2017/10/18

D.クビアト(トロ・ロッソ)のF1復帰は1戦限りの可能性も

Daniil Kvyat (C)Redbull Racing
拡大します
2014年開幕戦でトロ・ロッソでF1デビュー、その後一旦はレッドブル・レーシングに昇格したものの現在はフル参戦もままならない状況のダニール・クビアト(23歳:ロシア)だが、今回のアメリカGPでは3戦ぶり再びレースシートに戻ることが決まっている。
しかしこれも残りのシーズンを確約されたものではなく、とりあえずは1戦限りになることも考えられるとみられている。

というのも今週タイトル獲得のため日本のスーパー・フォーミュラ最終戦に参加するピエール・ガスリーがF1から戻ったとき、レースシートを失うのは急きょ起用されたブレンドン・ハートリーではなく逆にクビアトになる可能性があるというものだ。

ただこうした噂に、レッドブル・グループに対し巨額の資金をもたらせているとされるロシアのスポンサーは神経を尖らせているということだ。

| | トラックバック (0)

アメリカGPのスターターはウサイン・ボルト

Start Signal (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今週行われるアメリカGPの公式スターターを、陸上短距離のスーパースターであるウサイン・ボルト選手が務めることが決まった。

同グランプリではまたレース前のセレモニーでの選手紹介を著名なボクシングのリングアナウンサーであるマイケル・バッファー氏が務めたり、人気歌手のスティービー・ワンダー氏やアメリカンフットボール・チーム『ダラス・カウボーイズ』のチアリーダーがパフォーマンスを演じるエンターテイメントが盛り込まれるなどアメリカらしい計画となっている。

| | トラックバック (0)

ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、「ハミルトン&ロズベルグ解雇話も」

Mercedes AMG Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2013年から昨年まで4年間継続したルイス・ハミルトン&ニコ・ロズベルグというドライバー・ラインナップだが、そのうちそれぞれ3回に渡り両タイトル獲得を果たしたメルセデスAMGチームだが、一時は二人の解雇まで考えたことがあったことがわかった。

これを明かしたのは元3回のF1チャンピオンで、メルセデス・モータースポーツで現在CEO(最高経営責任者)を務めるニキ・ラウダ氏(68歳:オーストリア)。

それによれば両ドライバーが軋轢の末、互いに接触・リタイヤした2016年のスペインGPの際のこと、「こうした状況はチームとして到底受け入れられない」と二人に警告。
もし再度同様のことが繰り返されれば、開幕戦も辞さないことを宣言したという。
幸いトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターがうまく二人をコントロールした結果、最悪の事態は免れたのだとのこと。

ただタイトル獲得後、ロズベルグはF1に見切りを付けチームを去ることとなった。

| | トラックバック (0)

2017/10/17

ピレリ、アメリカGPに『ピンクタイヤ』投入へ

Pirelli Ultra Soft Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
ピレリタイヤが、今週行われるアメリカGPに『ピンクタイヤ』を投入することを明らかにした。

これはピンクをイメージカラーとする『がん啓発活動』に協賛することによるもので、3種類投入するスペックのうちウルトラソフトのリボンを通常のパープルからピンクに変更するという。

またこれに伴う関連グッズの売上金が同運動を展開する『スーザン・G・コーメン乳がん財団』に寄付されるとのことだ。

| | トラックバック (0)

サインツ(ルノー)、「チームメイトのヒュルケンバーグは強敵」

Carlos Sainz (C)Renault Sport F1
拡大します
2015年のデビューから約3年というシーズンのすべてをトロ・ロッソで戦ってきたカルロス・サインツ(23歳:スペイン)だが、次戦アメリカGPからはルノー・チームへの初移籍が決まっている。
チームメイトはF1で5年も先輩となるニコ・ヒュルケンバーグ(30歳:ドイツ)で、ルノー・チームでもすでに16戦の経験がある。

