2015/03/05

ピレリ、2015年シーズン開幕4戦のタイヤ選択を発表

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2015年3月4日、ミラノ
ピレリは、2015年シーズンの開幕4戦となる、オーストラリア、マレーシア、中国、バーレーングランプリ用のタイヤ選択を発表しました。

第1戦のオーストラリアでは、P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトが使用されます。この組み合わせは、メルボルンの半常設サーキット、アルバートパークの様々な厳しさと天候状況に適応します。

第2戦が行われるマレーシアのセパン・サーキットでは、粗い路面と高い気温に対応するために、P Zeroオレンジ・ハードとP Zeroホワイト・ミディアムが最適の組み合わせとなります。

第3戦の中国では、P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトが登場します。この組み合わせは、厳しいコースレイアウトによって比較的高まるデグラデーションへの最適の選択で、接戦と数多くの戦略を導きます。

第4戦のバーレーンでもP Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトが使用されます。リアタイヤが酷使される変化に富んだサーキットで行われるバーレーングランプリは、夕方からスタートして夜間にゴールを迎えます。このため、レースの進行とともに気温と路面温度が下降していきます。

P Zeroタイヤは全て、負荷と熱をより均等に分散させる新しいリアのタイヤ構造を持つ2014年の進化型となっていますが、開幕4戦のタイヤ選択は、昨年と同様です。

1

ピレリジャパン・プレスリリース

| | トラックバック (0)

マノーF1チーム(旧マルシアF1)、開幕戦参加を明言

『OVO』 logo

旧マルシアF1チームの流れを汲み、2015年シーズンから新規参戦する姿勢をみせていたマノーF1チームが、これまでの噂を翻し3月15日(日)決勝の今季開幕戦オーストラリアGPから参戦することを明言した。

それによればこれまでベールに隠されていた新オーナーがイギリスの実業家スティーブン・フィッツパトリック氏であること。
またマシンは2015年のレギュレーションに合わせた暫定型のもので、数日中のうちにFIA(国際自動車連盟)によるクラッシュテストを受ける予定であること。
そして今シーズンのなるべく早い時期に完全な2015年型マシンを完成させ投入するとしている。

なおスティーブン・フィッツパトリック氏の会社は『OVOエナジー』というもので、イギリスの電気・ガス供給会社であるという。

| | トラックバック (0)

アルヌー氏、アロンソ感電の可能性示唆

Renault 『RS11』&『R25』 (C)Renault F1 UK
拡大します
シーズン開幕の3週間も前に起きた「わずかなアクシデント」により、新チームでの重要な初戦を欠場するという驚きのニュースとなったフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)だが、これまでのチームの説明に納得していない向きは相変わらず多いようだ。

チームは事故原因について「突風のため」とし、またアロンソの容態については「一時的に脳震盪を起こした」と説明しているが、これに元ルノーの先輩F1ドライバーでもあるルネ・アルヌー氏(66歳)は、次のように否定している。

これはこのほど開幕した『ジュネーブ・モーターショー』の会場で述べたもの。
そこで7回の優勝経験を持つフランスの先駆者は、「アロンソの医師団が開幕戦を欠場するよう勧告したのは正しいことなんだろう。
なぜなら私はアロンソが今回の事故を起こす前に身体的な異常を抱えていたと確信しているからだ。
クラッシュしたのは横方向のもので、これでは彼が背中に受けたというダメージの説明はつかないからね」と、意味深なコメント。

他チームの間では、走行中にパワーユニットから漏電が発生し、これによりアロンソが感電して一瞬意識を失ったという説が有力だ。
なお感電トラブルは1年前に多くのチームがすでに体験したもので、一部ではガレージ内でも発生したと報告されている。

| | トラックバック (0)

ピレリ、開幕4戦のタイヤスペックを発表

Pirelli Tyre Colloring (C)Pirelli Motorsport
拡大します

ピレリは2015年シーズン開幕後の4戦について、使用するタイヤコンパウンドを発表した。
それによれば第2戦のマレーシアGPにミディアム/ハードで臨む以外は3戦すべてソフト/ミディアムのコンビネーションになるということだ。

