« トロ・ロッソ、来季はボーデ&ベッテル体制か | トップページ | FIA評議会メンバー、「マクラーレンの処分は回避」 »

2007/07/18

トヨタ ヨーロッパGP事前ニュース

F1第10戦ヨーロッパGP チームの「ホームレース」へと臨む
地元ドイツ出身のR.シューマッハーと、ドイツF3出身のJ.トゥルーリが雪辱に燃える

パナソニック・トヨタ・レーシングは今週末、チームの本拠地であるドイツ・ケルンから、僅か1時間ほどに位置するドイツ・ニュルブルクリンクで、F1第10戦ヨーロッパGPに臨む。
チームは、非常に残念な結果となった第9戦イギリスGPの後、地元のファンの期待に応えるためにも、ポイント獲得の決意と共にニュルブルクリンクへと向う。

前戦イギリスGPでは、ラルフ・シューマッハーは、予選で今季最高位となる6番手に付け“TF107”のポテンシャルを示したが、チームメイトのヤルノ・トゥルーリと共に、レースではリタイアを余儀なくされた。
高速コーナーが特徴の第8戦フランスGPと第9戦イギリスGPの後で行われる第10戦ヨーロッパGPは、再び中間的なダウンフォースを特徴とする。
今シーズンの殆どのレースと同様に、イギリスGPの後、ニュルブルクリンクでのレースに向けてチームは空力における小さな改善を行った。
去る7月13日に33歳の誕生日を迎えたヤルノ・トゥルーリは、チームのファクトリーを訪れ、チームがこの今週末に望んでいるポイント獲得に向けて、技術的なアドバイスを行った。

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ:カーナンバー12
「正直に言って、シルバーストーンでの週末は忘れてしまいたい結果だった。
“TF107”は速く、ラルフ・シューマッハーが予選で見せたパフォーマンスからも、ポイント獲得のチャンスは十分にあった。
しかし、私の“TF107”は全くグリップが得られず、残念ながらレースの大部分で大変滑りやすかった。
F1は多くの小さなことを積み重ねて行く必要があり、シルバーストーンでのデータを分析して、今週末、金曜日の公式練習開始時には、セットアップを改善しなくてはならない。
とはいえ、“TF107”はポテンシャルを秘めていると思っているし、チームの誰もが全力を尽くしているので、私は、この週末へ向け期待をしている。
F1で10年に渡ってニュルブルクリンクを走ってきたが、それだけではなく、以前はドイツF3を戦っていたこともあり、サーキットは熟知している。
ニュルブルクリンクではコーナーが非常に早いタイミングで連続するため、リズムを掴むことが重要だ。
われわれのチーム本拠地があるケルンから最も近いサーキットでの、ホームGPであり、チーム全員のためにも良い結果を得るべく全力で挑む」

ラルフ・シューマッハー:カーナンバー11
「ニュルブルクリンクは、チームにとっての地元サーキットというだけでなく、私が生まれ育った場所からとても近いサーキットでもある。
そのため、地元のファンからの多くの応援を受けられると共に、私にとっては、初めてフォーミュラ・ジュニアで勝利を挙げたサーキットであり、また、2003年にはニュルブルクリンクで行われたヨーロッパGPで勝利を飾ったなど、特別な想いのあるサーキットでもある。
この週末は、良い結果を望むと共に、残念な結果に終わった前戦イギリスGPの後、進化を遂げていることも確信している。
好材料としては、イギリスGPでは予選で6番手という好ポジションに付けることができたし、レース中のラップタイムも良かった。
このことは、われわれの“TF107”が確実な進化を遂げており、より上位のグリッドに付けられるということを示している。
チームはこの進化のために懸命な努力を続けており、私のホームGPの一つである、今週末のヨーロッパGPにおいて、ポイント圏内でのフィニッシュを果たせれば素晴らしいことだろう」

パスカル・バセロン:シャシー部門シニア・ゼネラル・マネージャー
「前戦イギリスGPでは、われわれのパフォーマンスレベルは決して悪いものではなく、今シーズン最高と言っても良かった。
確かに、われわれのパフォーマンスレベルから考えれば、決勝レースの結果は、残念なものとなってしまった。
同じレベルのパフォーマンスをニュルブルクリンクでも見せられることを期待している。
イギリスGPの行われたシルバーストーンは、タイヤの重要性と平均的なコーナーリングスピードにおいて特殊なサーキットであり、ニュルブルクリンクとは全く異なる特徴を持つ。
ニュルブルクリンクは中程度のダウンフォースを必要とし、ブレーキング時の安定性やタイヤの使い方等、全ての面で平均的なサーキットだ。
とはいえ、確かに平均的なコースではあるが、面白くないと言う意味ではない。
例えばシルバーストーンのように特殊なキャラクターを持っているというわけではないが、チャレンジングなコースだ。
ニュルブルクリンクでは、ホームGPということで、グランドスタンドに来てくれる多くのチーム関係者やファンからの声援とプレッシャーを実感でき、勇気付けられる。
今週末のわれわれの目標は、2人のドライバーが再びトップ6内で戦い、ポイントを獲得することだ」

|

« トロ・ロッソ、来季はボーデ&ベッテル体制か | トップページ | FIA評議会メンバー、「マクラーレンの処分は回避」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ ヨーロッパGP事前ニュース:

