« トヨタ オーストラリアGPフリー走行1日目の模様 | トップページ | 中嶋一貴、ギヤボックストラブルに泣く »

2008/03/15

デ・ラ・ロサ、新GPDA会長に

F1ドライバーの団体であるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)は14日オーストラリアGPの会場アルバートパークで開いた会合で、空席となっていた会長に現マクラーレン・チームのペドロ・デ・ラ・ロサ(36歳:スペイン)を満場一致で選出した。
Pedro de la Rosa (C)McLaren Group
拡大します
前トヨタ・チームのラルフ・シューマッハが引退したあと、会長のポジションは空席となっていたもの。

現在の理事であるマーク・ウェバーやフェルナンド・アロンソらの昇格も噂されたが、ウェバーらはその経験や人格からデ・ラ・ロサを強く推していた。
ただレースドライバーではなく、テストドライバーが会長に選出されるというのはきわめて異例なこと。(おそらく前例はなし)

GPDAは重要な仕事の一つはドライバーの立場からF1レースの安全面に提言を行うことだが、しかしF1ドライバーが全員加入している訳ではなく、現在もフェラーリのライコネンやマクラーレンのハミルトンなどトップドライバーの中にも加入していない者は複数みられる。

|

« トヨタ オーストラリアGPフリー走行1日目の模様 | トップページ | 中嶋一貴、ギヤボックストラブルに泣く »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デ・ラ・ロサ、新GPDA会長に:

» GPDAに加入しないメリット [F1遅報]
アロンソ、「GPDAに加わらないのは他人の勝手」 F.アロンソ:僕はレース・ドライブというものが危険な状況にさらされると思うから、自分の判断でGPDAに加わることを決めたんだ。でも人... [続きを読む]

受信: 2008/03/21 17:42

« トヨタ オーストラリアGPフリー走行1日目の模様 | トップページ | 中嶋一貴、ギヤボックストラブルに泣く »