Rd. グランプリ Sソフト ソフト ミディアム ハード
第 1戦 オーストラリアGP    
第 2戦 マレーシアGP    
第 3戦 中国GP    
第 4戦 バーレーンGP    

| | トラックバック (0)

スージー(ウィリアムズ)、スペイン&イギリスのフリー出走へ

Susie Wolff (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームは、今季同チームのテストドライバーに就いたスージー・ウォルフ(31歳:イギリス)を二つのグランプリでフリー走行セッションに起用することを明らかにした。

それによればスージーが担当するのは5月8日のスペインGPと7月3日のイギリスGPのそれぞれ金曜日午前のフリー走行1回目セッション。
同嬢はすでに先のバルセロナ合同テストで2015年仕様の『FW37』をドライブした経験がある。

冬の間にフィジカル・トレーニングで身体を鍛えてきたというスージーは、「準備はできている。シーズンに入ってマシンがどれだけ進化したか確認するのを楽しみたい」と、意欲をみせているという。

| | トラックバック (0)

2015/03/04

ホンダ首脳、それでも「準備はできている」

新井康久(ホンダ)(C)Honda Racing
拡大します
ヘレスとバルセロナの両サーキットで、合計121日間に渡って行われたシーズン前テストだったが、トラブルが相次いだマクラーレン・ホンダの走行はトータルでわずか380周に留まった。
最後の4日間だけでもメルセデス・エンジン搭載チームが計1,500ラップ近くを走破したのに比べ、ホンダの200周足らずというのはいかにも心許ない数字。
しかしそれでもホンダF1のプロジェクト総責任者である新井康久氏/専務執行役員は、「開幕戦への準備は整っている」と、強調した。

「周辺のトラブルはあったものの、われわれのパワーユニットは基本的にすべてうまく機能している。
いくつかのハードウェアやソフトウェアについてもすでに修正を施したし、システムの構成には元々自信がある。
ただ1年前にスタートした他の陣営に比べればわれわれにはハンディキャップがあり、それがどの程度のものかはシーズンが始まってみないとわからない。
いまはただ開幕を楽しみにしているということ」

しかしテスト期間中、一度もレース・ディスタンスを走破していないのは気掛かりだ。
また心配されるアロンソの開幕戦欠場については「チームが判断すること」として直接触れることはなかった。

| | トラックバック (0)

B.エクレストン氏、弱小チームに賞金前払いの措置

Image (C)Williams F1
拡大します
プライベートチームの多くに深刻な財政難が伝えられる中、F1の商業面を司るFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)は一部チームに賞金の前払いという形で参戦への支援を行うことを明らかにした。

これはバーニー・エクレストン代表が語ったもので、それによれば対象となるのはフォース・インディア、ロータス、そしてザウバーの3チーム。
これらのチームには、開幕までにそれぞれ650万ポンド(約12億円)という大金を支払い、メルボルンのグリッドに着くことを確約させるというもの。

実際これを受けフォース・インディア・チームのボブ・ファーンリー/副代表は、「正直言って今の時期にこの収入はたいへんありがたい。
これにより開幕戦に向けての準備が整うことだろう」と、エクレストン氏の「配慮」に歓迎の意を表している。

| | トラックバック (0)

F1固定カーナンバー、2年で失効に

Carnumber 1 (C)Redbull Racing
拡大します
F1は2014年から固定カーナンバー制度を導入、これまでのようにチーム毎ではなくドライバーごとに登録された固定ナンバーを使用することになっている。
しかしF1を離脱したドライバーのケースについてはこれまで明確にされていなかった。

これについてこのほどFIA(国際自動車連盟)が言及。
F1を離脱、もしくは引退したドライバーの場合、2年連続F1から離れていた場合に登録されたナンバーが失効するとのことだ。

なお前年のチャンピオンはこれまで通りカーナンバー1を付ける権利があるが、自分自身のナンバーも選択できることになっていて、実際2014年チャンピオンであるルイス・ハミルトン(メルセデス)は今シーズンも引き続きカーナンバー44を付ける見通しになっている。

| | トラックバック (0)

