« スーパー・アグリ、来季体制決められず | トップページ | 日本GP2日目は雨…… »

2007/09/29

ピットレーン入り口の危険性が指摘

ヘルマン・ティルケ氏デザインによる富士スピードウェイの新レイアウトは概ねドライバーらからも好評を得ているが、唯一危険性が指摘されていたのがピットレーン入り口の形状だ。
Fuji Speedway Pitlane (C)Super Aguri F1
拡大します
通常のサーキットではタイトな最終コーナー部分からピットレーンへ、というパターンが多いが、富士スピードウェイの場合屈指の長いストレート、それもほぼ半ばに達してからピットへと道を分かつ形となっている。
F1マシンでは、この時点ですでに時速300キロ近間に達している上、さらにピットの速度制限が始まる手前でS型のカーブを抜けることになる。

とりあえず金曜日のフリー走行では問題は生じなかったものの、とりわけ一刻を争う決勝レース時には、何らかのアクシデントも予想されるとして危惧する意見が複数聞かれているようだ。

ホンダ・チームのルーベンス・バリチェッロによれば、このコースで最も危険なコーナーはコース上ではなくこのピットレーンのコーナーだとのこと。
なお、バリチェッロはまだF3ドライバー時代の1991年、富士スピードウェイの旧コースを走った経験を持つ「貴重な」ドライバーだ。

|

« スーパー・アグリ、来季体制決められず | トップページ | 日本GP2日目は雨…… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピットレーン入り口の危険性が指摘:

» Drivers call for changes to pitlane entry [F1とテレビとケータイと。]
Drivers call for changes to pitlane entry [autosport.com] ドライバーはピットレーン入り口が危険だとして変更を要請。 富士スピードウェイのピットレーンは、ストレート途中に入り口があり、その付近では300km/h前後のスピードで走行、そこから右・左の細かいシケインがあって、その先にスピード制限区域開始のラインがあります。 ちょっとしたミスなどで大事故に繋がる恐れがあり、夕方以降C.ホワイティングとの会談が行われます。 フィジケラは「3... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 10:01

» F1・富士SW-ピットレーン入り口の危険性 [日々之日記]
ピットレーン入り口の危険性が指摘(FMotorsports F1,2007/9/29) 最終コーナーで別のラインを取ってピットに入るサーキットが多いのですが,富士はストレートの途中で入るようなイメージになって,狭くて壁の迫るシケインに感じるんでしょうね。ストレートが長いサーキ... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 12:16

» 富士SWピットロードが危険と指摘される [F1遅報]
 これまであまり深く考えてこなかったのだが、他カテゴリーはともかく最高速度が300kmを遙かにオーバーするF1では、富士SWのピットロードのS字部分は危険という指摘がドライバーズミ... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 12:20

» 驕ったトヨタがごり押しで開催するレース運営には至る所に綻びが・・・ [OSaM.jp portal blog]
トヨタ経営陣がすでにF1日本GPに興味を失っているっていうのがよくわかりますね。 レースではくれぐれも事故がない事を願っています。 引用:F1観戦2万人が足止め 道路陥没バス動かず イザ! ニュース スポーツ - 2007年09月29日 23時13分 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/87420/ 自動車のF1日本GPが開催されている静岡県小山町の富士スピードウェイで29日、観客送迎バスが場内で通行できなくなり、約... [続きを読む]

受信: 2007/09/30 09:45

« スーパー・アグリ、来季体制決められず | トップページ | 日本GP2日目は雨…… »