2015/01/25

「魅力欠いたF1」に、各方面から改革案

サーキット観客数やテレビ視聴者の減少など、F1人気が低下していることが指摘されている。
F1の商業面を司るFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)も、新規開催を誘致する一方で伝統ある古来のグランプリが消滅する方向であることに憂慮を示している。

1993 South Africa GP (C)Williams F1
拡大します
そうした先陣を切ったのはかつてフェラーリやマクラーレンで3度のF1チャンピオンに輝いたニキ・ラウダ氏(65歳:オーストリア)。
同氏は「F1というのはモータースポーツの頂点。
常にモーターレーシングの世界で最も速い筈のもの。
そこには他のどんなシリーズにも負けない迫力や、魅力があるものでなくてはならないよ。
ところがいまのF1には全然そうした魅力がみられない。
かつて幅広タイヤを装着し、1,000馬力以上のパワーを誇ったあの姿を観客は望んでいるんだ」と、その主張を繰り広げた。

これには現在フェラーリ・チームを率いるマウリツィオ・アリバベーネ代表も賛同する。
この57歳になるイタリア人は、「F1がモータースポーツの頂点というならば、それにふさわしいスペクタクルが必須だが、今のF1にはそうした魅力が感じられない。
このままではF1はファンは減り、スポンサーは離れ、そして自動車メーカーも去って行く。
冗談ではなく、そうした傾向はすでに表れつつあるんだ」と、警告。
フェラーリに加わる前はF1スポンサーである『フィリップモリス社』に在籍。
FIA(国際自動車連盟)のF1委員会ではスポンサーの立場から参画してきた同氏の意見だけに重みがある。

| | トラックバック (0)

ニュルブルクリンク、ドイツGP開催継続に働き掛け

Nurburgring Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
財政不安に陥っているとされるニュルブルクリンクだが、それでも今年のドイツGPを実現すべくFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との交渉を依然継続していることがわかった。

これはドイツの『SID通信社』が報じたもので、目下サーキット責任者とFOMのバーニー・エクレストン代表との間で話し合いが行われているというが、先行きは明確でないという。

2009年からホッケンハイムとニュルブルクリンクとの間で交互開催となっているドイツGPは、今年ニュルブルクリンクの番だが、すでにエクレストン氏はホッケンハイムでの開催を示唆しているもの。
かつてヨーロッパGPも含め1国2グランプリを開催していたドイツだが、近年のF1人気低下に伴い観客数は減少の一途を辿っている。

| | トラックバック (0)

バーニー・エクレストン氏、ホンダ開発許可への関与認める

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
フェラーリ・チームらが見つけ出したとされるF1レギュレーションの「穴」により、昨季から新しいエンジン規則で参戦したメルセデス、フェラーリ、そしてルノーの3社だけがシーズン中にも開発ができるという事態は、その後新規参戦のホンダにもそのチャンスを与えるということで一応の結着をみたが、その裏にはあの人の影響力があったと伝えられている。

これを伝えたのはロシアのメディアで、それによればホンダへの配慮はFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表でF1に強い影響力を持つバーニー・エクレストン氏がFIA(国際自動車連盟)に働き掛けた結果なのだという。

当初、今年から新規参戦するホンダだけが2月末にホモロゲーションを受け、その後は開発が出来ないと解釈されていたもの。
これについてエクレストン氏は、「こうしたやり方をしていてはF1への新たな参入の障害になるだけ」と批判的だったという。

| | トラックバック (0)

2015/01/24

フェラーリ・チームも新型車シェイクダウンはベッテル

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
マクラーレン・チームに続き、同じくエースドライバーに変更のあったフェラーリ・チームでも2015年新型車の初シェイクダウンは移籍加入の「新顔」に託すことがわかった。

これはドイツの専門誌『スポルト・ビルド』が報じたもので、それによればフェラーリ・チームは2015年の新型車の初テストとなるヘレス合同テスト初日、レッドブル・レーシングから移籍したセバスチャン・ベッテル(27歳:ドイツ)にそのステアリングを託すことを決めたとのこと。
それによれば4日間のテストのうち前半の初日と2日目をベッテルが担当、後半の3日目と最終日を僚友キミ・ライコネン(35歳:フィンランド)が担当する予定という。

