« ジャンマリー・バレストル前FIA会長、86歳で死去 | トップページ | フォース・インディア、「道路封鎖、影響なし」 »

2008/03/30

「米GP復活には新スポンサー必至」と、IMS代表

FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏との交渉決裂から、2008年のF1カレンダーから消滅してしまったインディアナポリスでのアメリカGPだが、その復活には新しいスポンサーが欠かせない、との見通しを示している。
2007 USA-GP Scene (C)Redbull Racing
拡大します
これはIMS(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)のトニー・ジョージ代表が地元ラジオ局の取材に答えたもので、「グランプリ開催への問題はただ金銭的なものだけど。
したがって、何か新しいスポンサーがつきさえすれば、開催の目途は一挙に解決することになるよ」と、語っている。

現在ほとんどのF1グランプリにはビッグなタイトル・スポンサーがついているが、「誇り高い」インディアナポリスはこれに頼らず、自身の手ですべて行っていた。

|

« ジャンマリー・バレストル前FIA会長、86歳で死去 | トップページ | フォース・インディア、「道路封鎖、影響なし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40685811

この記事へのトラックバック一覧です: 「米GP復活には新スポンサー必至」と、IMS代表:

« ジャンマリー・バレストル前FIA会長、86歳で死去 | トップページ | フォース・インディア、「道路封鎖、影響なし」 »