これについてサインツは、「チームメイトとしてヒュルケンバーグは心強くもあるけれど、同時にライバルとして強敵になると思う。
彼はまだF1で表彰台こそないけれど150戦近くを戦っているし、ルノーでもすでに16戦を走っているのだから(ルノー)『ルーキー』の僕とはいきなり比較されても比べものにならないよ。
全力でチームやマシンについて学ぶつもりだけれど、慣れるにはある程度時間も必要だ。
あわてずにしっかりとやっていくよ」と、控え目なコメントに終始した。

| | トラックバック (0)

エクソンモービル、「グリッド一つ分の貢献ある」

Exxon Mobil (C)RedBull Racing
拡大します
長くマクラーレン・チームのテクニカル・パートナーで、今シーズンからはレッドブル・レーシングへの燃料&潤滑油サプライヤーとなっている『エクソンモービル』が、その『効力』について自信をみせた。
同チームはそれまでルノーと関係が深いフランスの『トタル』を使用していた。

これについて石油メジャー最大手であるエクソンモービル社のグローバル・モータースポーツ・テクノロジー・マネージャーであるデイヴィッド・ツルサキ氏は、「われわれは最低でも0.5%のエンジン出力改善を目指していて、年間数度に渡りアップデートを重ねている。
そして現在ほぼその目標は達成されたと考えている」と、自負。

またレッドブル・レーシング側も、「エクソンモービルのわれわれへの貢献はほぼグリッド一つ分に相当するだろう」と、その効果を高く評価している。

| | トラックバック (0)

2017/10/16

F1デビューのハートリー(トロ・ロッソ)、「チャンスを活かす」

Brendon Hartley (C)RedBull Racing
拡大します
次戦アメリカGPでスクーデリア・トロ・ロッソからのF1デビューが決まった遅咲きのブレンドン・ハートリー(27歳:ニュージーランド)が、「このチャンスを活かしたい」と意欲をみせている。

「このところはスポーツカーレースに専念していたから、こうしてF1で招集が掛かったことに驚いている。
もちろんF1は子どもの頃からの夢だったから、とてつもなくうれしいよ。
こうしたチャンスを与えてくれたレッドブルとトロ・ロッソの関係者に心から感謝したい。
F1ドライブの準備は出来ているので、必ずやチームの期待に応えられると思っている」と、ハートリー。

若い時期にはレッドブルのジュニア育成ドライバーの一員としてF1テストも重ね将来を嘱望されたハートリーだったが、夢の実現には思ったより時間が掛かることとなった。

| | トラックバック (0)

室屋義秀選手、F1より早く世界チャンピオンに輝く

Redbull Air Race (C)RedBull Racing
レッドブル・グループが世界に展開するイベントで、空のF1とも言われる『レッドブル・エアレース』で、日本人唯一のパイロットである室屋義秀選手が、2017年シーズンの世界チャンピオンに輝いたことがわかった。

室屋義秀選手は今季ここまで3勝、かつてのF1開催地であるインディアナポリスで行われた今回の最終戦でみごと優勝、タイトルを決めたもの。
日本人としてもまたアジア人としても初の世界チャンピオンになった。

| | トラックバック (0)

C.ホーナー代表(レッドブル)、「成功のためにはドライバー継続重要」

C.Horner & D.Ricciardo (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表が、「チームの成功にはドライバーの安定が必要だ」との見解を示している。

これを裏付けるように、かつてセバスチャン・ベッテルを擁し2010年から4年連続でタイトル獲得をほしいままにしたレッドブル・レーシング、当時ベッテルのチームメイトは常にマーク・ウェバーで安定していた。

「承知のようにリカルドとの契約は2018年末で満了する。
マルコ(ヘルムート・レーシング・アドバイザー)は彼をドライバー・マーケットに出すと言ってるようだが、それはチームの総意ではない。
少なくとも私は彼との契約を延長すべきだと考えているね。
そうなれば少なくともあと2年間は現在のフェルスタッペンとのコンビが続くことになる。
われわれがメルセデスやフェラーリらを凌駕し、再びF1の頂点に立つためには安定は必須のことなんだ」

