« ブリヂストン、2008年も同じやり方で | トップページ | ホンダの新ウィング、評価はまちまち »

2007/09/21

デニス代表、「アロンソと口聞いてない」

マクラーレン・チームのロン・デニス代表は、公式には同チームのドライバーと依然良好な関係にあるとの立場を崩していないが、このほど明らかとなった世界モータースポーツ評議会の議事録から、ハンガリーGP以来アロンソとは口も聞いていない状況であることがわかった。
F.Alonso & R.Dennis (C)McLaren Group
拡大します
また同代表は、13日に行われた公聴会に二人のドライバーに出席を指示したものの、実際にパリに赴いたのはハミルトンただ一人で、アロンソはこれを拒否したことも明らかとなった。

同代表はその背景として、マクラーレン・チームがその一貫したポリシーとして両ドライバーを平等に扱うことに対し、アロンソは自身の世界チャンピオンとしての立場が尊重されていないという不満があったとしている。

しかしこうしたことが公になることで、アロンソの同チーム残留はさらにその可能性が減少したものと理解されている。
とはいえ現実的には、古巣ルノーしか受け入れられるチームはなさそうだ。

|

« ブリヂストン、2008年も同じやり方で | トップページ | ホンダの新ウィング、評価はまちまち »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デニス代表、「アロンソと口聞いてない」:

» 【F1スパイ事件】墓穴を掘ったマクラーレンの衝撃 [音羽記者クラブ]
 F1スパイ事件の真相が、解明されつつある。  誰が、マクラーレンのスパイ疑惑の証拠を提供したかという謎が、ついに8月5日、ハンガリーGP決勝当日のマクラーレンのモーターホームでの一連の動き、この一点に絞られることになった。  話はその前日、ハンガリーG... [続きを読む]

受信: 2007/09/21 09:48

» デニス.v.s.アロンソ状態 [:: 246 log ::]
マクラーレンF1のアロンソはボスと一言も口を利かない状態なんだそうで、、、、 [続きを読む]

受信: 2007/09/21 10:02

» Renault asks backer for Alonso bonus - report [F1とテレビとケータイと。]
Renault asks backer for Alonso bonus - report [Grand Prix Magazine] 来季アロンソがルノーに復帰すると言う話がさらに加速。 ルノーのF.ブリアトーレが、タイトルスポンサーのINGに「もう少し額を出せないか」との願いをしていたと報じられています。 現在のタイトルスポンサー額は年3000万ドルと言われています。 これを報じるDaily ExpressのB.マッケンジーは、増加額としては1000万ドルではないかとしています。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/21 12:20

» F1・デニスとアロンソの確執 [日々之日記]
デニス代表、「アロンソと口聞いてない」(FMotorsports F1,2007/9/21) この確執がある件については前から言われていてたように思うし,アロンソがタイトルを取るなりすれば関係の修復があるかもしれないとも思っていたのですが。そして,ハミルトンがタイトルをとれば... [続きを読む]

受信: 2007/09/22 02:43

« ブリヂストン、2008年も同じやり方で | トップページ | ホンダの新ウィング、評価はまちまち »