« ハウグ/メルセデス首脳、ハミルトンを支持 | トップページ | ルノー『R28』、メノルカ島で空力テスト »

2008/02/07

トヨタ バーレーンテスト3日目の模様(2/06)

F1バーレーン合同テスト3日目 前半の日程を終了
2日間のインターバルを経て土曜日から3日間、後半のテストを再開

パナソニック・トヨタ・レーシングは、6日間に渡るF1バーレーン合同テスト参加の前半3日間を終えた。
3日目はヤルノ・トゥルーリと小林可夢偉がテストを担当し、セットアップと開発に関わる作業を継続した。
2人のドライバーは異なる機械的なセットアップオプションを試し、チームが“TF108”を更に深く学ぶために必要な重要な情報を収集した。
また、小林可夢偉は何度かのピットストップ練習をこなした。
3日目も暖かく、好天に恵まれ、両ドライバー共に信頼性の問題に見舞われることなく、予定されていた全ての作業を完了した。
チームはヤルノ・トゥルーリとティモ・グロックと共に、今週土曜日から3日間に渡るテスト後半を再開する。

Bahrain Circuit (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ:TF108/03
ベストラップ:1分32秒145 順位:3位 周回数:97周
「今日は技術的な問題に見舞われることもなく、天候もとても良くなったので、われわれにとって良い一日であった。われわれにはテストすべき多くの項目があり、異なるメカニカルなセットアップについて情報を得なくてはならなかったので、多くの周回を走破できたのは重要なことだ。全てが順調に進み、前進することができたが、さらに努力を重ねて改良を続けて行かなくてはならない」

小林可夢偉:TF108/02
ベストラップ:1分32秒265 順位:4位 周回数:53周
「順調な一日で、予定されていた全ての作業をこなすことができた。
天候も私が走行した月曜日から比べると良くなっており、路面コンディションも向上、特に今日は風が弱くなっていた。
今日は私にとって今回のバーレーンテストでの最後の走行となり、次は今月末に予定されているバルセロナ合同テストとなるが、ティモ・グロックとヤルノ・トゥルーリがバーレーンでの残りのテストで改良を続けられることを願っている」

パスカル・バセロン:シャシー部門シニア・ゼネラル・マネージャー
「今日は主にレースのコンディションに合わせたメカニカルなセットアップに焦点を合わせた作業となったが、結果は満足できるものであった。
いくつかのオプションについて調査することを目的に、多くのデータを収集できた。
非常に有意義な3日間となった。
非常に高い気温での走行は果たせなかったものの、天候には恵まれ、3日間を通しフルにテストをこなすことができた。
唯一些細な難点を挙げるとすれば、風がやや強い傾向にあったことだが、それも今日は弱まっており、全体的に見て良いテストができた」

|

« ハウグ/メルセデス首脳、ハミルトンを支持 | トップページ | ルノー『R28』、メノルカ島で空力テスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/40030904

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ バーレーンテスト3日目の模様(2/06):

» F1は格差社会 [まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~]
フェラーリ&ライコネン好調ですねぇ~ FMotorsportsより バーレーンテストは最終日もライコネン!(2/06) 6日(水)前半の最終日を迎えたバーレーン合同テストは、この日フェラーリのキミ・ライコネンが前日のタイムをさらに短縮、これで3日間すべてで最速タイムを記録ということになった。 前日のテストでもライコネンは昨年マッサが叩き出した予選PPタイムよりも速いタイムでしたが、最終日はさらに更新させてようです。 僚友マッサも昨年自身が出したタイムよりも0.066秒速いタイムを出... [続きを読む]

受信: 2008/02/07 13:30

» バーレーン前半テスト最終日 [F1 2008]
バーレーンで予定されているテストの前半最終日が終了 1 K.ライコネン FIN Ferrari 1'30.455 74 [続きを読む]

受信: 2008/02/09 21:12

» 【TEST】 トヨタ バーレーンテスト3日目の模様(2/06) [F1情報サイト Red-5]
F1バーレーン合同テスト3日目 前半の日程を終了 2日間のインターバルを経て土曜日から3日間、後半のテストを再開 FMotorsports F1 パナソニック・トヨタ・レーシングは、6日間に渡るF1バーレーン合同テスト 参加の前半3日間を終えた。 3日目はヤルノ・トゥルーリと小林可夢偉がテストを担当し、セットアップと 開発に関わる作業を継続した。 2人のドライバーは異なる機械的なセットアップオプションを試し、チームが “TF108”を更に深く学ぶために必要な重要な情報を収集し... [続きを読む]

受信: 2008/02/10 18:03

« ハウグ/メルセデス首脳、ハミルトンを支持 | トップページ | ルノー『R28』、メノルカ島で空力テスト »