« S・アグリ カナダGP決勝レースニュース | トップページ | カナダGP:決勝レース・タイヤ使用状況 »

2007/06/11

ブリヂストン カナダGP決勝レースニュース

Bridgestone Tyre (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
2007 年 F1 世界選手権 カナダGP 決勝

マクラーレンのルイス・ハミルトンがカナダGPでF1初優勝を果たし、ブリヂストン・モータースポーツは110回目のF1優勝を祝った。

今回はアクシデントが多発したレースで4回もセイフティ・カーが導入となったが、ハミルトンはミスのない完ぺきなパフォーマンスでF1初優勝を勝ち取った。
カタルーニャ・サーキットで開催されたMotoGPで、ブリヂストンタイヤを装着したケイシー・ストナーが今シーズン5回目の優勝を果たしたわずか数時間後の記念すべき勝利だった。

路面温度も高く、度重なるセイフティ・カーの導入でタイヤの空気圧が変化しつづけたものの、2種類のブリヂストン・ポテンザタイヤは両方ともその困難なコンディションに耐え、チームに様々な戦略の可能性を与えた。
3番手グリッドからスタートしたニック・ハイドフェルド(BMW ザウバー)は2位でフィニッシュ、アレックス・ブルツ(ウィリアムズ・トヨタ)は19番手からのスタートだったが、1ストップ戦略で最終スティントの40周をスーパーソフトで走り抜き、最終的には3位でフィニッシュした。
力強い走りでポジションを上げたヘイッキ・コヴァライネン(ルノー)が4位、フェラーリのキミ・ライコネンが5位。
スーパー・アグリの佐藤琢磨がレース終盤でフェルナンド・アロンソを抜き、6位入賞を果たした。
7位はアロンソ、そしてラルフ・シューマッハ(トヨタ)が8位でポイントを獲得した。
レースでは4回セイフティ・カーが導入となったが、レース集団の前を走るセイフティ・カーが装着したブリヂストン・ポテンザタイヤも完ぺきな性能を発揮した。
現在、48ポイントのハミルトンがドライバーズ・チャンピオンシップ1位、40ポイントの
アロンソが2位。

一方、コンストラクターズ・チャンピオンシップは88ポイントのマクラーレン・メルセデスが1位、2位は60ポイントのフェラーリだ。

次のアメリカGP が開催されるインディアナポリス・モーター・スピードウェイはインディ特有のバンクがある激しいコースだが、ブリヂストン・モータースポーツはソフト及びミディアム・コンパウンドのポテンザ・タイヤで戦いに挑む。

キース・ファン・デ・グリント ブリヂストン・モータースポーツ オペレーション・マネージャー
「ルイス・ハミルトンが完ぺきな走りで素晴らしい優勝を手にしました。
彼がポテンザ・タイヤをとても上手に扱っていたことは、彼の圧倒的なパフォーマンスに表れていました。
ニック・ハイドフェルドも素晴らしい戦いぶりでした。
今週、充分な練習走行が出来なかったアレックス・ブルツとヘイッキ・コヴァライネンのレースでの健闘ぶりも注目に値します。
数回のセイフティ・カーの導入で2つのコンパウンドの性能を正確に評価するのは難しいですが、私の印象としては、スーパーソフトの摩耗に手こずっていたチームもあったようですが、ソフトは安定した性能を発揮していました。
耐熱性や摩耗率には問題はありませんでした。
これは、スーパーソフトで40周を走り続けたブルツの例を見れば明らかです。
今日のリザルトには大変満足していますが、事故に遭ったロバート・クビサのその後が心配です。
今日は、本が一冊書けてしまうほどの沢山のドラマがあった1日でした」

提供:ブリヂストン・モータースポーツ

|

« S・アグリ カナダGP決勝レースニュース | トップページ | カナダGP:決勝レース・タイヤ使用状況 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/15392487

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン カナダGP決勝レースニュース:

» ブリヂストン カナダGP決勝 [F1ニュース・スーパーアグリ情報ブログ SPEED STAR F1]
2007 年 F1 世界選手権 カナダGP 決勝 マクラーレンのルイス・ハミルトンがカナダGPでF1初優勝を果たし、ブリヂストン・モータースポーツは110回目のF1優勝を祝った。 今回はアクシデントが多発したレースで4回も... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 10:15

» カナダGP決勝 [F1ニュース・スーパーアグリ情報ブログ SPEED STAR F1]
カナダGP決勝 大波乱となったが、安定した走りを見せたルイス・ハミルトンがF1初勝利となった。2位ハイドフェルド、3位ヴルツとなった。佐藤琢磨は今季2回目のポイントとなる6位3ポイントを獲得した。 全車がハードタ... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 10:18

» 2007 FIA Formula One World Championship 第6戦 Canadian Grand Prix レースレポート [F1とテレビとケータイと。]
2007 FIA Formula One World Championship 第6戦 Canadian Grand Prix レースレポート [BRIDGESTONE Motorsport] ワンメイクでも勝利は勝利、1つ1つカウントしていくのね。 来週のアメリカGP、「F1 GP NEWS」で言われてたように、「フェラーリはBSだったからインディアナポリスで速かった」のか「タイヤ関係なくフェラーリはインディアナポリスで速かったのか」がハッキリします。 でも、フェラーリのここのとこ... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 10:29

» 【RACE】 ブリヂストン カナダGP決勝レースニュース [F1情報サイト Red-5]
2007 年 F1 世界選手権 カナダGP 決勝 マクラーレンのルイス・ハミルトンがカナダGPでF1初優勝を果たし、 ブリヂストン・モータースポーツは110回目のF1優勝を祝った。 今回はアクシデントが多発したレースで4回もセイフティ・カーが 導入となったが、ハミルトンはミスのない完ぺきなパフォーマンスで F1初優勝を勝ち取った。 カタルーニャ・サーキットで開催されたMotoGPで、ブリヂストンタイヤを 装着したケイシー・ストナーが今シーズン5回目の優勝を果たした わずか数時... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 19:06

» 佐藤琢磨 2007年カナダGP [F1今昔]
カナダGPようやく見終えた。 やぁ北米戦はつらいな。次はアメリカGPか クビサの事故、びっくりした。 大破したマシンからでてこなかったので ホントとんでもない事がおきたのではないかと 気が気でなか... [続きを読む]

受信: 2007/06/12 02:20

« S・アグリ カナダGP決勝レースニュース | トップページ | カナダGP:決勝レース・タイヤ使用状況 »