« 好調続くウィリアムズ、中嶋一貴&ロズベルグ4-6番手 | トップページ | トヨタ バルセロナテスト1日目の模様(2/25) »

2008/02/26

フォース・インディア、新型車『VJM01』をテスト

シーズン前最後となった今回のバルセロナ合同テストで、『フォース・インディア』チームは2008年シーズンを戦う新型車『VJM01』のテストを初めて行った。
マシンを開発した技術部門の責任者であるマイク・ガスコイン氏によれば、今回新しいエアロダイナミックスを投入したものの、開幕戦ではさらに進化したものを使うとのこと。
Force India『VJM01』(C)Force India F1
拡大します
ステアリングを握ったのはレースドライバーのエイドリアン・スーティル(25歳:ドイツ)と、テストドライバーのビタントニオ・リウッツィ(26歳:イタリア)の二人。
マシンを降りたスーティルは「マシンには特に問題もなかったし、バランスも悪くなかった。
タイヤに熱が入った時、ちょっとアンダーステアが出たけれど、それも解消されつつある」と、語った。
また予定外のエンジン交換を強いられたというリウッツィは「トラブルのせいで走る時間が少なくなってしまったけれど、ドライになってからのバランスは悪くなかった。
もっとマシンを理解する必要はあるけれど、これからまだまだ良くなるよ」と、説明した。

『VJM01』のテストは明日も続けられる予定。

|

« 好調続くウィリアムズ、中嶋一貴&ロズベルグ4-6番手 | トップページ | トヨタ バルセロナテスト1日目の模様(2/25) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40276028

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディア、新型車『VJM01』をテスト:

» フォース・インディアは着実と [モータースポーツ徒然]
フォース・インディア、新型車『VJM01』をテスト  新車とは言っても昨年型の焼き直し。それでも、ガスコインの手によって本格的にてこ入れを行ったマシンでもあり...... [続きを読む]

受信: 2008/02/26 15:12

« 好調続くウィリアムズ、中嶋一貴&ロズベルグ4-6番手 | トップページ | トヨタ バルセロナテスト1日目の模様(2/25) »