« ラルフ・シューマッハ、F1引退を示唆 | トップページ | FIA、2008年から風洞実験についても制限 »

2007/12/09

WMSC、2008年マクラーレンに対する裁定を延期

FIAのWMSC(世界モータースポーツ評議会)は、マクラーレン・チームの2008年新型車『MP4-23』(仮称)に対する技術違反があるかどうかの裁定結果の発表を、来年2月14日(木)まで延期することを発表した。
McLaren MP4-22 (C)McLaren Group
拡大します
「2007年9月の裁定の中で、WMSCはFIAのテクニカル部門に対してマクラーレン・チームの2008年マシンの調査を指示し、そのマシンにフェラーリの機密情報が組み込まれているかどうかの判断を依頼した。
この調査はすでに終了し、詳細なリポートがWMSCに提出されている。
WMSCは、マクラーレンやフェラーリをはじめ、その他F1世界選手権に参加するチームが2008年2月14日(木)にパリで行われる同臨時総会で提出される報告書の中で、それぞれ説明する機会を与えられるべきだと考えている」

これについてマクラーレン・チームは「われわれは当初からこの嫌疑について完全にシロであると自信を持っており、これを受け入れる」との声明を出している。

|

« ラルフ・シューマッハ、F1引退を示唆 | トップページ | FIA、2008年から風洞実験についても制限 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17315582

この記事へのトラックバック一覧です: WMSC、2008年マクラーレンに対する裁定を延期:

» 【NEWS】 WMSC、2008年マクラーレンに対する裁定を延期 [F1情報サイト Red-5]
FIAのWMSC(世界モータースポーツ評議会)は、マクラーレン・チームの 2008年新型車『MP4-23』(仮称)に対する技術違反があるかどうかの 裁定結果の発表を、来年2月14日(木)まで延期することを発表した。 FMotorsports F1 「2007年9月の裁定の中で、WMSCはFIAのテクニカル部門に対して マクラーレン・チームの2008年マシンの調査を指示し、そのマシンに フェラーリの機密情報が組み込まれているかどうかの判断を依頼した。 この調査はすでに終了し、詳細... [続きを読む]

受信: 2007/12/09 15:50

» マクラーレンの2008年は… [F1 2007]
マクラーレンの2008シーズン用のマシンである MP4-23の技術違反に対しての裁定が2/14まで延長されることになった [続きを読む]

受信: 2007/12/09 17:56

» マクラーレン、再審議の決定に対する反応 [F1ブログ 風林火山]
世界モータースポーツ評議会が審議を行った結果、マクラーレン・メルセデスMP4-23の合法性について、結論は来年2月まで持ち越されることが決まった。 FIA技術部門は、同チームのマシンにフェラーリの機密情報が... [続きを読む]

受信: 2007/12/09 21:36

« ラルフ・シューマッハ、F1引退を示唆 | トップページ | FIA、2008年から風洞実験についても制限 »