マクラーレン、アロンソの開幕戦欠場を正式発表

Fernando Alonso
3日(火)、マクラーレン・チームは先のバルセロナ合同テストでクラッシュ・負傷したフェルナンド・アロンソ(33歳:スペイン)について、来たる3月13日(金)に開幕する今季初戦のオーストラリアGPを欠場することを正式発表した。

本人自身、また同チームもこれまで再三身体に問題がないことを強調、今回もなお体調が万全であるとした一方で、一時的にせよクラッシュの際脳震盪を起こしたため医師団のアドバイスにより大事を取った医療措置であると説明している。

これにより開幕戦オーストラリアGPではいきなりリザーブドライバーであるケビン・マグヌッセン(マクラーレン)が務めることになる。
なおマグヌッセンが開幕までに新型車をドライブしたのはたった1日だけだ。

| | トラックバック (0)

2015/03/03

マルドナド(ロータス)の事故はブレーキトラブル

Pastor Maldonado (C)Lotus F1 Team
拡大します
先に行われたバルセロナ合同テスト最終日、午後のセッション序盤にロータス・チームのパストール・マルドナドが4コーナーでコースアウト・クラッシュするシーンを演じた。

これについて解析した同チームでは事故の原因が『E23』のブレーキトラブルにあったと報告した。
同チームのニック・チェスター/テクニカル・ディレクターは、「事故は4コーナー入口で十分な減速ができなかったことによるが、その事故原因について調査した結果、マシンのブレーキトラブルがその理由であることがわかった。
つまり原因はマルドナドのエラーにあるものではなく、ドライバーにとっては不可抗力というものだった。
残念な事故だったが、怪我がなかったことを幸いに思っている」と、説明した。

最後のタイムアタックができなかったマルドナドは、この日最下位タイムに留まっている。

| | トラックバック (0)

レッドブル、『RB11』の正式カラーリング発表

Redbull Renault 『RB11』 (C)Redbull Racing

これまで行われたシーズン前テストでは、レッドブル・ルノー『RB11』のカラーリングはモノトーンの迷彩模様で関係者を驚かせたが、すべてのテストが終了した2日(月)、同チームは2015年シーズンの正式カラーリングを発表した。

落ち着いてみれば今年のカラーリングもこれまでと同様、パープルに輝くタイトル・スポンサーである『インフィニティ』を中心とした従前通りのもの。
ただ「中身は昨年よりはるかに進化したもの」と、同チームのスポークスマンは強調している。

今年のレッドブル・レーシングはエースのセバスチャン・ベッテルがフェラーリへと去り、ダニエル・リカルド(25歳:オーストラリア)&ダニール・クビアト(20歳:ロシア)というフレッシュなコンビネーションで戦われる。

| | トラックバック (0)

FIA、シーズン中のヘルメット・デザイン変更禁止通達

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、かねて話題になっていた「シーズン中のヘルメット・デザイン変更禁止」について、これを正式に全F1ドライバーに通知した。

ヘルメットに関するレギュレーションについては、これまで安全規定は設けられているもののデザインやカラーリングについては制限がなかった。
このためシーズン中に何度もデザインを変更するドライバーが増え、観客からは「ドライバーの識別ができない」など不満も示されていたもの。

FIAとFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)とが協議した結果、シーズン中のデザイン変更を認めない立場で合意したことが伝えられている。

| | トラックバック (0)

2015/03/02

各チーム、プレシーズンテストでフルウェットを除く全2015年型タイヤを試す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
Pre-Season test three: バルセロナ 2015年2月26-3月1日
・2回のバルセロナテストで、昨年からのラップタイムの向上を確認
・コンパウンドによっては2秒以上速いタイムが計測された
・ピレリ、今週中にオーストラリアグランプリ用のコンパウンド選択を発表予定

