« 「最強のコンビ実現」と、マクラーレン首脳 | トップページ | F・インディアのシートはフィジケーラ最有力か »

2007/12/15

コバライネン、「ワクワクしている」

やっと得たルノー・チームのシートを失うという事態に一時陥っていたヘイキ・コバライネン(26歳:フィンランド)だが、晴れてマクラーレン・チームに移籍が実現、このビッグチャンスに次のように語っている。
Heikki Kovalainen (C)Renault F1
拡大します
「昨シーズン最高の戦いを演じたマクラーレン・メルセデスのようなにチームに加入できたんだもの、今からとてもワクワクしているよ。
このチームには常に最高の環境と体制とがみなぎっている。
そしてスタッフの誰もが勝利への強い情熱を持っているね。
その一員に自分が加わるんだ、いやでも興奮してしまうというものだよ。
まだ(新しくチームメイトになる)ハミルトンとはあまり話をしていないけれど、でも大丈夫、僕らはきっとうまくやれると確信しているよ。
これまでミカ・ハッキネンも、またキミ・ライコネンもこのチームで大成したのだし、僕も同じフィンランド人としてそのあとを辿って行ければいいね」

|

« 「最強のコンビ実現」と、マクラーレン首脳 | トップページ | F・インディアのシートはフィジケーラ最有力か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17370572

この記事へのトラックバック一覧です: コバライネン、「ワクワクしている」:

» 良かったねぇ [nagisa racings blog]
アロンソとスワップ。やっぱこれが筋ってもんです。 セカンド扱いであることは承知での移籍でしょうから、 割り切って頑張ってもらいたいですね。[画像] [続きを読む]

受信: 2007/12/15 07:39

» これでヘイキ?コバライネン?! [たくまっちワールド]
マクラーレンを飛び出してルノーに出戻る形になったアロンソ・・・。 2008年シーズンオフの話題は、このアロンソを中心に周り、そしてほぼ決まりかけていたコバライネンのシートが、それに伴ってルノーから押し出された。 押し出されたコバライネン。。。このとき2つの選択肢があったそうな・・・1つはマクラーレン、もう一つはトヨタ・・・噂では、マクラーレンに決まればデ・ラ・ロサがトヨタに決まればトゥルーリが押し出される筈であった事からこの2人は戦々恐々としていたかもしれない。。。 でも、結局コバ... [続きを読む]

受信: 2007/12/15 09:11

» マクラーレンF1ハミルトンのパートナー決定!! [:: 246 log ::]
アロンソの移籍で空席となっていたマクラーレンF1のドライバーシートは、ルノーから... [続きを読む]

受信: 2007/12/15 10:01

» コバライネン マクラーレン移籍決定 [夢中探しBLOG]
コバライネン。決定しましたね!! この選択が吉とでるか凶とでるか? アロンソやピケjrにも言えますが。 運も実力の内と良く言われますが、 本当は、実力も運の内なのではないか?とF1を観ていると良く思います。 FMotorsports F1: コバライネン、「ワクワクして...... [続きを読む]

受信: 2007/12/15 12:47

» 【12/15すももF1】マクラーレンの明と暗 [すももMAX!!]
マクラーレンには良いニュースと悪いニュースが立て続けに入ってきました。良い事はコバライネンがドライバーに決定した事。悪い事はスペイン系のスポンサーが離れてしまう事です。これを機に次々とスペイン系スポンサーが離れていかなければ良いのですが・・・・さあやっ...... [続きを読む]

受信: 2007/12/15 14:39

» コバライネン、マクラーレンに加入 [KITSCH de F1]
おぉ、マクラーレンはコバライネンを選びましたか。 スポンサーの問題や今までの貢献度なんかを考えるとデ・ラ・ロサの線もありかなと思っていたのですが、チームは将来性のある若いドライバーを選択しましたね。やっぱりF1は人情でドライバーを決めるほど甘くはありませ....... [続きを読む]

受信: 2007/12/15 23:32

» コバライネンに決まってるネン(苦笑) [Keep Your Distance!]
ちょっと今日のタイトルってベタすぎかな(苦笑) アロンソ離脱のマクラーレンの後任ドライバーがコバライネンに決定したそうですね。 ここ数日F1ニュースをろくすっぽチェック出来てなかったのでさっき知りました(焦) これでマクラーレン伝統のフライングフィン復活となりましたね。 常にマクラーレンのフンランド人ドライバーはチームメイトを凌駕していましたのでコバライネンにも期待したいところです。 しかし、マクラーレンってば例のスパイ騒動でマシンの開発が進むどころか後退させられかねない勢い。 チームメイト... [続きを読む]

受信: 2007/12/16 01:36

« 「最強のコンビ実現」と、マクラーレン首脳 | トップページ | F・インディアのシートはフィジケーラ最有力か »