« 中嶋一貴(ウィリアムズ)にバルセロナの太陽ほほ笑む | トップページ | アロンソ復帰のルノー、依然苦闘続く »

2008/02/23

スパイカー、スポーツカーの本業に戻る

『スパイカーF1』チームをフォース・インディアに売却したスパイカーが、やっと本業のスポーツカー・メーカーの仕事へ戻ることになったようだ。

これはスパイカー・カーズのビクター・ミュラーCEOが『オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ』のインタビューで語ったもの。
Spyker F1 Garage (C)Spyker F1
拡大します
「いくつかのスポンサーが約束した資金の支払いを行わなかったため、われわれはひと月で2百万ユーロ(約3億2千万円)ものお金を失ったためわれわれは本業そのものが窮地に追い込まれたが、チーム売却後、新たなベンチャーを立ち上げてやっと生産再開にこぎ着けた。
いまディーラーなどスパイカーの関係先を廻っているところだが、生産が軌道に乗るまで2か月ほどは掛かるとみている」

スパイカーは旧ジョーダン・チームからの購入価格より2千万ドル(約21億円)ほど高くフォース・インディアに売却したと伝えられるが、それでもF1チーム運営のコストには見合わなかったようだ。

|

« 中嶋一貴(ウィリアムズ)にバルセロナの太陽ほほ笑む | トップページ | アロンソ復帰のルノー、依然苦闘続く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40226920

この記事へのトラックバック一覧です: スパイカー、スポーツカーの本業に戻る:

« 中嶋一貴(ウィリアムズ)にバルセロナの太陽ほほ笑む | トップページ | アロンソ復帰のルノー、依然苦闘続く »