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「バルセロナでの最終プレシーズンテストで、各チームが、昨年より大幅に速い2015年型マシンと我々の最新型タイヤとの最終的な相互作用の確認を行いました。昨年より2秒以上速いタイムも計測されていて、軟らかいコンパウンドほど昨年のタイムとの差が大きくなっています。したがって、タイヤの動作状況も昨年から変化し、マシンセットアップやレース戦略に明らかな影響を及ぼすことになります。路面温度は最高で31℃まで達したものの、シーズン中の平均的な温度に比べると全般的にかなり低いものでしたので、特にハードタイヤに関して、(低温下でのテスト結果は)今後注意が必要な要素となります。バルセロナで、各チームは全ての2015年型P Zeroタイヤをテストすることができました。2015年型P Zeroタイヤは、コンパウンドが一新されたスーパーソフトを含め、リアタイヤのタイヤ構造が新しくなっています。ソフトコンパウンドによるタイムがテストでの最速タイムとなり、昨年のスペイングランプリのポールタイムよりも2.5秒ほど速いものでした。雨がぱらつきましたが、インターミディエイトによるわずかな走行機会が得られたのみでした。しかし、昨年と比較すると、大半のチームがシーズンへの準備が整っているようです」

ピレリジャパン・プレスリリース

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

ウィリアムズ・チーム、「最高の気分で開幕迎えられる」

Valterri Bottas (C)Williams F1
拡大します
シーズン前最後のテストをトップタイムで終えたウィリアムズ・チームは、「最高の気分で開幕戦を迎えられる」と、意気盛んなところをみせた。

最終日の1日(日)、同チームでは信頼性の確保と共にショートランとロングランとを組み合わせてパフォーマンスを確認。
その結果でのトップタイムということでスタッフはいずれも満足げな表情をみせた。

最終日『FW37』のコクピットに収まったバルテリ・ボタス(25歳:フィンランド)は、「いくらテストとはいえ、自分が全体のベストタイムというのはうれしいよ。
気分が悪い筈がない。
このままの形でシーズンを迎えられたらいいね。
とにかくウチのクルマには信頼性があるので、テストプログラムも捗るというものさ。
今の時期、それが一番大切なことだからね。
冬のオフからこれまでずっと頑張ってマシンを仕上げてくれたスタッフ全員に感謝したい」と、締めくくった。

| | トラックバック (0)

マグヌッセン(マクラーレン)、開幕戦出走に懐疑的

Kevin Magnussen (C)McLaren Group
拡大します
依然としてささやかれ続けるフェルナンド・アロンソの体調不良問題だが、万一開幕戦不参加となった場合の代役と目されるマクラーレン・チームのリザーブドライバー、ケビン・マグヌッセン(22歳:デンマーク)はその実現に懐疑的のようだ。

「もちろん行けと言われれば何時だって行ける心構えは整えているよ。
それが今の僕の仕事だからね。
でも、チームがほんとうに僕を走らせようとしているならば、もっと体制に関する準備があつていいと思う。
だからメルボルンのグリッドに僕がいることはないんじゃないかな」と、否定的。

マグヌッセンに言わせれば、自分をサポートするためのエンジニアやメカニックらの用意が何もされていないということだ。
アロンソが欠場だったバルセロナ合同テスト後半でも、マグヌッセンが走れたのは4日中の1日(39周)だけ。言外に、多くを走れなかった欝憤が感じられるるようだ。

なおチームは当初から予定通りアロンソの参戦を明言している。

| | トラックバック (0)

マクラーレン・ホンダ、最終日はセンサートラブル

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
新生マクラーレン・ホンダにとってついに1日(日)はシーズン前テスト最終日となった。
しかしこの日再びステアリングを握ったジェンソン・バトンの走行は、わずか30ラップというものとなった。

午前のセッション、『MP4-30』にはセンサーのトラブルが発生したということで、この修復のためホンダ製パワーユニットをいったん取り外す作業を強いられたとのこと。
これによりバトンは午前中のほとんどをガレージでの待機を余儀なくされた。

バトンが再びコースに現れたのはお昼前のことだったが、午後のセッションを通じても走行はわずか30ラップ。
これはこの日走った9台の中でも最少に留まるものだった。

チームの説明では昨年の同じ時期に他チームが経験した種々のトラブルをいまホンダが繰り返しているとのこと。
それに加え、マクラーレン・ホンダのパワーユニット取り回しが究極コンパクトな設計になっているため、作業は困難を強いられるとのことだ。

| | トラックバック (0)

