« 今度はルノーに『スパイ疑惑容疑』発覚 | トップページ | 2008年マクラーレン・カーのFIA検査始まる »

2007/11/09

E.ジョーダン氏、再びF1参戦に意欲

2008年シーズンで新規参戦予定のプロドライブはすっかりその雲行きが怪しくなっているが、2005年シーズン限りで歴史を閉じたジョーダン・チームのエディ・ジョーダン代表が再びF1参戦への意欲をみせている。
Eddie Jordan (C)Ex.Jordan Grand Prix
拡大します
今年59歳になるジョーダン氏は「もし来季の新規参戦権を得たプロドライブがそれを果たさないのであれば、12番目の枠はあらためて広くオープンにされるべきだ」と、英『F1レーシング』誌で主張しているもの。

「かつてトヨタが参戦を確約しながら実際にはそれが1年遅れた時、FIAは巨額の罰金をトヨタに科したが、来年プロドライブが参戦しなかったら、同じことをやるのかい?
逆にいえば、罰金を払えばそれでも参戦の権利はプロドライブが独占するのかい?
私はそれはおかしいと思う。
来年参戦するという約束が果たせないのであれば、他の優秀なチームにあらためてその可能性を開くべきなんだよ」と語り、自身も再びF1フィールドで戦う意志のあるところを明確にした。

ジョーダン氏はカスタマーシャシーでの参戦形態はF1にそぐわない、という点でフランク・ウィリアムズ氏と見解が一致している。

|

« 今度はルノーに『スパイ疑惑容疑』発覚 | トップページ | 2008年マクラーレン・カーのFIA検査始まる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E.ジョーダン氏、再びF1参戦に意欲:

» Prodrive entry should be reopened - Jordan [F1とテレビとケータイと。]
Prodrive entry should be reopened - Jordan [F1i.com] 元ジョーダングランプリオーナーE.ジョーダンは、来年12番目のチームとして参戦が予定されるプロドライブの参戦がないのなら再び選考作業を開くべきだとしています。 ただ、カスタマーカーに関する不確実性でプロドライブは参戦計画が進んでいないということもあり、プロドライブと他の希望者にまた別の機会を与えるべきと考えています。 「残念だったのは、いくつかのチームが新たな参戦枠に申請し、慎重に熟考... [続きを読む]

受信: 2007/11/09 06:50

» 中嶋一貴、ウィリアムズの正ドライバーに決定!!! [tohlu.com blog]
中嶋一貴、ウィリアムズの正ドライバーに決定!!!!やりましたねぇっ、これは祭りだっw。 チームメイトはニコ・ロズベルグということで、2人とも2世ドライバー。 来年も楽しそですなっっっ!!!!!!!! (トヨタ、そうとうにプッシュしたんだな)ボソッ [続きを読む]

受信: 2007/11/09 06:52

« 今度はルノーに『スパイ疑惑容疑』発覚 | トップページ | 2008年マクラーレン・カーのFIA検査始まる »