« BS、エクストリーム・ウェザータイヤにも白線 | トップページ | トヨタ渡辺社長、「初優勝の感動味わってもらいたい」 »

2008/03/08

アメリカGP、2009年復活に向け動き

2007年シーズンを限りに開催が途絶えることになったアメリカGPだが、2009年の復活に向け再び水面下で動き出したようだ。

これは米『スピードTV』が報じたもので、開催地で主催者でもあるIMS(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)がイベントのタイトル・スポンサー獲得のため地元のマーケティング調査会社である『ジャスト・マーケティング』と契約したというもの。
2003 USA GP Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
同スピードウェイのスタート/フィニッシュラインには今でも一部煉瓦が敷かれているが、この煉瓦を敷き詰めたオーバルコースが完成したのは1909年のこと。
来年2008年は同スピードウェイにとって開設100周年の節目に当たることから、関係者の意気込みもとりわけ強いようだ。

|

« BS、エクストリーム・ウェザータイヤにも白線 | トップページ | トヨタ渡辺社長、「初優勝の感動味わってもらいたい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40420177

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカGP、2009年復活に向け動き:

» [F1]アメリカGP 2009年に復活? [試行錯誤のすぱいらる]
2007年に開催が途絶えたアメリカGPですが、復活に向けて動き始めたそうです。 私がF1を見始めたころは、デトロイトやフェニックスの市街地コースで開催されていました。 [続きを読む]

受信: 2008/03/08 12:28

« BS、エクストリーム・ウェザータイヤにも白線 | トップページ | トヨタ渡辺社長、「初優勝の感動味わってもらいたい」 »