» Cuteな彼女 有岡ゆい 超巨乳中学生が、乳見せ、ケツ見せ、パンツを捲る過激DVD紹介【動画】 [Cuteな彼女「有岡ゆい」超巨乳女子中学生なあいつ【動画】]
着エロという部門はどこまでも走り続けるのか・・それとも蝋燭が消える前に見せる激しい炎なのか・・色々なワイドショー、雑誌に取り上げられ法律改正を求める声も高まっている。問題となるDVDを見ていただければ分かるが、最早これは年齢に関係なく性的な目で見るなというほうが難しい。Tバックは当たり前、バナナなど小道具を使った擬似フェラも当たり前・・「児童ポルノという法律が、児童を性の対象として見る」ことを禁止する法律�... [続きを読む]

受信: 2007/07/18 10:52

» トヨタ・ラルフ、ポイントフィニッシュを果たしたい [SkyF1 1982]
トヨタのラルフ・シューマッハは、地元ドイツでのホームGPで入賞という結果を望んでいます。また、トヨタにとっても本拠地のあるドイツで結果を残さなければなりません。 [続きを読む]

受信: 2007/07/18 11:29

» トヨタF1 [本質 トヨタMS]
トヨタF1 今期はまあまあの成績で・・・ 後半に期待したいモノです。 まずは、ヨ [続きを読む]

受信: 2007/07/18 11:30

» ??? ?????GP?????? [UniversalUpdate.com]
[続きを読む]

受信: 2007/07/18 11:49

» Trulli not expecting podiums in 2007 [F1とテレビとケータイと。]
Trulli not expecting podiums in 2007 [autosport.com] シーズン開幕前はトヨタ初優勝も口にしていたトゥルーリ、もう今年はポディウムさえないと予想。 「我々は現実的にならなければならないし、ポイントを獲得していくことが最も重要なことだと思っている。」 「F1ではどんなことでも起こりえる。予想していない時にポディウムフィニッシュするかもしれない。しかし、現実的に我々はそれを争えるほどのペースを持っていない。」 「我々は残されたポイントを獲得す... [続きを読む]

受信: 2007/07/18 13:46

» 今日の運勢・占い [当らないおっさん占い]
最悪の日はそれ以下に下がることはありません。だから最も悪と書くのです。あとは昇るだけ、人生は捨てたものじゃない。ヘラヘラと楽しく行きましょうよ。他の人は他の人、自分は自分、現実を素直に受け止めたら怖いものはない。... [続きを読む]

受信: 2007/07/18 17:16

» 競艇予想をしましょう [舟券に迷ったら]
三国は混戦、分からないよ、湯川が不気味自分の読みが一番だけど、時には人の意見も聞いてみよう [続きを読む]

受信: 2007/07/18 18:49

» f1 ヨーロッパgp [珠玉の情報スペシャル]
F1は今年でタイヤ戦争が終わりました。2007年からブリヂストンが単独サプライヤ... [続きを読む]

受信: 2007/07/22 23:27

» ヨーロッパGP [チャレンジネット]
Hondaドライバー、ヨーロッパGPへの反応は正反対カービュー現地時間(以下、現地時間)17日、チームのプレスリリースを通じ、Hondaの両レギュラードライバーが週末に控えたF1第10戦ヨーロッパGP(7月22日決勝)への心境を語った。ジェンソン・バトンは「好きなサーキットじゃ...... [続きを読む]

受信: 2007/07/23 02:35

» F1ニュース [F1ニュース]
ヨーロッパGP金曜フリー走行2回目ヨーロッパGP金曜フリー走行2回目が行なわれ、フェラーリのライコネンがトップタイムをマークした。 マクラーレンのハミルトンが2番手につけ、マッサが3番手につけた。 トヨタ勢が好調で、2台で5位と6位につけている。 トップから12番手まで..... [続きを読む]

受信: 2007/07/24 03:38

» トヨタF1 [本質 トヨタMS]
トヨタF1 今期はまあまあの成績で・・・ 後半に期待したいモノです。 まずは、ヨ [続きを読む]

受信: 2007/08/04 09:53

« トロ・ロッソ、来季はボーデ&ベッテル体制か | トップページ | FIA評議会メンバー、「マクラーレンの処分は回避」 »