レッドブル・レーシングはいずれホンダ・エンジンへのスイッチが見込まれていて、そのためにも他の分野で変化は望ましくないようだ。

| | トラックバック (0)

2017/10/15

「フェラーリのセカンド・チームじゃない」と、ハースF1首脳

Gunther Steiner (C)RedBull Racing
拡大します
フェラーリ製パワーユニットを搭載するだけでなく、ギヤボックスや関連コンポーネンツの供給を受けるなど密接な関係が窺われたハースF1チームだが、それでも「フェラーリのセカンド・チームではない」と、骨のあるところをみせている。

そう語るのは同チームでチーム代表を務めるギュンター・シュタイナー氏。
「われわれは知られているようにフェラーリとは密接な関係を以ってレース活動を展開している。
しかし両者はお互いに独立したF1チームであり、その点に冠してはフェラーリも理解を示してくれている。
だがわれわれのドライバーにフェラーリが関与することなどないし、あってはならないと思っている」

伝えられるところでは、2018年のレースドライバーの一人についてフェラーリ側から打診があったということだが、ハースF1はこれを拒否したとのこと。
同チームでは来季もグロージャン&マグヌッセンというドライバー・ラインナップの継続を表明している。

| | トラックバック (0)

カルロス・サインツ(ルノー)、早期移籍の必要性強調

Carlos Sainz (C)Renault Sport F1
拡大します
トロ・ロッソとのレースドライバー契約を日本GP限りで解消、シーズン半ばにして来季所属する予定のルノー・チームへの移籍が決まったカルロス・サインツ(23歳:スペイン)が、その必要性について次のように説明した。

「もちろん、今シーズンはこのまま終わっても構わなかったんだ。
でも来季のことを考えたら、少しでも早い時期に準備をスタートさせるのは良いことだよね。
来年の開幕戦の前に、4戦も経験することができるんだもの」と、WRC(世界ラリー選手権)チャンピオンの子息。

ただチームメイトとなるニコ・ヒュルケンバーグとの『バトル』については、「彼はもう多くの経験をこのチームで果たしてきているんだから、いきなり上廻るというのは難しいこと。
僕はここでは新人なんだから、いろいろと勉強させてもらうだけだよ」と、普段とは変わって低姿勢を貫いた。

そのヒュルケンバーグはルノーでここまで6回の入賞、最高位は6位を3回経験している。

| | トラックバック (0)

ルノー・エンジン、来季『予選モード』投入に手応え

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
ルノー・エンジンの供給元であるルノー・スポールでは、来シーズン『予選モード』の投入に手応えを持っていることを明らかにした。

これは同陣営のシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターが語ったもので、現在すでにメルセデスとフェラーリが公式予選時に特別のパワーを生み出す予選モードを持っていて、これによりルノーはグリッド獲得で後れを取っているのだという。
そのためルノーもこの分野の開発に尽力していて、来シーズンからの導入に目途がついたことを示唆したもの。

「これによる予選時のパワーアップ、そして決勝レースでの信頼性の確保が進めば、これまで取りこぼした多くのポイントを手にすることができるだろう」と自信をみせるアビテブール氏。

かつて黄金時代には予選で1000馬力を発揮したとされるホンダ・ターボエンジンも、早急の対応が求められることになる。

| | トラックバック (0)

2017/10/14

アロンソ(マクラーレン)、米GPでインディ・ヘルメット着用へ

Fernando Alonso (C)Indycar Media
拡大します
来週行われるアメリカGPで、マクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソが今年のインディ500レースで使用したヘルメットのレプリカを着用して戦うことがわかった。

インディアナポリスのようなオーバルコースでのレースは初体験だったにもかかわらず、アロンソは予選5位、決勝レースでもマシントラブルによりリタイヤする前は好位置を走っていただけに良い感触が得られた模様。