マイナートラブルが付きものの新型車シェイクダウンでは、これまでテストドライバーに任せることが多かったが、近年は最初からエースドライバーに任せるケースが多くなっている。

| | トラックバック (0)

ハースF1チーム、ダラーラ社と共にマシン開発開始

Indy Car (C)IRL Media
拡大します
2016年シーズン、F1新規参戦を予定しているハースF1チームだが、いよいよそのマシン(シャシー)の開発をスタートさせたことがわかった。

これはイタリアのモータースポーツ・サイト『オムニ・コルセ』が報じたもの。
それによればハースF1は実績ある著名レーシングカー・コンストラクター『ダラーラ社』に協力を依頼、すでに同社の本拠地であるイタリア国内で開発をスタートさせたのだという。

ハースF1のマシンはすでにフェラーリ製のパワーユニットを搭載することが決まっているが、かつてF1に実績を持つダラーラにとっても現在のF1レギュレーションは経験のない世界。
これまで培った実績がどこまで活かせるか注目だ。

同社製のレーシングカーはGP2やインディカー、ワールドシリーズbyルノー等でシェアを席巻、F3では各国でほぼ寡占状態にあるほど信頼を勝ち得ている。
なおインディカーの関係で米国インディアナポリスにも拠点を持っているのは同じ米国のハースF1にとっても心強いことだろう。

| | トラックバック (0)

ピレリ首脳、今シーズン大幅なタイムアップを想定

Paul Hembery (C)Pirelli Motorsport
拡大します
近く始まるヘレス合同テストを前に、今シーズンもF1にタイヤを独占供給するピレリタイヤでは大幅なタイムアップを想定していることを明らかにした。

これは同陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターがイギリスの専門誌『オートスポーツ』に語ったもの。
その中で同氏は「昨年はコンサバな方針でF1タイヤを開発供給したが、今シーズンは基本的にアグレッシブな方向で進めることに変更する。
これにより大幅なタイムアップが図られるのは確実で、それはシーズン前テストの段階から明確に現れるだろう。
シーズンが始まれば、サーキットによってはおそらく1周で2-3秒は短縮されるのではないか」と、語っている。

2014年のレギュレーション変更では全体にスピード低下となったことが指摘されるが、1年でこれは改善されるかも知れない。

| | トラックバック (0)

2015/01/23

復活マクラーレン・ホンダ、シェイクダウンはアロンソに

McLaren Honda『MP4-29H』(C)McLaren Group
拡大します
2015年、実に23年ぶりの復活となるマクラーレン・ホンダだが、その初シェイクダウンとなる2月1日(日)ヘレス合同テストでの『MP4-30』のステアリングは移籍したばかりのフェルナンド・アロンソ(33歳:スペイン)の手に託されることがわかった。

同チームによれば、1日から4日間に渡る日程のうち、初日と3日目をアロンソが、また2日目と最終日を今季のチームメイトであるジェンソン・バトンが行うということだ。

すでにマクラーレン・チーム在籍5年目、また2003年から2008年まで過去6シーズンに渡ってホンダ・エンジンをドライブするなどいずれにも豊富な経験を持つバトンだが、チームはどうやらアロンソのほうに主眼を置いているようだ。

なお昨年のレースドライバーだったケビン・マグヌッセンはテスト&リザーブドライバーとして再契約を結んでいるが、今回のテストでは残念ながら出番はないとみられる。

| | トラックバック (0)

トト・ウォルフ氏(メルセデス)、足の怪我で「戦線離脱」

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターが、膝の骨を折る重傷に遭い、チャンピオン・チームの2015年スタートに立ち会えない事態に陥る見込みであることがわかった。

ウォルフ氏の母国であるオーストリアの『ザルツブルガー・ナハリヒテン』紙が報じたところによれば、同氏はプライベートで体力トレーニングをしている際に転倒、膝蓋骨を折る重傷に見舞われたという。
当然のこと歩行には支障があり、2月1日(日)から始まるシーズン前最初のテスト(ヘレス・サーキット)に立ち会えるかは不明とのことだ。

