« ハミルトン23歳の誕生日に『MP4-23』発表 | トップページ | スーパー・アグリの新型車は2月にお目見えへ »

2008/01/08

ラルフ夫妻、ニューヨークのホリデーでもご難

事実上のF1引退を表明してフリーの立場となった前トヨタのラルフ・シューマッハ(32歳:ドイツ)は、コラ夫人、6歳になる息子のデビッド君ら家族とともに新年をニューヨークで過ごしていたが、ここで痛いホリデーに見舞われたことがわかった。
Ralf & Cora Schumacher (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ドイツの『ビルト・サンタグ』紙が伝えるところによれば、ラレフ家族が宿泊した五つ星ホテルの『グラマシー・パーク・ホテル』で、火災事故が発生、着の身着のままで非難を余儀なくされたという。

コラ夫人は「私たちは9階に宿泊していたのですが、午前5時に地下室から火が出たということで非難させられました。
いたる所に煙が充満していて、人々はパジャマのままで避難。
9月11日の世界同時多発テロを思い出してほんとうに怖かった。
これまでこれほど怖い思いをしたことはなかったわ」と、語ったということだ。

|

« ハミルトン23歳の誕生日に『MP4-23』発表 | トップページ | スーパー・アグリの新型車は2月にお目見えへ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラルフ夫妻、ニューヨークのホリデーでもご難:

« ハミルトン23歳の誕生日に『MP4-23』発表 | トップページ | スーパー・アグリの新型車は2月にお目見えへ »