F1で使用しているヘルメットとはデザインがまったく異なるもので、さらにこれをF1で使用するにはカーナンバーの変更も必要になるようだ。

| | トラックバック (0)

トロ・ロッソ、アメリカGPにブレンドン・ハートリー起用決定

Brendon Hartley (C)RedBull Racing
拡大します
スクーデリア・トロ・ロッソは、来週末行われる第17戦アメリカGPに、噂通りレッドブル・グループ系のドライバーであるブレンドン・ハートリー(27歳:ニュージーランド)を起用することを正式発表した。

同チームではカルロス・サインツがルノー・チームに移籍、またここ2戦起用されていたピエール・ガスリーも日本のスーパー・フォーミュラ最終戦参加のため今回は欠場となっためダニエル・リカルド&ブレンドン・ハートリーという顔ぶれになったもの。

ハートリーは若い時期からレッドブル・グループのジュニア育成ドライバーとして頭角、F1公式テストにも複数回参加しているが、現在はプログラムから遠ざかっていて、ポルシェ・チームからWEC(世界耐久選手権)に参戦している。

ハートリーは「突然の知らせで驚いたけれど、F1は子どもの頃からの夢だったので、とてもうれしい。
諦めなくて良かったよ。
昔リザーブドライバーだった頃に比べ、多くの経験を重ねてきたのできっとチームに貢献できると思う」と、意欲をみせた。

| | トラックバック (0)

ランド・ノリス、2018年はマクラーレンのリザーブドライバーか

Land Noris (C)McLaren Group
拡大します
現在マクラーレン・チームでリザーブドライバーを務めるジェンソン・バトンの離脱が目されることから、その後任に新鋭の名前が挙がっている。

浮上したのは17歳のランド・ノリス(イギリス)で、目下参戦するFIA・F3ヨーロピアン選手権でランキング1位を走っている逸材。
今年11月にはスーパーライセンス発給資格の18歳には達するが、さすがにまだF1昇格には早いということで、リザーブドライバーが有力視されているもの。
その場合、日本のスーパー・フォーミュラ参戦の可能性もありそうだ。

マクラーレン・チームではすでにバンドーンが来季残留を決めているが、アロンソのほうはいまだに明確でない。

| | トラックバック (0)

2017/10/13

トロ・ロッソ、アメリカGPにブレンドン・ハートリーの名前

Brendon Hartley (C)RedBull Racing
拡大します
カルロス・サインツのルノー・チーム移籍、さらにピエール・ガスリーが日本のスーパー・フォーミュラ参戦のため欠場の見込みになったことから、空いたシートにはレッドブル・グループ系のドライバーであるブレンドン・ハートリー(27歳:ニュージーランド)の名前が急浮上しているいうことだ。

ブレンドン・ハートリーは若い時期からレッドブル・グループのジュニア育成ドライバーとして頭角、F1公式テストにも複数回参加しているが、現在はプログラムから遠ざかっていて、ポルシェ・チームからWEC(世界耐久選手権)に参戦している。

| | トラックバック (0)

マクラーレン、来季バトンのリザーブ契約は解消の見込み

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
2016年限りでレースドライバーから外れたマクラーレン・チームのジェンソン・バトンだが、今シーズンはリザーブドライバーとして契約、実際にアロンソの代役としてモナコGPに出走する機会もあった。
来シーズンについてはまだその去就が決まっていないが、マクラーレン・チーム側は否定するもののこの立場から外れる可能性が高まっているようだ。

これにはアロンソの来季去就が大きく関係するとみられるが、そもそも元チャンピオンをリザーブドライバーに抱えるという豪華なことが出来たのはホンダからの資金援助があったためと推測されている。
当然のことながら来季は見込めない。

また仮にアロンソが来季レースドライバーから外れたとしても、バトンにはフルタイムでのF1復帰という意欲がみられないと考えられているからだ。

| | トラックバック (0)