なお同氏は昨年の夏にもサイクリングでトレーニング中に転倒し,腕を骨折したニュースが話題になった経緯がある。

| | トラックバック (0)

ケータハム消滅も、マルシアは生き残りか

 Marussia F1 Logo (C)Marussia F1 Team

すでに2015年の新型車発表が始まる中、チーム消滅の危機が伝えられるケータハムF1とマルシアF1の両チームについては依然として展望が見えないままだ。
ただマルシアF1の存続について、イギリスの『スカイスポーツ』がその可能性を示して注目を集めている。

これは、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表でF1チームの参戦に大きな影響力を持つバーニー・エクレストン氏の言葉として、「もし存続があるとすれば、ケータハムはともかくマルシアにはまだその可能性がある」との見解を紹介したもの。

なおFIA(国際自動車連盟)の2015年のエントリーリストでは同チームは「マノー」の名称で掲載されている。
(マルシアの前身はヴァージン・レーシングだが、当初はマノー・グランプリを称していた)
また同チームの資産については2016年に新規参戦予定のハースF1チームが買収に意欲をみせているとも伝えられている。

| | トラックバック (0)

2015/01/22

フォース・インディア、新型車発表も走行は先送り

Force India VJM08 (C)Sahara Force India F1
拡大します
21日(水)、2015年新型車『VJM08』の発表をメキシコ国内で行ったフォース・インディア・チームだが、シーズン前最初のテストとなる2月第1週のヘレス合同テストには、このクルマを持ち込まないことがわかった。

それによれば最初のテストでは2014年仕様の『VJM07』を使用、シーズン前2回目のテストとなる2月19日(木)からのバルセロナ合同テストで新型車『VJM08』は投入になるとのことだ。

なお2015年同チームのレースドライバーは共に2年目となるニコ・ヒュルケンバーグ&セルジオ・ペレスという組み合わせになる。

| | トラックバック (0)

フォース・インディア、2015年新型車『VJM08』発表

Force India Mercedes VJM08 (C)Sahara Force India F1
拡大します

21日(水)、サハラ・フォース・インディア・チームは2015年シーズンを戦う新型車『VJM08』の発表を主要スポンサーの母国であるメキシコ国内で行った。

当初、この日のお披露目はカラーリングのみと伝えられていたが、実際には新型車が会場に持ち込まれ、注目を集めている。

こちらのマシンも2月1日(日)からスタートするヘレス合同テストで初の実走行ということになる。

『VJM08』の画像はこちら

| | トラックバック (0)

ウィリアムズ・チーム、2015年新型車『FW37』の画像公開

Williams Mercedes FW37 (C)Williams F1
拡大します

21日(水)、ウィリアムズ・チームは2015年シーズンを戦う新型車『FW37』のスタジオ画像を初公開した。

全体のカラーリングはメインスポンサーの「マルティニ」のコーポレイテッドカラーを踏襲していて昨年と変わらないが、フロントノーズなどのデザインはより鋭角的で戦闘的なイメージのものとなっている。

昨年大幅に戦闘力を増したウィリアムズ・メルセデスの『FW37』は2月1日(日)からスタートするヘレス合同テストで実車がお披露目される。

『FW37』の画像はこちら

| | トラックバック (0)

フェラーリ・チーム、本拠地を英国に移転?

Ferrari Factory Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
イタリアを代表するフェラーリ・チームだが、F1チームの本拠地をイギリス国内に移すのでは、という噂がまたぞろ持ち上がっているようだ。

モーターレーシングといえばその発祥からイギリスが本場とされていて、今でもレーシングチームだけでなく関連する企業の充実ぶりは他を圧倒する状況が続いている。

F1チームもその例外ではなく、現在イギリスを本拠とするのはレッドブル・レーシング(ミルトンキーンズ)、マクラーレン(ウォーキング)、メルセデスAMG(ブラックリー)、ロータス(エンストン)、ウィリアムズ(グローブ)、マルシア(シェフィールド)、ケータハム(リーフィールド)と枚挙に暇ない。
一方、イギリス以外となるとフェラーリ(イタリア・マラネロ)やトロ・ロッソ(イタリア・ファエンツァ)、そしてザウバー(スイス・ヒンヴィル)ら少数派に過ぎない。

