« FIA会長、「フェラーリは最も重要なチーム」 | トップページ | デニス代表の危惧、早くも立証! »

2007/10/25

プロスト氏、「ロン・デニスに敗因あった」

かつてこのマクラーレン・チームで、故アイルトン・セナとの間に壮絶な主導権争いを演じた過去を持つアラン・プロスト氏(52歳:フランス)が、「ロン・デニスは一人のドライバーの肩を持つ」と、自身の経験から批判的な見解を示した。
A.Senna & A.Prost (C)Honda Racing
拡大します
「デニスはいつも同等の扱いを強調しているけれど、実際には常に一人のほうのドライバーの肩を持つんだ。
それは、これまでセナであり、ハッキネンであり、そして今ならハミルトンがお気に入りということになるね。
アロンソが取った態度はもちろん許されるものではないけれど、その伏線にはこのデニスの歪んだ愛情が影響しているんだよ。
そもそもアロンソは2度の世界チャンピオンとして、当然それに見合った待遇を受けるべきだったんだ。
そうすれば今シーズン、彼は容易にタイトルを獲得していた筈だったのに……」と、この元チャンピオンは伊『アウトスプリント』誌に語っている。

|

« FIA会長、「フェラーリは最も重要なチーム」 | トップページ | デニス代表の危惧、早くも立証! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/16868833

この記事へのトラックバック一覧です: プロスト氏、「ロン・デニスに敗因あった」:

» McLaren should have benched Alonso - Briatore [F1とテレビとケータイと。]
McLaren should have benched Alonso - Briatore [F1i.com] ルノーのF.ブリアトーレは、マクラーレンは最終戦ブラジルGPでアロンソを走らせず代役を出走させるべきだったとしています。 ドライバーズチャンピオンシップで1・2位のドライバーを擁していながら逆転を許したのは、両ドライバーの緊張が壊滅的な要素になったと考えています。 「彼らはアロンソのところにリザーブドライバーを据えるべきだった。そうすれば何の問題も無くハミルトンがタイトルを獲得し... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 13:12

» Difference between us and McLaren is team spirit - di Montezemolo [F1とテレビとケータイと。]
Difference between us and McLaren is team spirit - di Montezemolo [F1 TECNICAL] フェラーリのL.モンテゼモロは、マクラーレンとフェラーリのチームスピリットには違いがあると話しています。 「我々とマクラーレンには違いがあって、先のレースでは我々のドライバーはお互いを助け合った。そして、最も厳しい時にさらに団結できた。」 いや、フェラーリ型(というかミハエル型?)のチーム連係プレーもなんだか興ざめなんですけど。... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 13:27

» McLaren to blame for teammates'' wrangle - Mansell [F1とテレビとケータイと。]
McLaren to blame for teammates'' wrangle - Mansell [Home of Sport] N.マンセルは2007年のマクラーレンのドライバーマネジメントを批判。 マンセルは1992年にワールドチャンピオンになっていて、95年にはマクラーレンにごくわずかな期間在籍しています。 その経験から今年アロンソがのけ者にされたことから何を感じたかを話すことが出来ると言います。 「私の経験から言えば、アロンソの契約には彼が納得行かないいくつかのことがあったん... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 13:43

» プロスト「デニスはいつもお気に入りの肩を持つ」 [ある関西人の主張。]
二人のドライバーは公平かつ平等に扱い競わせるというマクラーレンの方針について、かつてマクラーレンでアイルトン・セナとチームメイト関係にあったアラン・プロストが「常に一人の方のドライバーの肩を持つ」と自身の... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 18:30

» ハミルトンと一貴の痛いミス。 [tohlu.com blog]
ハミルトンはこのニュース。そうとうにプレッシャーがあったんでしょうね、、、、。読んだ時はちょっと泣けました。是非これを糧にして来年がんばってほしいです。 そして一貴。こっちは笑えますw。 「初めてのF1ブラジルGPを終えた直後の中嶋選手と、恩師でもあり、フ... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 18:58

» プロスト氏、「ロン・デニスに敗因あった」 [風林火山]
かつてこのマクラーレン・チームで、故アイルトン・セナとの間に壮絶な主導権争いを演じた過去を持つアラン・プロスト氏(52歳:フランス)が、「ロン・デニスは一人のドライバーの肩を持つ」と、自身の経験から批判的な見解を示... [続きを読む]

受信: 2007/10/28 12:16

« FIA会長、「フェラーリは最も重要なチーム」 | トップページ | デニス代表の危惧、早くも立証! »