« トロ・ロッソ、ボーデのオブション延長か | トップページ | モントーヤ、NASCARインディ制覇はならず »

2007/07/31

ルノー、エンストンの施設に巨額投資

英仏連合チームであるルノーは、そのシャシー部門の本拠をイギリスのエンストンに置いているが、ルノー・スポールはこのエンストンに総額5千万ドル(約60億円)に及ぶ設備投資を行う計画を明らかにした。
Bob Bell (C)Renault F1 UK
拡大します
同チームのボブ・ベル/テクニカル・ディレクターによれば「これは現在のF1グランプリで最重要なものの一つであるCFD(計算流体力学)に投資するもので、その結果われわれの能力は現在のものの10倍に達することになる。
世界のすべての分野を見渡しても、おそらく100に入る筈だ。
これにより、今後広汎な開発が見込まれ、われわれの大きな力になることだろう」と、自信を示した。

|

« トロ・ロッソ、ボーデのオブション延長か | トップページ | モントーヤ、NASCARインディ制覇はならず »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノー、エンストンの施設に巨額投資:

» ルノー投資 [F1 2007]
ルノーもどうやらCFD(計算流体力学)に投資を開始するとのこと 金額は総額5千万 [続きを読む]

受信: 2007/07/31 14:54

» Renault announces $50m Enstone investment programme [F1とテレビとケータイと。]
Renault announces $50m Enstone investment programme [pitpass] ルノーが、エンストンのファクトリーに5000万ドルにも上る技術投資プログラムを実行することを発表。 この長期の投資プロジェクトには、最新のCFD施設への投資が含まれていて、これはこの分野での従来の10倍の作業効率をもたらし、世界の先端コンピュータ施設100の中に入るものです。 全ての新設されるものは環境問題対策もされていて、エンストンのファクトリーの一部は再生可能なエ... [続きを読む]

受信: 2007/07/31 20:40

« トロ・ロッソ、ボーデのオブション延長か | トップページ | モントーヤ、NASCARインディ制覇はならず »