ただ、これについてフィアット/フェラーリ・グループの新代表であるセルジオ・マルキオンネ社長は「フェラーリはイタリアそのもの。イギリスに本拠地を動かすことなどあり得ない」と、明確に否定しているという。

| | トラックバック (0)

2015/01/21

マクラーレン・グループ、『CNN』とパートナーシップ契約

McLaren & CNN (C)McLaren Group
拡大します
2015年シーズンを前に、マクラーレン・グループは国際的なニュース専門放送局であるアメリカの『CNN』とパートナーシップ契約を結んだことを明らかにした。
契約期間は明確にされていないが複数年とされている。

これによりCNNのロゴがマクラーレン・ホンダ『MP4-30』(仮称)フロントウィングのエンドプレートに掲出されることになるという。
2015年期待の『MP4-30』は1月29日(木)に同グループのテクノロジー・センターで行われ、インターネットで世界に発信される予定。

なおこのところタイトル・スポンサーなしで戦っているマクラーレン・チームだが、これについてはまだ発表はない。

| | トラックバック (0)

日本GP(鈴鹿)もスタート時刻繰り上げへ

FIA(国際自動車連盟)事故調査委員会の勧告により今シーズンは複数のグランプリで決勝レースのスタート時刻が早められることがわかった。

スタートが早められるのは、オーストラリア、マレーシア、中国、日本、そしてロシアの計5グランプリ。
(昨年の日本GPは15時スタート)
いずれもヨーロッパからは「隔絶の地」になるが、とりわけ日本GPは厳しい状況下にあることがあらためて露呈した様相だ。

【2015年F1スタート時刻】(1/20)

No. 日程 グランプリ スタート時刻 英国時間
1 03月15日 オーストラリアGP 16:00* 05:00*
2 03月29日 マレーシアGP 15:00* 08:00*
3 04月12日 中国GP 14:00* 07:00*
4 04月19日 バーレーンGP 18:00 16:00
5 05月10日 スペインGP 14:00 13:00
6 05月24日 モナコGP 14:00 13:00
7 06月07日 カナダGP 14:00 19:00
8 06月21日 オーストリアGP 14:00 13:00
9 07月05日 イギリスGP 13:00 13:00
10 07月19日 ドイツGP 14:00 13:00
11 07月26日 ハンガリーGP 14:00 13:00
12 08月23日 ベルギーGP 14:00 13:00
13 09月06日 イタリアGP 14:00 13:00
14 09月20日 シンガポールGP 20:00 13:00
15 09月27日 日本GP 14:00* 06:00*
16 10月11日 ロシアGP 14:00* 12:00*
17 10月25日 US-GP 14:00 19:00
18 11月01日 メキシコGP 13:00 19:00
19 11月15日 ブラジルGP 14:00 16:00
20 11月29日 アブダビGP 17:00 13:00

・* 印が今年変更されたグランプリ
・英国時間とヨーロッパ主要国とは1時間の時差

| | トラックバック (0)

トロ・ロッソの2015年新型車発表は1月31日(土)に

スクーデリア・トロ・ロッソは、2015年の新型車『STR10』(仮称)の発表をシーズン前最初のテストであるヘレス合同テスト前日の1月31日(土)に行う方針を明らかにした。
場所も合同テストの開催地であるヘレス・サーキットになるとのこと。

またヘレス・サーキットでの4日間に渡るテストのうち、初日と3日目がカルロス・サインツ・ジュニア(20歳:スペイン)、2日目と4日目をマックス・フェルスタッペン(17歳:オランダ)が担当することも合わせて明らかにした。

他チームも含めた新型車発表予定は以下の通り。

【2015年新型車発表予定】

日時 チーム 発表場所(予想)
1月21日(水) フォース・インディア* メキシコ国内
1月29日(木) マクラーレン テクノロジー・センター
1月30日(金) フェラーリ オンライン
1月31日(土) トロ・ロッソ ヘレス・サーキット
2月01日(日) メルセデスAMG ヘレス・サーキット

* カラーリングのみ

| | トラックバック (0)

