« F・インディア、カスタマーシャシー問題継続 | トップページ | モズレーFIA会長、「F1改革実現まで辞められない」 »

2008/02/17

デ・ラ・ロサ、「スペインの観客、問題ない」

先のバルセロナ合同テストで、黒人系ドライバーであるルイス・ハミルトン(23歳:イギリス)に対して浴びせられたいわゆる人種差別発言はその後スペインのモータースポーツ界全体を揺るがす大きな問題に発展したが、スペイン出身であるペドロ・デ・ラ・ロサ(36歳:マクラーレン)はこれについて次のように地元ラジオ局に語っている。
Pedro de la Rosa (C)McLaren Group
拡大します
「今回のヘレスでの様子を見たかい。
すべての観客は紳士的で、もちろんアロンソに対してもハミルトンに対しても何の問題は起きなかっただろう。
そもそもトラブルを起こしたのはごく一部の不心得者であって、スペイン人全体のことじゃなかったんだ。
それは今日のこのヘレスでの応援をみれば誰にも理解してもらえることだろう」

同じスペイン人F1ドライバーでも、アロンソがアストゥリア州オビエドの出身であるのに対し、上記デ・ラ・ロサやマルク・ジェネらは誇り高きバルセロナ出身ということになる。

|

« F・インディア、カスタマーシャシー問題継続 | トップページ | モズレーFIA会長、「F1改革実現まで辞められない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40152745

この記事へのトラックバック一覧です: デ・ラ・ロサ、「スペインの観客、問題ない」:

« F・インディア、カスタマーシャシー問題継続 | トップページ | モズレーFIA会長、「F1改革実現まで辞められない」 »