« F.ファウジー、GP2初勝利で意気上がる | トップページ | スーパー・アグリ ピンチ、再びテストキャンセル »

2008/02/18

ドイツで新型F1カーが誕生

ドイツで新型のF1カーが製作されたことがわかった。
これはイギリスの『マンデー・メトロ』紙が報じたもので、それによればこのマシンはなんと全部で100万もの『部品』によって構成されているとのことだ。

実はこれはマッチ棒で作られた実物大の木製F1カーで、ドイツのモータースポーツ・マニアであるミハエル・アーントさんが一人で造り上げたもの。
アーントさんによれば製作には全部で95万6千本ものマッチ棒と1,686本の接着剤を使用し、材料代は総額4,500ポンド(約95万円)も掛かったが、「本物のF1カーよりはかなり安い」とのこと。
なお、現状マシンのカラーは茶色の一色のみとなる。
 Match F1 Car

|

« F.ファウジー、GP2初勝利で意気上がる | トップページ | スーパー・アグリ ピンチ、再びテストキャンセル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40167315

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツで新型F1カーが誕生:

» マッチ棒で出来たF1マシンはホンダの地球環境号とどっちがエコなのか [:: 246 log ::]
F1も地球環境に配慮しなければならない時代となり、先陣を切った我らがHONDA ... [続きを読む]

受信: 2008/02/18 11:42

« F.ファウジー、GP2初勝利で意気上がる | トップページ | スーパー・アグリ ピンチ、再びテストキャンセル »