バルセロナ合同テスト4日目タイム(最終:3/01)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 V.ボタス FIN Williams Mercedes 1'23.063 89
2 S.ベッテル GER Ferrari 1'23.469 129
3 F.ナスル BRA Sauber Ferrari 1'24.023 159
4 M.フェルスタッペン HOL Toro Rosso Renault 1'24.527 85
5 D.リカルド AUS Redbull Renault 1'24.638 72
6 S.ペレス MEX Force India Mercedes 1'25.113 130
7 N.ロズベルグ GER Mercedes 1'25.186 148
8 J.バトン GBR McLaren Honda 1'25.327 30
9 P.マルドナド VEN Lotus Mercedes 1'28.272 36

   * 2014 PP-Time:1'25.232 L.ハミルトン/Mercedes (5/10)
   * 2015 TestTime : 1'22.792 N.ロズベルグ Mercedes(2/27)
   * ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です

| | トラックバック (0)

2015/03/01

マノーF1(旧マルシア)、当分は暫定型マシンでの参戦

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
このほど明らかにされたFIA(国際自動車連盟)による2015年F1エントリーリストで、晴れてその名前が記載されたマノーF1チーム(旧マルシアF1)だが、まだその前途は厳しいようだ。

一応マルシアF1を継承した形になってはいるものの、オーナーも資本関係も直接の繋がりはない。
ただ、マルシアのF1参戦権を継承しているので昨年同チームがモナコGP入賞で獲得したFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の分配金である3千万ポンド(約56億円)もの貴重な金額を手に入れられる筈。

同チームではまずは2015年規定に合致させた暫定型マシンを鋭意用意、シーズン中いずれかの時期に完全な2015年型新型車を投入したいとしている。
なおドライバーについてはウィル・スティーブンス(23歳:イギリス)だけが発表されただけで、こちらもまだ重要な仕事が残っている。

| | トラックバック (0)

マグヌッセン(マクラーレン)、「去年のマシンよりいい感触」

Kevin Magnussen (C)McLaren Group
拡大します
28日(土)行われたバルセロナ合同テスト3日目、大事を取って休養中であるアロンソの代役として今回初めて『MP4-30』をドライブしたケビン・マグヌッセン(22歳:デンマーク)は、「去年のマシンより感触がいい」と、関係者を喜ばせる感想を口にした。

「初めてのクルマをドライブするというのはいつでも胸がわくわくするものさ。
ましてやホンダのパワーユニットを搭載したこの『MP4-30』については今まで話を聞くだけで、まったく動かしたことがなかったからね。
ホンダの連中はみんな熱心で一緒に働くのが楽しい。
マシンはまだ開発中で、今日もトラブルに見舞われてしまったけれど、感触はとてもいいね。
去年のマシンよりずっと予想がしやすくてドライバーにも優しいと感じたよ」と、好感想。

昨日のトラブルが電気系だったのに対し、今日マグヌッセンが遭遇したのはオイル漏れだったという。
産声を上げたばかりのマクラーレン・ホンダ『MP4-30』だが、もう開幕まで残すテストは一日だけということになった。

| | トラックバック (0)

マクラーレン・ホンダ、今度はオイル漏れ

Kevin Magnussen (C)McLaren Group
拡大します
せっかく2日目にやっと100ラップ以上の周回を実現させたマクラーレン・ホンダだったが、バルセロナ合同テスト3日目となる28日(土)は再びマシントラブルで走行を妨げられた。

この日『MP4-30』のステアリングを握ったのはザーブドライバーに降格となったケビン・マグヌッセン(22歳:デンマーク)。
本来のレースドライバーであるフェルナンド・アロンソが大事を取って休養となったため代替のテスト担当となったもの。

しかしマグヌッセンは午後の走行を開始してまもなく走行を終了。
チームによれば原因は「オイル漏れ」とのことだが、ハイドロリック系のものなのか、エンジンあるいはギヤボックス本体等であるのか明らかにされていない。
ベストタイムはトップのハミルトン(メルセデス)から2.203秒遅れるものだった。

シーズン前最後のテストとなる明日1日(日)は再びジェンソン・バトンが担当する予定となっている。

| | トラックバック (0)

«バルセロナ合同テスト3日目タイム(2/28)