕の身体は問題ないけれど、エンジン&ギヤボックスは載せ替えなければならないかも知れないね」と、説明している。

なお念のため、ハミルトンはメディカルセンターでサーキットドクターによる検査を受けている。

|

« フリー走行2回目、ハミルトンがクラッシュ | トップページ | FIA、予選ルール変更を正式に確認 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40769707

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトンのクラッシュはフラットスポット?:

» ハミルトンはタイヤを掴み損ねているのか? [F1遅報]
同じタイヤでずっと走り続けるのは構わないのだが、フラットスポットが出来ているという認識があるまま走行を続け、自分のミスが原因としても結果としてクラッシュしてしまったのは... [続きを読む]

受信: 2008/04/05 06:02

« フリー走行2回目、ハミルトンがクラッシュ | トップページ | FIA、予選ルール変更を正式に確認 »