日産自動車が『フォーミュラE』に本格参戦へ

Formula-E Image (C)Renault Sport
拡大します
イギリス国内のメディアが日産自動車による『フォーミュラE』本格参戦を伝えて話題になっている。

これはイギリスの専門誌『オートスポーツ』が報じたもの。
それによればカルロス・ゴーン/CEO率いる『ルノー・日産アライアンス』は、世界戦略の一つとしてこれまでのようにルノーではなく日産にフォーミュラEを託すというもの。

ルノーは電気自動車によるレースであるフォーミュラEに黎明期から関わってきたが、現在世界市場で電気自動車として最大の販売量を誇る日産のほうが戦略的に適していると判断されたようだ。

なおFIA(国際自動車連盟)はすでに将来のモーターレーシングの方向性を変更しつつある。
これまで様子見に徹している日本の自動車メーカーだが、これをきっかけとしてフォーミュラE参戦が続くことになるかも知れない。

| | トラックバック (0)

2017/10/12

ウィリアムズ・チーム、ロバート・クビサのテスト敢行

Robert Kubica (C)Ex.BMW Sauber F1
拡大します
このところF1復帰が囁かれるロバート・クビサ(32歳:ポーランド)について、ウィリアムズ・チームがプライベートテストを敢行したことがわかった。

それによれば場所は同チームのホームグランドであるシルバーストーン・サーキット。
プライベートテストであるためマシンは2014年仕様である旧型の『FW36』、タイヤもプロモーション用のものとみられる。

テストの詳細は明らかにされていないが、先に復帰の候補チームとみられたルノーはカルロス・サインツ(現トロ・ロッソ)を獲得したことにより、クビサにとって選択肢は限られているのが実情だ。

| | トラックバック (0)

メルセデスのルイス・ハミルトン、温暖なコンディションの下、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で日本グランプリを制す (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 日本グランプリ決勝
・チームメイトのバルテリ・ボッタス、異なる戦略によりグリッド降格後のスタートから 4 位でフィニッシュ
・シーズン中でも屈指のタイヤに厳しいサーキットで、大半のドライバーが 1 ストップで走行

2017年10月8日、鈴鹿

冷涼だった先週とは対照的に路面温度が 40℃を超えるコンディションの下、メルセデスのルイス・ハミルトンが、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略を使用して、日本グランプリをポール・トゥー・ウィンで制しました。
ハミルトンと同じ戦略が主流となった中、注目すべき異なる戦略を採ったのはチームメイトのバルテリ・ボッタスでした。グリッド降格ペナルティーを受けたボッタスは、スタート時にソフトタイヤを装着して長い第 1 スティントを走行しました。フェラーリのキミ・ライコネンとルノーの両ドライバーも同様の戦略を採用し、ルノーのパーマーが最長の第 1 スティントを走行しました。
高速コーナーが連続する鈴鹿は、タイヤにとって最も厳しいサーキットのひとつです。しかし、序盤にセーフティーカーとバーチャルセーフティーカー導入が発生したことによって、デグラデーションが軽減され、長いオープニングスティントが可能となりました。

ピレリ  カーレーシング責任者  マリオ・イゾラのコメント:「このレース週末中で最も高い気温と路面温度になりましたが、両コンパウンドともに我々の期待通りの性能を発揮してくれました。フリー走行が天候や赤旗の影響を受けたことで、決勝に臨む各チームには、コンディションや戦略に関する情報がやや不足していました。このような状況や、今年は過去数年よりも軟らかいコンパウンドを持ち込んでいたにも関わらず、大半のドライバーが 1 ストップで完走することができました。グリッド降格ペナルティーを受けながらも、ソフト – スーパーソフトと繋ぐ戦略でポジションアップを実現できたドライバーも見られました」

ピレリジャパン・プレスリリース

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

«C.ホワイティング氏(FIA)、ベッテルの『タクシー乗車』に苦言