« マクラーレン、裁定受諾も「規則 よりクリアに」 | トップページ | マッサ、「トラコンないとアクセルまるでボタン」 »

2007/11/17

フェラーリ、ICA(国際控訴審)の裁定を歓迎

FIAのICA(国際控訴審)がマクラーレン・チームの抗議を却下したことにより、フェラーリ・チームではキミ・ライコネンによるドライバーズ・チャンピオンシップ獲得が確定。
これを受け、同チームのジャン・トッドCEOは次のようなコメントを明らかにした。
Brazil GP Podium (C)McLaren Group
拡大します
「われわれはブラジルGPのレース結果に対して国際控訴審が下した決定に満足している。
今シーズンのチャンピオンシップは、様々な要素により激しい浮き沈みをみせたが、これにより最終的にすべて決着が付いたことになる。
今後、われわれのすべての努力が来シーズンのために傾注することができることを喜んでいる」

なお、ライコネン自身のコメントは休暇中のため得られていない。

|

« マクラーレン、裁定受諾も「規則 よりクリアに」 | トップページ | マッサ、「トラコンないとアクセルまるでボタン」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/17096109

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、ICA(国際控訴審)の裁定を歓迎:

» International Court of Appeal - Decision [F1とテレビとケータイと。]
International Court of Appeal - Decision [FIA] FIAからもマクラーレンのブラジルGPに関する控訴を棄却すると正式発表。 ブラジルGPスチュワード、マクラーレンからの説明を受け、様々な書類、証拠を見たうえでの判断。...... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 07:50

» McLaren under fire from Ferrari and BMW [F1とテレビとケータイと。]
McLaren under fire from Ferrari and BMW [F1-Live.com] フェラーリ、BMWの弁護士がマクラーレンを批判。 フェラーリ弁護士は「マクラーレンは恥知らずの偽善者」と一刀両断。 マクラーレン弁護士は、ハミルトンのタイトル獲得までブラジルGP燃料温度への裁定を不服としての控訴審で求めていました。 マクラーレンCEOのM.ウィットマーシュは弁護士を「どんな弁護士も弁護をしなければならず、勝利を目指す上で強気に出る必要がある。」と擁護しています。 ... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 08:03

» 燃料冷却問は結局却下されますた [:: 246 log ::]
ブラジルGPでBMWなどの燃料の温度が低かった件、マクラーレンより抗議が提出され... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 09:00

» ブラジルGPでのマクラーレンの抗議は却下 [Escape Zone]
ブラジルGPにおいて、ウィリアムズとBMWザウバーの給油時に燃料の温度が規定より低かったとされる問題で、FIAはこの抗議を却下する裁定を下した。 これにより、チャンピオンシップが確定した。確定したリザルトはこちら。 抗議したマクラーレンのマーティン・ウィット....... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 11:47

» f1 test@catarunya その1 - driver's lists - [tohlu.com blog]
いきなり入ってきたオシム監督のニュースも気になるのですが、完治して退院することを祈りつつ。 13-15日の3日間、カタルーニャサーキットで行われたテストを数回にわたってエントリ。まずはドライバーズリスト。 詳しくはこちらを参照。まとめてますんで。平均時速も�... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 12:21

» 燃料の温度違反問題で王者変更はあるのか? [ファイトクラブ!資格道]
約3週間、F1の07年シーズンが終了しているのに、F1ワールド王者が確定しないと [続きを読む]

受信: 2007/11/17 18:29

» 【NEWS】 フェラーリ、ICA(国際控訴審)の裁定を歓迎 [F1情報サイト Red-5]
FIAのICA(国際控訴審)がマクラーレン・チームの抗議を 却下したことにより、フェラーリ・チームでは キミ・ライコネンによるドライバーズ・チャンピオンシップ獲得が確定。 これを受け、同チームのジャン・トッドCEOは 次のようなコメントを明らかにした。 FMotorsports F1 「われわれはブラジルGPのレース結果に対して国際控訴審が 下した決定に満足している。 今シーズンのチャンピオンシップは、様々な要素により 激しい浮き沈みをみせたが、これにより最終的に すべて... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 18:48

» 『2007総括Vol.1』F1新時代を象徴したタイトル争い [風林火山]
皇帝M・シューマッハが引退して初めて幕が開けた07年シーズンは、新しい時代の始まりでもあった。それは、そのM・シューマッハを倒して05年と06年の2連覇を達成したフェルナンド・アロンソがルノーからマクラーレンに移籍。そ... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 23:14

» 『2007総括Vol.2』帝国復活を阻んだスパイ事件とチーム内紛 [風林火山]
前代未聞の事件が公けに明かされたのは、フェラーリが自チームの元チーフメカニックだったナイジェル・ステップニーをチームに対する背信行為を行なった理由で、6月下旬に提訴したことだった。しかし、この段階でまだ事件... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 23:31

» プロスト氏、「ロン・デニスに敗因あった」 [風林火山]
かつてこのマクラーレン・チームで、故アイルトン・セナとの間に壮絶な主導権争いを演じた過去を持つアラン・プロスト氏(52歳:フランス)が、「ロン・デニスは一人のドライバーの肩を持つ」と、自身の経験から批判的な見解を示... [続きを読む]

受信: 2007/11/17 23:39

« マクラーレン、裁定受諾も「規則 よりクリアに」 | トップページ | マッサ、「トラコンないとアクセルまるでボタン」 »