FIA、スーパーライセンス柔軟対応の姿勢みせる

Schumacher Flag (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FIA(国際自動車連盟)が先に明らかにした新しいスーパーライセンスの発給規定には、ポイント対象シリーズ等の不満が複数示されているが、それ以外に個々のケースの場合についても疑問が投げ掛けられている。

例えば今回の条件を当てはめると、7回のチャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハですら2010年のF1復帰の際にはその前3年間ブランクがあり、スーパーライセンスが取得できないことから復帰が実現しなかったことになるからだ。

しかしこうした疑問についてFIAは、「発給については現在よりも厳格化されるが、しかし場合によっては特例を認めることも当然考えている。
シューマッハのようなケースではもちろんスーパーライセンスは発給されることになる筈だ」と、柔軟な対応の用意があることを示している。

FIAが示した案では、過去3年間の活動について一定以上のポイント獲得を要求している。

| | トラックバック (0)

2015/01/20

マルシアF1チーム、「最後の抵抗」も復帰参戦は困難か

Marussia Ferrari 『MR03』 (C)Marussia F1 Team
拡大します
チームの財政破綻により今シーズンの参戦が危ぶまれているマルシアF1チームだが、今週予定される「最後のオークション」を前に、それでも復活への期待を持ち続けている。
昨季中に行き詰まった同チームはすでに破産管財人の管理下にあるが、債務者への支払いのためこれまで数次に渡ってオークションを行い、わずかな資金を捻出している状況。

そうした中でも現在同チームの責任者であるグレーム・ロードン/前スポーティング・ディレクターは、「オークションによってチームの資材は失われたが、まだF1復帰に不可欠となる重要なものについては売却していない。
なぜならそれがわれわれの最後の財産だからだ。
しかし今週のオークションではそれすらも危うい状況。
もしもこれまで失われてしまえば、われわれが2015年開幕戦のスターティンググリッドにいるのは難しくなるかも知れない……」と、悲観的な声も。

FIA(国際自動車連盟)に提出された2015年のエントリーリストでは、同チームは「マノー」の名前で登録されている。

| | トラックバック (0)

メルセデスAMGの新型車発表はヘレス合同テスト初日に

昨季のチャンピオン・チームであるメルセデスAMGチームは、2015年の新型車『W06』(仮称)の発表をシーズン前最初のテストであるヘレス合同テスト初日の2月1日(日)に行う方針を明らかにした。
場所も合同テストの開催地であるヘレス・サーキットになるという。

また4日(水)まで4日間に渡るテストのうち、初日と3日目がニコ・ロズベルグ、2日目と4日目をルイス・ハミルトンが担当することも合わせて明らかにした。

他チームも含めた新型車発表予定は以下の通り。

【2015年新型車発表予定】

日時 チーム 発表場所(予想)
1月21日(水) フォース・インディア* メキシコ国内
1月29日(木) マクラーレン テクノロジー・センター
1月30日(金) フェラーリ オンライン
2月01日(日) メルセデスAMG ヘレス・サーキット

* カラーリングのみ

| | トラックバック (0)

FIA、異議多数でスーパーライセンス規定見直しも

F1 Superlicense
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は先に示したF1スーパーライセンスの新たな発給規定について、各方面から異議が唱えられていることを踏まえ、止むなく一部見直しに着手するようだ。
これはイギリスの専門誌『オートスポーツ』らが伝えたもので、それによればとりわけ他のシリーズでの獲得ポイント・システムに不満が集中しているためという。

これについてはすでに「フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ」について、長年この分野を育ててきたと自負するルノー・スポールからポイントが低すぎるとの異議が示されているが、その後もツーリングカー・レースのDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)が対象になっていないことについて不満が聞かれている。

フォーミュラ・ルノー卒業生としてはロバート・クビサやセバスチャン・ベッテル、ダニエル・リカルドケビン・マグヌッセンら多くのF1ドライバーが。
またDTMもジャン・アレジやミカ・ハッキネン、ラルフ・シューマッハにデビッド・クルサードら元F1ドライバーが目白押しのツーリングカー最高峰として知られている。

| | トラックバック (0)

«マルシアF1、チーム消滅のタイムリミット迫る