« 「KERS」導入に向け、ウィリアムズ動く | トップページ | デニス代表、「スペインのファンに満足」 »

2008/04/30

F・インディア、「元々ラルフ採用の意志なかった」

今シーズン『フォース・インディア』チームを率いてF1の舞台に躍り出たヴィジャイ・マルヤ(インド)氏は、オフテストに起用したラルフ・シューマッハ(32歳:ドイツ)について「元々ドライバーとして採用する意志はなかった」と、独『オートモーター・ウント・スポルト』誌で明かしている。
Ralf Schumacher (C)Force India F1
拡大します
「ラルフと私とは以前からの良い友人という関係なんだ。
そして、あのテストは彼の(当時の)スポンサーを通じて実現したもの。
私は彼の経験を通じての『意見』を聞きたいと思ったから、乗ってもらったんだ。
当時われわれがレースドライバーの候補として考えていたのはフィジケーラの他にはリウッツィ、クリエン、それにモンタニーなどで、ラルフは最初から頭になかったよ」

そのラルフは、今季DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に転身、AMGメルセデスC-Klasseをドライブしている。

|

« 「KERS」導入に向け、ウィリアムズ動く | トップページ | デニス代表、「スペインのファンに満足」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41040336

この記事へのトラックバック一覧です: F・インディア、「元々ラルフ採用の意志なかった」:

« 「KERS」導入に向け、ウィリアムズ動く | トップページ | デニス代表、「スペインのファンに満足」 »