« 策士・エディ・ジョーダン氏、いまだ意気軒昂 | トップページ | マッサのスピン、「マシンに技術的原因はなし」 »

2008/03/27

シューマッハ、60億円の罰金使途思案

FIAは、先の『スパイ疑惑事件』でマクラーレン・チームに科した6千万ドル(約60億円)の巨額罰金について、その使途を決めるためのマネージメント委員会を発足させることを決めた。
Michael Santa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
委員会のメンバーにはフェラーリのジャン・トッド氏やメルセデスのノルベルト・ハウグ氏らの他に、元7回の世界チャンピオンに輝くミハエル・シューマッハ氏らの名前が挙げられているという。

FIAは一応この罰金を『モータースポーツ安全啓発基金』とし、モータースポーツの安全面に役立てることを計画しているが、その具体的な使い道には元チャンピオンらの英知が集約されることになる。

|

« 策士・エディ・ジョーダン氏、いまだ意気軒昂 | トップページ | マッサのスピン、「マシンに技術的原因はなし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40649957

この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハ、60億円の罰金使途思案:

» ☆すももF1 3/27★「トヨタは4番手勢力」とトゥルーリ [すももMAX!!〜車好き娘のブログ〜]
【トヨタ】トゥルーリ バーレーンでのトップ6入りを目指すトゥルーリ、“トヨタは4番手勢力”と分析トゥルーリはマレーシアで何かを掴んだ模様。【フェラーリ】バーレーンテストを行ったフェラーリは有利?K.ライッコネン「僕らには勝利できるだけのマシンがある」マッ...... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 13:58

« 策士・エディ・ジョーダン氏、いまだ意気軒昂 | トップページ | マッサのスピン、「マシンに技術的原因はなし」 »