« ハミルトン、TRCなしでも「問題なし」 | トップページ | フェラーリはマッサ&ライコネンでテスト »

2007/12/06

マクラーレン、ルノーへの訂正声明

マクラーレン・チームは、先にその代理人である記者が明らかにしたリリースについて、5日(水)これを訂正する声明を発表した。
McLaren MP4-22 Nose (C)McLaren Group
拡大します
訂正されたのはルノー・チームの従業員がマクラーレン・チームから情報を持ち出した経緯の詳細部分についてで、FIAから指摘があったためということだ。

いずれにしても現在はルノー・チームによる『スパイ疑惑問題』が俎上に上げられていて、この件については6日(木)にモナコで開かれるFIAの世界モータースポーツ評議会で聴聞が行われることになっている。

その結果は、またフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の来季去就にも大きな影響を与えることになりそうだ。

|

« ハミルトン、TRCなしでも「問題なし」 | トップページ | フェラーリはマッサ&ライコネンでテスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17287820

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、ルノーへの訂正声明:

» 【F1 ルノースパイ疑惑】12月9日にFIAの裁定 [音羽記者クラブ]
 F1ルノーのスパイ疑惑を時系列で見ていくと以下のようになる。 ・2006年9月 ルノーにマクラーレンからデザイン・エンジニア、フィル・マッカレス氏が移籍。 ・2007年9月6日 ルノーがFIAの公聴会召喚を受けた後の11月9日に明らかにした公式声明によれば、マクラー... [続きを読む]

受信: 2007/12/06 11:08

» 【F1】ホンダに未来はあるか [すももMAX!!]
ヘレステストも順調に進んでいます。09年のスリック評価も始まっているそうですが今年テストするまでの価値はあるんでしょうか。BMWもホンダも昨日のタイムはスリックだったというし、見ているのは来季よりその先?M.シューマッハ直筆サイン入り『M.Schumacher‘2000仕...... [続きを読む]

受信: 2007/12/06 16:05

« ハミルトン、TRCなしでも「問題なし」 | トップページ | フェラーリはマッサ&ライコネンでテスト »