« ファウジー、スパイカーF1のテストに復帰 | トップページ | マクラーレン、異例の『F発言』否定声明 »

2007/08/11

トロ・ロッソ、2008年ボーデの起用正式発表

10日(金)『スクーデリア・トロ・ロッソ』は2008年のレースドライバーとしてセバスチャン・ボーデ(28歳:フランス)を起用することを正式発表した。
Sebastien Bourdais (C)Champ Car World Series
拡大します
ボーデは過去3回に渡って米チャンプカー・シリーズ・チャンピオンを獲得しており、ここ数年来F1転向を熱望、トロ・ロッソでテストを経験していた。
今季参戦している同シリーズ最終フェニックス戦(12月2日)終了後、所属するニューマン/ハース/ラニガン・レーシングチームを離れトロ・ロッソに合理有する予定。

これで同チームのビタントニオ・リウッツィがシートを失うことになるが、同選手は前日すでにこの展開を自身の口で明らかにしていた。
なおこれにより、来季のトロ・ロッソはセバスチャン・ベッテル&セバスチャン・ボーデという、二人のセバスチャン・コンビということになった。

|

« ファウジー、スパイカーF1のテストに復帰 | トップページ | マクラーレン、異例の『F発言』否定声明 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トロ・ロッソ、2008年ボーデの起用正式発表:

» Official: Bourdais to join Toro Rosso! [F1とテレビとケータイと。]
Official: Bourdais to join Toro Rosso! [automoto365] S.ブルデーのトロロッソ入りが正式発表。 08年からのドライブで、12月2日のチャンプカー最終戦後にチームに参加。 ブルデーは3年連続チャンプカー王者で、02年には国際F3000のチャンピオンにもなっています。 「長い時間がかかったけど、やっと実現した!」 「長く待ち望んだF1のレースに参加する機会を与えてくれたレッドブルの皆に感謝したい。」 「また、私に夢を追求させてくれ、今年... [続きを読む]

受信: 2007/08/11 06:25

» セバスチャンコンビ誕生か? [SUPERAGURIF1TEAMFANSITE-Formula1Info-]
ハンガリーGPからベッテルを起用したトロロッソですが、今度はリウィツィに代わってS・ボーデを起用するかもしれません。ボーデは既に来季のシートを獲得したとも言われていますが、早くも今年途中から登場するのかもしれません。で、トロロッソはこれでセバスチャンコン...... [続きを読む]

受信: 2007/08/11 10:20

» イタリア人ドライバー [F1情報 & F1ミニカーコレクション by Kei's Room]
いつもブログの応援ありがとうございます。 引続きクリックで応援いただけると幸いです→モータースポーツランキング 来季のF1シートがまたひとつ決定しましたね。 トロロッソは来季からセバスチャン・ボーデを起用するとのこと。 既にセバスチャン・ベッテルと契約しているので、これでトロロッソのドライバーは二人ともセバスチャン。 ポーデはチャンプカーのチャンピオンではありますがF1での実力は未知数。 ベッテルもまだ若くF1レース経験は少ないですし、このチームはドライバーで少しチャレンジングな... [続きを読む]

受信: 2007/08/11 11:26

» ようこそセバスちゃん [Keep Your Distance!]
トロロッソが遂に?スコット・スピードを解雇してベッテルを採用すると発表しましたね。 今更驚くべきことでもなくってベッテルはレッドブルドライバーだからいつかはレッドブルかトロロッソに里帰りする事が想像出来たのですが・・・ [画像] ここで僕的に一番気になるのが スピードは大丈夫だけどリウッツィは、どうなるんだって事! いやいや今すぐどうこうって言うつもりは無いんですが 相手は何と言っても史上最年少ポイント獲得記録を持つベッテル。 ここでウカウカしてるとスピードに続いてリウッツィもパフォーマンス不足... [続きを読む]

受信: 2007/08/11 14:15

» トロ・ロッソ 2008年ボーデの起用正式発表 [F1最高]
10日(金)『スクーデリア・トロ・ロッソ』は2008年のレースドライバーとしてセバスチャン・ボーデ(28歳:フランス)を起用することを正式発表した。 ボーデは過去3回に渡って米チャンプカー・シリーズ・チャンピオンを獲得しており、ここ数年来F1転向を熱望、トロ・ロッソでテ..... [続きを読む]

受信: 2007/08/11 19:58

« ファウジー、スパイカーF1のテストに復帰 | トップページ | マクラーレン、異例の『F発言』否定声明 »