« 中嶋一貴の来季去就もアロンソ次第? | トップページ | ブリヂストン、「2007年シーズン大成功」 »

2007/10/31

スペイン政府閣僚、マクラーレンの姿勢を非難

スペイン国内の報道によれば、スペイン政府の中からもマクラーレン・チームの姿勢について非難する声が挙がっているということだ。

それによるとスポーツ大臣のハイメ・リサベツキー氏は、今年のF1でアロンソ&ハミルトンのいずれもがほぼ確実視されていたドライバーズ・チャンピオンシップを逸したのにはチームのサポートが不十分であったから、と記者会見で指摘したという。
F.Alonso Fans/2006 Spain GP (C)Renault F1 UK
拡大します
スポーツで成果を挙げるには『協力』が必須であるのに、マクラーレン・チームにはそれがみられず、結果としてライバルにタイトルを持って行かれたと非難。
これにはもちろんスペインの英雄であるアロンソがタイトルを逸したことに対する苛立つが感じられる。

|

« 中嶋一貴の来季去就もアロンソ次第? | トップページ | ブリヂストン、「2007年シーズン大成功」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/16930001

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン政府閣僚、マクラーレンの姿勢を非難:

» 【F1 来季シート】まずアロンソ週末までに残留交渉 [音羽記者クラブ]
 今週、フェルナルド・アロンソの残留交渉がいよいよ本格化する。  これはF1GP最終戦、ブラジルGPの直後、彼が所属するマクラーレンのロン・デニス代表が、「ドライバーの件については、シーズン終了後にわれわれが扱うといった問題があったから、直ちにこれに取... [続きを読む]

受信: 2007/10/31 09:47

» McLaren did not work as a team - Spanish minister [F1とテレビとケータイと。]
McLaren did not work as a team - Spanish minister [REUTERS] スペインのスポーツ大臣ハイメ・リサベツキーは、マクラーレンがチームとして働かなかったためにハミルトンとアロンソがタイトルを取り逃がしたとしています。 「スポーツでは共にやっていかなければならない。さもなければ、あなたがほとんどいつも損をすることになる。」 「外から見る限り、マクラーレンにチームワークがあったようには見えない。彼らはスポーツの基本的な価値基準を適用すべきだっ... [続きを読む]

受信: 2007/10/31 09:56

« 中嶋一貴の来季去就もアロンソ次第? | トップページ | ブリヂストン、「2007年シーズン大成功」 »