« トヨタ サンマリノGP決勝レースニュース | トップページ | スーパー・アグリ サンマリノGP決勝レースニュース »

2006/04/24

ホンダ サンマリノGP決勝レースニュース

honda_f1_logo第4戦 サンマリノGP 決勝レース
「バトン、7位入賞」

4月23日・日曜日(決勝レース) 天候:晴天 気温:26〜29度

サンマリノGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは7位入賞。ルーベンス・バリチェロは10位完走だった。

Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開:
決勝当日も青空が広がり、午後2時の気温は27度。路面温度は43度まで上がった。
1周目、C・アルバース(MF1)が、井出有治のマシンと絡んでクラッシュし、セイフティカー導入となった。
3周目から再開され、バトンは2番手をキープ。
バリチェロはスタート直後の出遅れで、5番手。

14、15周目に、バリチェロ、バトンが相次いで最初のピットイン。
しかしバリチェロは給油に手間取り、大きくタイムロスし、順位を落とす。
ほぼ全員が1回目のピットインを終えた29周目、バトンはF・アロンソ(ルノー)に続き3番手。バリチェロは9番手。
そして次の周、バトンが2度目のピットインに入る。
ところが給油作業が完全に終わる前に発進してしまい、いったん止まって再発進。
これでバトンは、8番手に後退してしまう。

ゴールまで残り20周となった42周目は、バトンは7番手、バリチェロは13番手を走行。
終盤、バトンはG・フィジケラ(ルノー)に激しく追われるが、最後まで抑え切り、7位入賞を果たした。
バリチェロは、10位完走だった。

Jenson Button (C)Honda Racing
拡大します
■ジェンソン・バトン 7位
「今日は取れたはずの表彰台を逃してしまった。
マシンは速かったし、分析もできていたので、3位にはなれたはずだ。
1回目のピットストップでは右リアタイヤの装着に手間取り、2回目では燃料ホースが外れる前にロリポップが上がってしまったんだ。
そのために残念ながらクルーを巻き込んでしまった。
でも、このチーフメカニックは、これまで何百回も正しくロリポップを上げてくれているから、もう二度と同じことはないと思う。
幸い、誰も大きなけがをしなかったので、次のレースではまたみんな頑張ってくれるはずだ。
今日は残念な結果だったけど、ペースは良かったし、オーストラリアと比べたら、確実に前進している。
これまで何度も言っていることだけど、僕たちがするべきことは集中力を絶やさず、プッシュし続けることだ」

■ルーベンス・バリチェロ 10位
「とってもいい感じできていたので、今日の結果にはがっかりだよ。
スタートを失敗し、最初のピットストップでもタイムをロスしてしまった。
ノズルが壊れてしまい、違うものと交換しなければならなかった。
マシンのペースは問題なかったんだ。とりわけ1回目にピットインの前まではね。
でも、1回目のピットインの後は、非常に難しかった。
ペースが落ちたのはリアタイヤのロックが原因だったんだ。
ブレーキは徐々に良くなっていったんだけど、新品のリアタイヤがロックしていたんだ。
でもマシンのバランスは良くなっているので速くなってきていると思う。
僕たちは今抱えている問題に集中して解決することが必要だね。
もし今日、給油の際のミスがなければ、6位以内にフィニッシュすることができたと思う。
チームはとても一生懸命だし、タイヤを暖める課題については、改善されているし、2週間後のニュルブルクリンクではフレッシュな気持ちでスタートを切りたいね」

■ジル・ド・フェラン Honda Racing F1 Team スポーティングディレクター
「言うまでもなく、厳しい一日だった。
ピットストップで全てが狂ってしまった。
ルーベンスは最初のストップで燃料リグのトラブルがあった。
ジェンソンは2回目のストップでは燃料ノズルが刺さった状態で、発進の合図を早く出し過ぎてしまった。
誰にもけががなかったことは不幸中の幸いだ。
最終結果は残念だったが、ピットストップでこれほど問題が起きなければ、表彰台を目指して戦えたはずだ。
今週末はマシンの戦闘力が見られたし、とにかく前向きに次のニュルブルクリンクを目指すしかない」

