« ブリヂストン、前半9戦のタイヤ仕様を発表 | トップページ | 鈴鹿サーキット、施設改修計画を明らかに »

2008/03/01

エクレストン氏、マニクールに『最終通告』

1991年からフランスGPの開催地として定着しているマニクール・サーキットだが、かねて批判を続けてきたバーニー・エクレストン氏が、いよいよ同サーキットに『最終通告』を突きつけた。
2006 FranceGP (C)Renault F1 UK
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の代表者としてF1開催に絶大な権限を持つ同氏は、「(噂の)パリでの開催が実現するかどうかに関わりなく、われわれがマニクールに戻ることはないということだ。
われわれはフランスGPの開催場所を必要としているのだし、フランス政府もこれを理解しているのだから、何かいい合意がまとまることを願っているよ。
さもなくば、フランスでのグランプリレースがなくなるだけ。
それでもわれわれは別に構わない」と、ドイツの通信社『SID』に語っている。

今も交通が不便なマニクールは、当時のFIA会長だったジャンマリー・バレストル氏が親友ギ・リジエ氏のファクトリーがあった当地に無理矢理移動させたと理解されている。
(それまでのフランスGPはポールリカール:現在エクレストン氏所有。なおバレストル氏とエクレストン氏は不仲と定評)

|

« ブリヂストン、前半9戦のタイヤ仕様を発表 | トップページ | 鈴鹿サーキット、施設改修計画を明らかに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40324249

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、マニクールに『最終通告』:

» パリGP開催? [F1 2008]
この前シルバーストーンにも最終通告を出した バーニーだが マニクールにも最終通告を出したようだ 「(噂の)パリでの開催が [続きを読む]

受信: 2008/03/02 22:45

« ブリヂストン、前半9戦のタイヤ仕様を発表 | トップページ | 鈴鹿サーキット、施設改修計画を明らかに »