« バーレーンGP主催者、「ナイトレースは検討しただけ」 | トップページ | 俊足ライコネン、しかし「フェラーリまだ改善必須」 »

2008/02/13

ポルトガルに新設サーキット

1996年のエストリル以来、F1グランプリ開催のないポルトガルだが、南部アルガルブに建設中の新設サーキットが今年10月に完成する予定であることがわかった。
1995 Potuguese GP (C)Williams F1
拡大します
これは同サーキットのパウロ・ピンヘイロ支配人が英『ロイター』に語ったもので、新サーキットはF1マシンのテストができるグレード『1T』のライセンスをFIA(国際自動車連盟)から受け、今シーズン末のオフにもテストを行なう予定であるということだ。

すでに来年1月には一部のチームからテストの予約を受けているというが、そのチーム名はまだ明らかにされなかった。

ポルトガルのローレンティノ・ディアス/スポーツ大臣代理は「この最新設備のサーキットにより、ぜひともポルトガルのスポーツ大臣代理復活させたい」と、意気込んでいる。

|

« バーレーンGP主催者、「ナイトレースは検討しただけ」 | トップページ | 俊足ライコネン、しかし「フェラーリまだ改善必須」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルに新設サーキット:

» ポルトガルでも新設サーキット [F1 2008]
ポルトガルに10月に完成するサーキットがあり 場所は、南部アルガルブで グレード1に指定を受けたとのこと シーズン終了後 [続きを読む]

受信: 2008/02/16 02:19

« バーレーンGP主催者、「ナイトレースは検討しただけ」 | トップページ | 俊足ライコネン、しかし「フェラーリまだ改善必須」 »