■中本修平 Honda Racing F1 Team シニアアドバイザー
ホンダ・レーシング・ディベロップメント エンジニアリングディレクター
「全体的に残念なレースでした。
今週末はマシンも、自分たちも力を出し切ることができませんでした。
2週間後のニュルブルクリンクへ向けて、気持ちをもう一度集中し直します」

|

« トヨタ サンマリノGP決勝レースニュース | トップページ | スーパー・アグリ サンマリノGP決勝レースニュース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/14410589

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ サンマリノGP決勝レースニュース:

» アルバース、井出の接触について 「あまりにもリスクだ」 [スーパーアグリF1 応援ブログ]
ミッドランドF1のC・アルバースは,決勝スタート直後に井出有治に プッシュされ横転した大アクシデントについて 『みんなは,こんなアクシデントが起きることは予想できたハズだ。問題は, SAF1の両ドライバーが(F1レベルの)スピードがないことであり,ボク達も ...... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 05:28

» ★F1 topics 『サンマリノGP決勝結果 今回のレースはみなきゃダメ! 結果アリ』★ [  ]
凄かった。今回は序盤からチェッカーまで見応えタップリ 完璧な勝利のフェラーリとシューマッハ 「ものすごく嬉しいよ!  今日の結果で、これまでの頑張りが報われ、チームやパートナーなど、全員の努力が実った。 2回目のピットストップの後でリードを守ったのが、キーとなったね。去年のレースからも分かるように、 このサーキットでは、前のドライバーがミスをしない限りは、 オーバーテイクがほとんど不可能といっていい。 これまでの経験から、アロンソをずっと押さえておかなければならないのは分かっていた... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 06:39

» 第4戦 サンマリノGP [ホンダエンジン]
■ホンダ決勝リザルト またもや、ダメッぷりを発揮してしまった。 ■決勝結果 ■ホ... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 06:58

» ★サンマリノGP。早くも今シーズンが終わった気分だ。 [カーティス・チャン「在東京写広告詞的人」日記]
昨日のレースにはガッカリした。 もちろん、優勝争い自体はシューマッハーの完璧なドライビングのおかげで非常に手に汗握ったのだけど、何といってもガッカリなのはホンダ。この週末のシューマッハーは気合いの入り方が違っていたとはいえ、最初のピットインまでさえついて行けないというのは本当に情けない。そしてその後はピットの度に順位を下げて、最終的にはポイント圏ギリギリのフィニッシュ。 こんなレースばかり見せられるのは、もう... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 07:25

» 皇帝ミハエル復活!井出はピンチ? [tamusanの日常生活]
F1第4戦サン・マリノGP。優勝はシューマッハ、2位アロンソ、3位モントーヤ。 [続きを読む]

受信: 2006/04/24 08:23

» ホンダとトヨタの苦闘は続く・・・ [MATRIX竏窒V]
 F1レースで勝つための条件は、複雑で多岐にわたっている。その条件をすべて満たさないと勝利は転がり込んでこない。マシンとエンジンの設計、パーツの信頼性、ドライバーの腕とタフさ、チームスタッフの熟練と行動力、作戦や指揮能力を持つ首脳陣、これらのすべてを蓄...... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 09:36

» サンマリノGPを振り返る [Hyperionの奇妙なブログ]
シューマッハ勝ちましたねぇ。 アロンソの追撃をしのぎきっての勝利なのでとりあえず価値はあると思います。 終始テールトゥーノーズの争いでした。 アロンソから再三プレッシャーをうけながらもしのぎきったレース振りから、まさに... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 10:26

» サンマリノGPを振り返る [Hyperionの奇妙なブログ]
シューマッハ勝ちましたねぇ。 アロンソの追撃をしのぎきっての勝利なのでとりあえず価値はあると思います。 終始テールトゥーノーズの争いでした。 アロンソから再三プレッシャーをうけながらもしのぎきったレース振りから、まさに... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 10:27

