« エクレストン氏、スパイ疑惑憂慮でチームと会談 | トップページ | ロス・ブラウン氏、ホンダ・チームへ!! »

2007/11/12

ハミルトン、「来季は自分がナンバーワン」

今シーズン、王者フェルナンド・アロンソとの間で確執を生じたマクラーレン・チームのルイス・ハミルトン(22歳:イギリス)だが、「来季は自分がナンバーワン」との強気な姿勢を示している。
McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
これは、人気司会者マイケル・パーキンソン氏によるイギリス『BBC』でのトーク番組で自ら語ったもの。
その中でこの大物ルーキーは「モナコGPのあと、僕は勝利のためにアロンソに挑戦しないように言われたんだ。
つまり、最初から僕がドライブしたのはナンバーツーのクルマということになるよ。
でも、来年はもうそんなことはない筈だね。
僕がアロンソのポジションに立つのだから、僕がナンバーワンになる。
それは大きなチャレンジということになるだろうね」と、語っている。

ただし、ロン・デニス代表がこれを許すかどうかはまた別問題だ。

|

« エクレストン氏、スパイ疑惑憂慮でチームと会談 | トップページ | ロス・ブラウン氏、ホンダ・チームへ!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17049908

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン、「来季は自分がナンバーワン」:

» Hamilton pledges future to McLaren [F1とテレビとケータイと。]
Hamilton pledges future to McLaren [ireland.com] ハミルトンは自身のキャリア全体をマクラーレンで過ごすことを願っています。 アロンソが離脱したことによって、来シーズン1stドライバーになることを確信しています。 「私がF1にどれくらい長くいるかは分からないが、今いるチームが所属を望む唯一のチームだ。」 「私は皆をよく知っているし、素晴らしいシーズンを過ごせた。彼らは私に大きな機会を与えてくれた。私は世界選手権に勝利したいし、彼らのために勝利... [続きを読む]

受信: 2007/11/12 08:44

» 写真と出来事とデータで振り返る〜2007年F1世界選手権〜 [F1とテレビとケータイと。]
マクラーレン・フェラーリの2強のコース内外熾烈バトル、3強入りしたBMWザウバー、アロンソ・ライコネンの移籍即チャンピオン争い、マッサの成長、ルーキーハミルトンのチャンピオン争いと彼へのチームの優遇、FIA・スチュワードによる不可解・露骨な裁定、などがあった2007年シーズンを振り返ります。 一昨年、2005年の振り返りはこちら。 去年、2006年の振り返りはこちら。 佐藤琢磨F1全成績はこちら。 F1世界選手権 来季シート現況はこちらです。 -------------------... [続きを読む]

受信: 2007/11/12 09:04

» 行ってきましたモーターショー [MONOGENIC DEZAINN nublog]
権利を主張する前に、義務を果たしましょう!ども、世田谷イチ、似非モラリストのイタ... [続きを読む]

受信: 2007/11/12 11:04

» ハミルトンはナンバー2だったってさ [:: 246 log ::]
あれっハミルトンさんそんなこと言っちゃってシーズン中のロンデニスさんの言ったことと違うじゃない [続きを読む]

受信: 2007/11/12 13:00

» 【F1動画】F1 1967年モナコGP [F1GPニュース・動画WEB]
モータースポーツにとってアクシデントを背負わされるのは宿命なのだろう。1967年F1モナコGPでも、また悲しい出来事が起こってしまう。トップのデニス・ハルムを追うロレンツォ・バンディーニが、現在のヌーベルシケインで海沿いのブロックに激突し横転した。バンディーニのマシンは発火、漏れたガソリンに引火し爆発。横転したマシンからバンディーニは逃げ出せず、3日後にこの世を去った。Winner:Denis H... [続きを読む]

受信: 2007/11/15 19:13

« エクレストン氏、スパイ疑惑憂慮でチームと会談 | トップページ | ロス・ブラウン氏、ホンダ・チームへ!! »