« ジョン・ワトソン氏、アロンソの言動非難 | トップページ | シューマッハ、ドバイに「名前貸し」で8億円!! »

2008/03/01

ウィリアムズ、ハミルトンとの契約機会逸していた

2007年シーズン、最も光り輝いたルーキードライバーといえば間違いなくルイス・ハミルトン(23歳:イギリス)ということになるだろう。
そのハミルトンと、実は2004年に契約の機会があったことをウィリアムズ・チームの共同オーナーでもあるパトリック・ヘッド/エンジニアリング・ディレクターが英誌に明かして注目されている。
N.Mansell & P.Head (C)Williams F1
拡大します
それによれば、当時F3ユーロシリーズを戦っていて上位シリーズへのステップアップを望んでいたハミルトンが、父親のアンソニー氏と共にウィリアムズ・チームのファクトリーを訪れ、チーム首脳と会談・要望をしたとのこと。
ヘッド氏は当時ウィリアムズ・チームとパートナーを組んでいたBMWのマリオ・タイセン/ディレクターにも話をしたものの、ハミルトンに対する支援で合意に至らず話は結局それで終了したという。

一方、ジュニア時代からハミルトンに目を掛けていたロン・デニス氏がその後も援助を続け(F3)、2007年マクラーレン・チームのレースドライバーとして大抜擢を行ったばかりか、さらに5年に渡る長期契約を結んだことは衆知の事実だ。

ただヘッド氏は、当時の結論にいまも後悔はしていないと付け加えている。

|

« ジョン・ワトソン氏、アロンソの言動非難 | トップページ | シューマッハ、ドバイに「名前貸し」で8億円!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40320663

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ、ハミルトンとの契約機会逸していた:

» 【NEWS】 ウィリアムズ、ハミルトンとの契約機会逸していた [F1情報サイト Red-5]
2007年シーズン、最も光り輝いたルーキードライバーといえば 間違いなくルイス・ハミルトン(23歳:イギリス)ということに なるだろう。 そのハミルトンと、実は2004年に契約の機会があったことを ウィリアムズ・チームの共同オーナーでもあるパトリック・ヘッド/ エンジニアリング・ディレクターが英誌に明かして注目されている。 FMotorsports F1 それによれば、当時F3ユーロシリーズを戦っていて上位シリーズへのステップアップを 望んでいたハミルトンが、父親のアンソニー... [続きを読む]

受信: 2008/03/11 10:49

« ジョン・ワトソン氏、アロンソの言動非難 | トップページ | シューマッハ、ドバイに「名前貸し」で8億円!! »