« フリー走行2回目はマクラーレンが1-2! | トップページ | フェラーリ、「今日の結果じゃわからない」 »

2007/09/08

『スパイ疑惑事件』アロンソ本人に飛び火

F1を騒がせる『スパイ疑惑事件』はFIAが新たな証拠を入手したとして新しい展開をみせているが、それはどうやら王者フェルナンド・アロンソ自身を襲うもののようだ。
F.Alonso (C)McLaren Group
拡大します
独『オートモーター・ウント・スポルト』誌ら複数のメディアが伝えるところによれば、フェラーリ・チームのナイジェル・ステップニー氏からマクラーレンのマイク・コフラン氏に渡ったフェラーリの機密情報が、かねて同氏と親交の深いペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン)に渡り、これがアロンソに伝えられたというもの。
これらは電子メールの記録によりFIAが確認したということだ。

アロンソらはいずれもこうした疑惑について否定しているが、FIAが国際控訴審ではなく世界モータースポーツ評議会で審議することにしたことについては、それだけ自信のある裏付けが得られたものと理解されている。

|

« フリー走行2回目はマクラーレンが1-2! | トップページ | フェラーリ、「今日の結果じゃわからない」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『スパイ疑惑事件』アロンソ本人に飛び火:

» F1 名門マクラーレンを揺るがす二つの事件(下) [音羽記者クラブ]
≪今年のチャンピオンは裁判で決まる!≫  マクラーレンのロン・デニス代表は、今、その4半世紀に及ぶチーム運営の中で最大の危機を迎えている。  同チームにかけられたスパイ疑惑を解明するFIAの国際控訴裁判所での公聴会が、およそ1か月後、9月13日に開かれるのであ... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 06:21

» Alonso at centre of spy saga? [F1とテレビとケータイと。]
Alonso at centre of spy saga? [Manipe F1] スパイ事件の話題の中心にアロンソが? アロンソが、M.コフランがフェラーリの情報を持っていたことを知っていたマクラーレンメンバーの1人なのではないかと言われ始めています。 また、同じスペイン人であるデラロサも関係していると噂されます。 デラロサは、アロンソに情報が行くより早い今年初めにコフランからフェラーリのセットアップ情報をすでに知らされていたと言われます。 他にFIAが手にした「新証拠」とは、最近書... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 06:25

» Letter confirms drivers had new evidence [F1とテレビとケータイと。]
Letter confirms drivers had new evidence [autosport.com] FIA会長M.モズレーは、全チームへ送付した書簡の中で「スパイ事件に関する新しい証拠」がマクラーレンのドライバーから来たものだと認めています。 今週末モンツァではアロンソとデラロサ間でメールに関するやり取りがあったと報じられてきました。 情報筋は、フェラーリ機密情報を所持していたM.コフランがメールでデラロサに参照させたことを明らかにしています。 現在のところ、誰がこのメール... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 06:45

» アロンソも関与? [:: 246 log ::]
なんと、フェラーリF1スパイ疑惑にアロンソも関与してるとのニュース @FMoto... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 10:37

» 【F1動画】F1グランプリ・アクシデント 1980−1990年代 [F1GPニュース・動画WEB]
F1グランプリは、勇者の歴史であり、数々のアクシデントの歴史でもある。F1グランプリ・アクシデント 1980−1990年代。Some of the most spectacular F1 accidents throughout Formula 1 history.Watch the most dynamic Formula 1 accidents, bad starts, fires and overtakes. Formula 1 - amazing accidents ...... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 17:30

« フリー走行2回目はマクラーレンが1-2! | トップページ | フェラーリ、「今日の結果じゃわからない」 »