« ヘレス合同テスト3日目ウェバーが最速(2/13) | トップページ | 佐藤琢磨(スーパー・アグリ)は事態に動ぜず »

2008/02/14

FIA、スペインGPで『人種差別撤廃運動』展開

13日(水)、FIA(国際自動車連盟)のスポークスマンは、先のバルセロナ合同テストで問題が浮上したルイス・ハミルトン(マクラーレン)を巡る人種差別発言問題を憂慮、今年のスペインGPでは徹底した『人種差別撤廃運動』を展開する方針であることを明らかにした。

それによれば運動は『Racing Against Racism』(人種差別に立ち向かうレーシング)と名付けられ、F1のみならずすべてのモータースポーツ関係者の参加を呼び掛けているという。
2007 Spain GP (C)Honda Racing
拡大します
FIAのマックス・モズレー会長は以前からIOC(国際オリンピック委員会)への加盟を希望していることが伝えられているが、今回の問題はこれに強烈な冷や水を掛ける形となっていて、そのダメージ払拭に懸命のようだ。

場合によってはヨーロッパGP(バレンシア)も含め、スペインでのF1グランプリ開催権の剥奪という超・強権発動の姿勢もみせている。

|

« ヘレス合同テスト3日目ウェバーが最速(2/13) | トップページ | 佐藤琢磨(スーパー・アグリ)は事態に動ぜず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40117504

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、スペインGPで『人種差別撤廃運動』展開:

» 火に油を注ぐ事態にならなければよいですが [モータースポーツ徒然]
FIA、スペインGPで『人種差別撤廃運動』展開  以前にも書いたとおりで、この問題は一旦アロンソが声明を出せば沈静化すると思います。事をそこまで大きくする必要...... [続きを読む]

受信: 2008/02/14 07:02

» 火に油を注ぐ事態にならなければよいですが [モータースポーツ徒然]
FIA、スペインGPで『人種差別撤廃運動』展開  以前にも書いたとおりで、この問題は一旦アロンソが声明を出せば沈静化すると思います。事をそこまで大きくする必要...... [続きを読む]

受信: 2008/02/14 07:13

« ヘレス合同テスト3日目ウェバーが最速(2/13) | トップページ | 佐藤琢磨(スーパー・アグリ)は事態に動ぜず »