« BMWザウバー、日本GPではリザーブドライバーなし | トップページ | スパイカーF1、「来季ラルフ起用考慮にない」 »

2007/09/04

国際控訴審メンバーからスペイン人委員除外

フェラーリ・チームに端を発した機密情報流用問題のFIA国際控訴審は9月13日に行われることになっているが、これに先立ちスペイン人の委員が外されたことが明らかとなった。
Fernando Alonso Fans(C)Renault F1 UK
拡大します
スペイン国内の『AS』紙などによれば、除外されたのは弁護士であるザヴィエル・コネサ氏。
FIAは特にこれについてコメントしていないが、この件で処分が下された場合コネサ氏はその当事者になり得るアロンソと同じスペインの出身であることから公正を期すため辞退させたとみられる。

なお、他の国際控訴審4人のメンバーの国籍はそれぞれベルギー、モナコ、ポルトガル、そしてアメリカとなっていて、フェラーリのイタリア、マクラーレンのイギリスは元々入っていない。

|

« BMWザウバー、日本GPではリザーブドライバーなし | トップページ | スパイカーF1、「来季ラルフ起用考慮にない」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際控訴審メンバーからスペイン人委員除外:

» Spaniard removed from FIA appeal panel [F1とテレビとケータイと。]
Spaniard removed from FIA appeal panel [F1-Live.com] スパイ事件に関して、スペイン人弁護士サビエル・コネッサがFIA国際控訴裁判所の出席者から除外されています。 これは、マクラーレンにスペイン人のアロンソがいることから、手心を加えられたり・贔屓がなされないようにするため。 このスパイ事件に関する国際控訴裁判所の控訴審は、9月13日に行われる予定になっています。 コネッサ除外により、出席弁護士の国籍はベルギー、アメリカ、ポルトガル、モナコ... [続きを読む]

受信: 2007/09/04 06:50

» 厳密な中立性を保つには必要な措置だろう [F1遅報]
フェラーリとマクラーレンの間で問題となっている機密情報流用問題について、FIA国際控訴審目前にして委員からスペイン人の委員が外されたとのこと。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/04 13:49

» 国際控訴審からスペイン人の委員を除外 [F1 2007]
もうすぐ行われるスパイ疑惑の国際控訴審 その審議にどうやらスペイン人の委員を除外することが明らかとなった どうやらアロン [続きを読む]

受信: 2007/09/04 17:30

« BMWザウバー、日本GPではリザーブドライバーなし | トップページ | スパイカーF1、「来季ラルフ起用考慮にない」 »