« メルセデス・ベンツに二つの勲章 | トップページ | モントーヤ、米NASCARで『新人賞』 »

2007/11/23

M.シューマッハ、ヘレステストにも参加へ

先のバルセロナ合同テストでほぼ1年ぶりに本格F1テストに復帰したフェラーリ・チームのミハエル・シューマッハ(38歳:ドイツ)は、ブランクを感じさせない相変わらずの高いパフォーマンスをみせつけたが、来月予定されるヘレス・サーキットでのテストにも参加する見通しであることがわかった。
Michael Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
これは、同チームで技術部門を束ねるルカ・バルディセッリ氏がイタリアの『ラ・スタンパ』紙に語ったもの。
「バルセロナでの彼の仕事ぶりには満足しているよ。
ましてや電子アシストなしという来年用マシンのドライビングは彼が最も得意とするもの。
それにあまりに長い年月を彼と共に仕事してきたので、どんな問題においても解決する彼のアプローチにわれわれはとても慣れ親しんでいる。
だから、ヘレスでも彼に走ってもらい、アドバイスをもらいたいと考えたんだ」

ただ問題は、ヘレスでもシューマッハが最速タイムを出し続けた場合、跳ね馬チーム首脳の来年のドライバー起用方針が変化してしまわないかということだ。

|

« メルセデス・ベンツに二つの勲章 | トップページ | モントーヤ、米NASCARで『新人賞』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17158559

この記事へのトラックバック一覧です: M.シューマッハ、ヘレステストにも参加へ:

» Michael Schumacher to test again at Jerez [F1とテレビとケータイと。]
Michael Schumacher to test again at Jerez [automoto365] 昨年の引退以来、約1年ぶりにF1公式イベントとなるバルセロナテストで乗車したM.シューマッハ。 テスト参加時点では、その2日間限りと広報などがしていましたが、来月のヘレステストにも参加するようです。 L.バルディセリが「彼との多年に渡る関係で、コミュニケーションやどんな問題に対する作業への彼のやり方にも我々は非常になれている。」と話しています。 「12月4日に彼はまたドライブす... [続きを読む]

受信: 2007/11/23 05:59

» 【F1 ロス・ブラウン】日本式を捨てたホンダの変節 [音羽記者クラブ]
 F1ホンダが11月12日、元フェラーリのテクニカルディレクター、ロス・ブラウンを代表に迎えることを明らかにした。これで来季以降のホンダは、優勝どころかチャンピオンシップを争う強力チームに変身することが確約された──。  F1で勝つために必要なマシンとドライバ... [続きを読む]

受信: 2007/11/23 06:53

» シュー足を必要とするフェラーリF1 [:: 246 log ::]
シューマッハのフェラーリF1テスト大好評につき、継続だそうです(^^;; For... [続きを読む]

受信: 2007/11/23 08:02

» ヘレステストに登場するのは [SUPERAGURIF1TEAMFANSITE-Formula1Info-]
SAF1は来月のヘレステストで琢磨を起用する予定になっています。(来季の契約前なのであくまでも予定です)で、もう一人、ヘレステストに参加する事が注目されているのはミハエル・シューマッハ !彼は先日のバルセロナテストでファステストを叩き出し、「まだF1でやれる...... [続きを読む]

受信: 2007/11/23 09:39

» F1・へレスにもミハエル登場か [日々之日記]
M.シューマッハ、ヘレステストにも参加へ(FMotorsports F1,2007/11/23) 1回位は,“お楽しみ”なんでしょうが,何回も登場するというのは現役ドライバーの心情を考えると,記事にもあるようにあまり良い事ではないような。 しかし,ちゃんと記憶してないのですが,ラ... [続きを読む]

受信: 2007/11/23 23:51

» M.Schumacher、12/04からのヘレステストへ参加 [Red ICEMAN]
元FerrariドライバーのM.Schumacherが11/13-15に行われたバルセロナテストに引き続き、12/04-06までのヘレステストに参加することがリリースされました。 彼は前回のバルセロナテストにおいて... [続きを読む]

受信: 2007/11/24 00:15

« メルセデス・ベンツに二つの勲章 | トップページ | モントーヤ、米NASCARで『新人賞』 »