« 中嶋一貴、「最悪のレーススタートだった」 | トップページ | GP2の小林可夢偉、前戦に続きバーレーンでも優勝 »

2008/04/07

ブリヂストン バーレーンGP決勝レースニュース

Image (C)Super Aguri F1
拡大します
2008年F1世界選手権 バーレーンGP 決勝

ソフト・ソフト・ミディアムのタイヤ戦略で戦ったフィリペ・マッサ(フェラーリ)が、サヒールで開催されたFIA F1世界選手権第3戦ガルフ・エア・バーレーンGPに優勝した。

マッサと共に表彰台に並んだのは、3.3秒遅れて2位でフィニッシュしたチームメイトのキミ・ライコネン。
ライコネンもマッサと同じタイヤ戦略で、前年度コンストラクターズ・チャンピオンのフェラーリが1-2 フィニッシュを決めた。

ポールポジションからスタートしたロバート・クビサ(BMWザウバー)は3位フィニッシュ、力強い安定したパフォーマンスを見せたチームメイトのニック・ハイドフェルドがそれに続いた。

これで、BMWザウバーはコンストラクターズ・チャンピオンシップをリード。5位はヘイッキ・コヴァライネン(マクラーレン・メルセデス)。
コヴァライネンは、49周目にミディアム・コンパウンドで1分33秒193のレースの最速ラップタイムを記録している。

6位はヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、7位はマーク・ウェバー(レッドブル)。ウイリアムズのニコ・ロズベルグが8位でポイントを獲得した。

バーレーンGPではバラエティーに富んだタイヤ戦略が使われた。
レースを完走したほとんどのドライバーが燃料補給とタイヤ交換で2回のピットストップを行ったが、2種類のコンパウンドを使う順番は各選手のパフォーマンスや好みによって異なった。
1ストップ戦略で戦った中嶋一貴(ウィリアムズ)は、チャレンジングで厳しいこのサーキットでも両方のタイヤが耐久性に優れているところを見せた。

ドライバーズ・チャンピンシップは、19ポイントのライコネンが16ポイントのハイドフェルドをリード。
これまで1位だったハミルトンは、13位フィニッシュでポイント獲得とならず、14ポイントの3位へと滑り落ちた。
クビサとコヴァライネンはハミルトンと同ポイントでそれぞれ4位と5位。
コンストラクターズ・チャンピオンシップは、30ポイントのBMWザウバーが29ポイントのフェラーリと28ポイントのマクラーレン・メルセデスをリードしている。

次のF1グランプリは、4月25日?27日にシルクィート・デ・カタルーニャ で開催されるグラン・プレミオ・デ・エスパーニャ・テレフォニカ。
ブリヂストンのハード及びミディアムのポテンザタイヤが使われる予定だ。

小林徹郎 ブリヂストン・モータースポーツ テクニカル・マネージャー
「ミディアムとソフトの両方のコンパウンドが非常に良いパフォーマンスを発揮し、ブリヂストンにとっては非常に満足のいくレースでした。
これで、昨年のハードとミディアムから、コンパウンドの選択を変更したのが正解だったことが確認できました。
今日はどちらのタイヤも耐熱性、摩耗耐久性、安定性に優れていましたので、戦略は選手の好み次第でした。
今回のレースは数多くのアクシデントが発生し、コースの破片でタイヤにダメージを負ったケースもありましたが、パフォーマンスの面ではタイヤには何も心配すべき点はありませんでした。
土曜日と同じく今日も風が強かったですが、クルマの安定性は高かったと思います。
興味深かったのは、コースが一番きれいで一番ゴムが乗っているレース後半に、ミディアム・コンパウンドで最速ラップタイムが記録された点です。
今回のレースでは力強い戦いができたと思っています。
3週間後のスペインGPの挑戦が楽しみです」

提供:ブリヂストン・モータースポーツ

|

« 中嶋一貴、「最悪のレーススタートだった」 | トップページ | GP2の小林可夢偉、前戦に続きバーレーンでも優勝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40800450

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン バーレーンGP決勝レースニュース:

» F1 バーレーンGP(2008 R3) [UKYOのつぶやき]
F1第3戦バーレーンGPリザルト! [続きを読む]

受信: 2008/04/07 19:14

» バーレーンを終えてみると [Keep Your Distance!]
F1バーレーンGPが終了しました。 クビサのPPで始まったレースですが、スタートでマッサに抜かれてそのまま マッサの一人舞台で終わりましたね。 どこかでスピンするんじゃないかとマッサを見守っていましたが 今日のところは危なげなかったみたいです。 ところで地上波を観られた方! ね?やっぱりだったでしょ?昨日のエントリーの通りじゃないですか? スターティンググリッドの紹介観ました? やっぱりニックは飛ばされていましたね(焦) PP、クビサ→2位マッサ→3位ハミルトン→4位ライコネン はい、ここで... [続きを読む]

受信: 2008/04/07 22:36

» 2008 F-1 第3戦バーレーンGP [Ribbonの弟子「雑記集」]
1 F.マッサ BRA Ferrari 1:31:06.970 2 K.ライコネン FIN Ferrari +3.3 3 R.クビサ POL BMW +4.9 4 N.ハイドフェルドGER BMW +8.4 5 H.コバライネン FIN McLaren +26.7 6 J.トゥルーリ ITA Toyota +41.3 7 M.ウェバー AUS Red Bull +45.4 8 N...... [続きを読む]

受信: 2008/04/08 01:41

» 【RACE】 ブリヂストン バーレーンGP決勝レースニュース [F1情報サイト Red-5]
2008年F1世界選手権 バーレーンGP 決勝 ソフト・ソフト・ミディアムのタイヤ戦略で戦ったフィリペ・マッサ (フェラーリ)が、サヒールで開催されたFIA F1世界選手権 第3戦ガルフ・エア・バーレーンGPに優勝した。 FMotorsports F1 マッサと共に表彰台に並んだのは、3.3秒遅れて2位でフィニッシュした チームメイトのキミ・ライコネン。 ライコネンもマッサと同じタイヤ戦略で、前年度コンストラクターズ・ チャンピオンのフェラーリが1−2 フィニッシュを決... [続きを読む]

受信: 2008/04/14 11:08

« 中嶋一貴、「最悪のレーススタートだった」 | トップページ | GP2の小林可夢偉、前戦に続きバーレーンでも優勝 »