« ブリヂストン、来季さらにスリックタイヤテスト要望 | トップページ | ハミルトン、カルザゲにKO喰らう »

2007/12/10

WMSC裁定遅れ、マクラーレンに大きな負担か?

今シーズンのマシンについて、スパイ疑惑から大きな制裁を科せられたマクラーレン・チームだが、引き続き2008年のマシンについても検査が行われている。
McLaren MP4-22 Nose (C)McLaren Group
拡大します
しかしその最終裁定を、FIAのWMSC(世界モータースポーツ評議会)は2月14日(木)まで延期することを発表した。

チーム側はこれについて全面的に受け入れる姿勢を示しているものの、もし主張通り2008年型車が完全にクリアであると判定されたとしてもその時点でこれは来季開幕戦(3月16日)までわずかに4週間余りしかないことになる。

それまで当然勝手にマシンを変更することもできない訳で、場合によっては2008年シーズンのスタートからマクラーレン・チームは大きな枷をはめられることにもなりかねない様相を呈してきたと言えそうだ。

|

« ブリヂストン、来季さらにスリックタイヤテスト要望 | トップページ | ハミルトン、カルザゲにKO喰らう »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17328248

この記事へのトラックバック一覧です: WMSC裁定遅れ、マクラーレンに大きな負担か?:

» 【F1 二大スパイ疑惑】マクラーレンとルノーの思惑 [音羽記者クラブ]
 今年2007年のF1界は、スパイ疑惑にあけ、スパイ疑惑に終わった年であった。  一つ目のスパイ疑惑は、フェラーリのマシン情報をマクラーレンが入手、利用したというもので、これは有罪。1億ドルの罰金と2007年のコンストラクターズ・チャンピオンシップ(チーム選手権)... [続きを読む]

受信: 2007/12/10 16:58

« ブリヂストン、来季さらにスリックタイヤテスト要望 | トップページ | ハミルトン、カルザゲにKO喰らう »