« 英国史上、最高額報酬ドライバーだ、ハミルトン | トップページ | モズレー会長、「今年のマクラーレンはうまくやる」 »

2008/01/21

バトン、「2007年の敗因はエアロにあった」

2007年シーズン、苦戦を強いられたホンダ・チームのジェンソン・バトン(27歳:イギリス)は、その主要な原因はエアロダイナミックスの失敗にあったと指摘している。
Jenson Button/Tokyo (C)Honda Racing
拡大します
「去年のわれわれのマシンにおける主要な問題点はエアロダイナミックスにあったと言えるだろう。
とにかくそれは、ドライブしていて予想もつかないような動きをするんだ。
それは時々、コーナーでちっともダウンフォースを発揮しないということもあった。
チームは全力でこれを解決すべく働いたけれども、残念ながら最後までこれを完全に取り除くことはできなかったんだ。
しかしながら、いま2008年シーズンに向け、ホンダはこの問題点を見極め、昨年とは異なる方向に向かって進み出している。
きっと今年のマシンはまたその能力を発揮するものと確信しているよ」

2007年のバトンはランキング15位に留まり、これはここ6シーズンで最悪のものとなった。

|

« 英国史上、最高額報酬ドライバーだ、ハミルトン | トップページ | モズレー会長、「今年のマクラーレンはうまくやる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17771265

この記事へのトラックバック一覧です: バトン、「2007年の敗因はエアロにあった」:

» 【F1 大混戦】衝撃を与えたトヨタ新型の速さは本物か [音羽記者クラブ]
 そのトップタイムは、1月14日から16日までスペインのヘレス・サーキットで行われた今年最初のF1合同テスト最終日に記録された。 1位  T・グロック(トヨタ)  01:19.799 2位  L・ハミルトン(マクラーレン)  01:20.099 3位  F・アロンソ(ルノー)  01... [続きを読む]

受信: 2008/01/21 08:58

» 今年もバトンにはまりそう。いつもながらひろいもの・・・ [ぜんだまきん,バトン、「2007年の敗因はエアロに]
職業バトン Q1:もしも医者だったら?  絶対無理、お給料は良いだろうけど、大変そう(尊敬します)。でもその人の人生を背負うこともあるのでやりがいはあると思います。でも退院したり、通院に来なくなれば患者とそれっきりって感じで寂しいかも・・・(でもでもでスイマセン^^;)。お医者さんとその後もコミュニケーションがとれるWebサービスとかあったらいいかも ... [続きを読む]

受信: 2008/01/21 10:33

» ホンダF1は気流の流れを地球環境で改善できるのか [:: 246 log ::]
バトンが2007年のホンダマシンを振り返ると、エアロに尽きるそうです。 FMot... [続きを読む]

受信: 2008/01/21 16:55

» 【NEWS】 バトン、「2007年の敗因はエアロにあった」 [F1情報サイト Red-5]
2007年シーズン、苦戦を強いられたホンダ・チームのジェンソン・バトン (27歳:イギリス)は、その主要な原因はエアロダイナミックスの失敗に あったと指摘している。 FMotorsports F1 「去年のわれわれのマシンにおける主要な問題点はエアロダイナミックスに あったと言えるだろう。 とにかくそれは、ドライブしていて予想もつかないような動きをするんだ。 それは時々、コーナーでちっともダウンフォースを発揮しないという こともあった。 チームは全力でこれを解決すべく働いた... [続きを読む]

受信: 2008/01/23 21:30

« 英国史上、最高額報酬ドライバーだ、ハミルトン | トップページ | モズレー会長、「今年のマクラーレンはうまくやる」 »