» サンマリノGP 決勝 [beatnicの密かな憂鬱]
決勝結果 ・ ファステストラップ ・ ピットストップ レポート: 「F1Racing.net」 ・ 「ホンダ決勝レポート」 ミハエル、久々のPoletoWin!これで続投決定か? しかし、アロンソ+ルノーはやはり強い。 今後の展開を考えると、今年も彼がチャンピオンの最有力候補だろう。 ..... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 13:02

» 永らくのごぶさたでした [グリーンマークス・スポーツ日記]
ここのところ、公私ともに多忙が続き全く書き込みが出来ない状況が続いていたのですが、久々の復活書き込みです。昨日の、サンマリノ結構レースとしては楽しめましたがホンダは、相変わらず、ピットワークで最下層の働きですね、チーム戦略も無難なところで済ましちゃって...... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 16:52

» サンマリノGP (2006 R4) [UKYOのつぶやき]
皆様 御機嫌如何でしょうか? 三十路をむかえて 育ちざかり(横に)の UKYOでございます。 、、、、 、、、 さてさて! 新旧チャンピオンの レース半分にわたる一騎うち! 勿論、 皆様も堪能されたことと思います! 、、、 抜きにくい アウトドローモ・エンツォ・ エ・ディノ・フェラーリ ペースの上がらないミハエルに ひっかかるカタチになったアロンソ... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 19:44

» サンマリノGP終了。。。 [マイティ☆ブロッグ♪]
サンマリノGPが終了。研修先でなんとか観戦できました♪マレーシア・オーストラリアGPが観戦できなかったので嬉しい限りです。。。シューマッハ、ポール・トゥ・ウィン!!おめでとう!アロンソを押さえきったのはさすがです。サーキットの性格をうまく利用した、フェラーリなら... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 20:33

» 画面に [F1 2006]
33周 ミハエルvsアロンソのバトル に 見入っていました… どうして多くの人た [続きを読む]

受信: 2006/04/24 20:40

» ホンダF1 サンマリノGP決勝 [スーパーアグリF1&ホンダF1ニュース]
ホンダレーシングF1チームのジェンソン バトンとルーベンス バリチェロは、ピットストップでの問題がクルマのレーススピードの進歩を隠してしまう中で、今日のサンマリノGPをそれぞれ7位と10位でフィニッシュした。 グリッドの1列目と2列目からスタートした2人は、..... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 22:58

» F1サン・マリノGP in 2006 [gromit気まま日記]
昨日は8:30P.M.前に帰宅したからマジ多忙でした; 映画も見ながらNetしてたし。。。 今日は東京24℃て言ってたけど、うそだね。。。夏じゃないすよ。 今日は仕事が気持ち的にはかどらなかった。。。でも残業したよ;理由は明確でR。そりはね、昨日のF1ぐわぁ!HONDAのバカ×3回ぐらい見てて言った。今回は日本語だった。 今日はJensonはOffの予定が返上し、UKのFactoryへ。。。涙が出ちゃた。。。本人が行くって。。。 予選はほんとにいいのよHONDAは!!!予選はね... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 23:45

» 2006年第4戦サンマリノグランプリ [徒然なるままに]
「円熟味」 サンマリノグランプリで優勝したミハエル・シューマッハの走りを形容するなら、まさにこの言葉がピッタリではないだろうか。 フェルナンド・アロンソのハードプッシュを約30周において凌ぎきり、最後はミスまで誘ったシューマッハの巧みな走りは、ベテランらしさを存分に発揮して見ごたえがあった。 3位にはマクラーレンのモントーヤが今期初表彰台を獲得。 実は「常勝街道爆進中」の頃のシューマッハは、フェラーリの緻密な組織プレーの相乗効果から、「計算ずくで勝つ」イメージが強すぎて、どうも好きになれな... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 00:34

« トヨタ サンマリノGP決勝レースニュース | トップページ | スーパー・アグリ サンマリノGP決勝レースニュース »