« 2008年、最初のエンジン交換はノーペナルティか | トップページ | スーパー・アグリのテストはわずか10周のみ »

2008/01/18

ラルフ、メルセデスのDTMマシンに好感触

今週ポルトガルのエストリル・サーキットで初めてメルセデスのDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)マシンをテストした前トヨタ・チームのラルフ・シューマッハ(32歳:ドイツ)は、その感触に良い手応えを感じたようだ。

R.Schumacher/DTM Mercedes (C)DTM Media
拡大します

「頭の上に屋根があるマシンなんて、とても新鮮な驚きだったね。
DTMマシンは思ったよりずっと高機能で、ドライブが楽しかったよ」と、独『ビルド』紙に第一印象を語ったラルフ。
カートからフォーミュラ・フォード、さらにF3からF1へと駆け上ったラルフには、ツーリングカーの経験はほとんどない筈だ。

今回のテストの機会を与えたメルセデス・モータースポーツのノルベルト・ハウグ代表は、ラルフの2008年DTM参戦に手応えを感じ取っているようだが、ラルフ本人は何もコメントしていない。

|

« 2008年、最初のエンジン交換はノーペナルティか | トップページ | スーパー・アグリのテストはわずか10周のみ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17734847

この記事へのトラックバック一覧です: ラルフ、メルセデスのDTMマシンに好感触:

» 免許更新に三千万円必要な人 [:: 246 log ::]
F1のスーパーライセンスの更新料金が大幅値上げだそうです。 FMotorspor... [続きを読む]

受信: 2008/01/19 21:34

« 2008年、最初のエンジン交換はノーペナルティか | トップページ | スーパー・アグリのテストはわずか10周のみ »