« フィジケーラ発『拝啓エクレストンさま』 | トップページ | ハミルトン、ナオミ・キャンベル嬢と浮き名? »

2007/12/01

エクレストン氏、一転ペナルティに口つぐむ

独『オートモーター・ウント・スポルト』誌の取材に、2008年もマクラーレン・チームへのポイント・ペナルティの可能性があることを示唆したバーニー・エクレストン氏だが、その後一転してこの問題について口をつぐんでいる。
Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
そのあと取材した英『ロイター』に対しこのF1商業権利を動かす77歳の英国人は、「それについて私は何も言うことはできないよ。
いや、それはマックス(モズレー:FIA会長)だって同じこと。
世界の誰もこの問題の全体について言うことはできないだろうね」と、すこぶる意味深な表現でそれ以上の言及を避けている。

一方、ルノー・チームに対する『スパイ疑惑』については、12月6日(木)に世界モータースポーツ評議会が開かれることになっている。

|

« フィジケーラ発『拝啓エクレストンさま』 | トップページ | ハミルトン、ナオミ・キャンベル嬢と浮き名? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17237940

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、一転ペナルティに口つぐむ:

« フィジケーラ発『拝啓エクレストンさま』 | トップページ | ハミルトン、ナオミ・キャンベル嬢と浮き名? »