« スーパー・アグリ ピンチ、再びテストキャンセル | トップページ | ミハエル・シューマッハ、2輪レースに参戦!? »

2008/02/19

エクレストン氏の発言にFIAらが反発

FIA(国際自動車連盟)は、『人種差別発言問題』について「心配する問題ではない」とFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏が発言したことについて、反発する姿勢をみせている。
2007 Spain GP (C)Honda Racing
拡大します
FIAのスポークスマンは「エクレストン氏の見解には誤りがある。
モータースポーツにおいても人種差別は大変大きな問題であって、われわれは決してこれを看過することはできない。
今後われわれは全力を挙げて必要な行動を採ることだろう」と、語った。

また『人種差別撤廃運動』の主唱者も「エクレストン氏は無理解で、その発言は人類にとって重要な運動に水を差すもの」と、一斉に抗議する構えをみせている。

|

« スーパー・アグリ ピンチ、再びテストキャンセル | トップページ | ミハエル・シューマッハ、2輪レースに参戦!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40176991

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏の発言にFIAらが反発:

« スーパー・アグリ ピンチ、再びテストキャンセル | トップページ | ミハエル・シューマッハ、2輪レースに参戦!? »