2019/10/17

ルノー・チーム、疑惑のブレーキ問題で厳罰ならF1撤退も

Renault R.S.19 (C)Renault Sport F1

拡大します

ルノー・チームはレーシング・ポイント・チームからの抗議により現在ブレーキ関連の車両違反問題を調査しているが、場合によってはルノー・チームに対し厳罰が科せられる可能性があるとみられる。
その場合、同じルノー製パワーユニットを搭載するマクラーレン・チームがすでに2021年からメルセデスへのスイッチを発表していることから自身のチームはF1撤退に追い込まれるのでは、との見方が広まっている。

FIAによれば、疑義が伝えられているのはルノー・チームのマシンにおける『プリセット・ラップディスタンス・ディペンデント・ブレーキバイアス・アジャストメント・システム(事前設定距離従属型ブレーキバイアス調整システム)と呼ばれる装置で、F1のテクニカル・レギュレーションに抵触の可能性が疑われているもの。
FIAでは関連装置としてこの他にさらにECU(エンジン・コントロール・ユニット)とステアリングホイールも提供を受けて調査している。

過去にはマクラーレン・チームがチャンピオンシップからの失格と1億ドルの罰金という厳罰が科せられたこともある。

|

F1マイアミGP、2021年の初開催に一歩前進

Miami GP Image (C)Hard Rock Stadium
拡大します
2021年の初開催を目指すフロリダ州マイアミのアメリカ第2のグランプリが、実現に一歩前進したようだ。

これは開催地として目されるマイアミの『ハードロック・スタジアム』との間でグランプリ開催の基本契約で合意したというもの。
同スタジアムはアメリカン・フットボールの人気チーム『NFLマイアミ・ドルフィンズ』の本拠地として知られるところ。

マイアミ・ドルフィンズの責任者は「史上初のスタジアムでの開催は多くの観客動員が見込まれ、フロリダ州に大きな収益をもたらす」とその経済効果を強調するものの、地元では反対運動も起きていて見通しはまだ不透明のままだ。

|

ザイドル代表(マクラーレン)、ルクレールの危険走行を非難

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
マクラーレン・チームのアンドレアス・ザイドル代表が、日本GP決勝レースでのシャルル・ルクレールの危険走行を厳しく非難している。

これはレースディレクターの指示に反し、マシンの一部を損傷させたままルクレールに走行を続けさせたというもの。
この件でルクレールはレース後10秒のタイム・ペナルティ、フェラーリ・チームには罰金約3百万円が科せられている。

これについてザイドル代表は次のようにその危険性を主張した。
「ルクレールのマシンはアクシデントのせいでフロントウィングのエンドプレートを損傷、路面に引きずったまま走行を続けんだ。
すぐストップすべきなのに、およそ考えられない行動だよ。
実際、マシンは数多くのパーツを撒き散らして他のドライバーの安全を脅かしたんだ。
こんな危険な行動は断じて許されるべきではない」と、糾弾した。

当時フェラーリはレースディレクターの指示に対し、2周目の終わりにルクレールをピットに戻すと回答したものの2周目に破損したパーツが完全に外れたため安全になったと判断、ルクレールに走行を続けるよう指示。
そのためレースディレクターが再度チームに指示、実際にルクレールがピットインしたのは3周を終えてからのことだった。

|

2019/10/16

アルボンの走りにホーナー代表(レッドブル)が「合格点」

Alexander Albon (C)Redbull Racing
拡大します
ホンダにとってのホームグランプリということで期待の掛かった日本GPだったが、終わってみれば4位-8位-11位でエースのフェルスタッペンはリタイヤという結果で表彰台もならずに終わった。
しかしそんな中、ホンダの鈴鹿にとって史上最高位となる4位を獲得したアレクサンダー・アルボン(レッドブル)への評価は高まっている。

同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、「期待通りの結果は得られなかったが、収穫もあった。
ホンダのPU(パワーユニット)は高い信頼性を証明したし、アルボンは素晴らしい走りをみせた。
これは今後の戦いにおいてわれわれの財産になるものだよ」と、語った。

ドライバーへの評価が厳しいレッドブルだが、いまのところ来季フェルスタッペンのチームメイトとしては最上位に位置していそうだ。

|

アルファロメオ、来季も同じラインナップ継続を示唆

Alfaromeo Duo (C)Alfaromeo Racing
拡大します
まだ2020年のドライバー・ラインナップを決定していないアルファロメオ・レーシングだが、来季も今年と同じキミ・ライコネン&アントニオ・ジョビナッツィという体制を継続することが有力となったようだ。
これは同チームのフレデリック・バッサー代表が明らかにしたもので、それによれば近く正式発表する見込みとのこと。

同チームでは複数年契約とみられるライコネンの一方でジョビナッツィのほうは1年契約とされ、今シーズンのパフォーマンスに注目が集まっていたもの。
シーズン前半は明らかにライコネンの後塵を拝していたものの、このところは連続入賞を果たすなどエースのライコネンを凌ぐ勢いで存在感を増していた。

同チームのシートがこれで確定した場合、移籍を窺っていた現ルノーのニコ・ヒュルケンバーグが行き場を失う可能性が高くなりそうだ。

|

ルノー・チームのマシンに技術違反疑義

Renault R.S.19 (C)Renault Sport F1
拡大します
このところ戦闘力を増しているルノー・チームのマシン『R.S.19』だが、技術的な派インディ500があるとしてレーシング・ポイントがレース結果に異議を申し入れ、FIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(審査委員)はこれを受理したことを明らかにした。

FIAによれば、疑義が伝えられているのはカーナンバー#3(リカルド)とカーナンバー#27(ヒュルケンバーグ)のマシンにおける『プリセット・ラップディスタンス・ディペンデント・ブレーキバイアス・アジャストメント・システム(事前設定距離従属型ブレーキバイアス調整システム)と呼ばれる装置で、F1のテクニカル・レギュレーションに抵触の可能性が訴えられたもの。
FIAでは関連装置としてこの他にさらにECU(エンジン・コントロール・ユニット)とステアリングホイールも提供を受けて調査するとしている。

今回ルノーは2台共入賞しており、もし失格ということになった場合10位に入ったストロール(レーシング・ポイント)のポイントがさらに増えることになる。

|

2019/10/15

日本GPの最速ピットストップ作業はウィリアムズ・チーム

Pitstop Scene (C)Williams F1
拡大します
今回の日本GPでもウィリアムズ・チームによるピットストップの作業タイムが全チーム中最速だったことがわかった。
それによれば33周目にロバート・クビサに対して行ったピットストップで、同チームは2.27秒を記録したとのこと。
同チームによる最速ピットストップ作業は今季9回目ということになる。

今回2番手はセルジオ・ペレスがピットインした際のレーシング・ポイントで、こちらは2.38秒だった。
なお全体の最速タイムは依然としてドイツGPでフェルスタッペンに対しでレッドブル・レーシングが記録した1.88秒というものなっている。

|

ルクレール(フェラーリ)にはペナルティ・ポイントに罰金も

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
決勝レースオープニングラップでのフェルスタッペン(レッドブル)との接触事故とその後の危険走行により計15秒のタイム・ペナルティを科せられ順位を落とす羽目となったシャルル・ルクレール(フェラーリ)だが、この件ではさらなる処分を受けている。

フェルスタッペンとの事故ではスチュワードは原因が「風によりフロントのグリップを失ったため」としたがそれもドライバーは予想すべきと断じ、ペナルティ・ポイント2点を科した。

またその後危険な状態で走行を続けたことでは、さらにチームに対し罰金2万5千ユーロ(約3百万円)を科している。
この件ではチームはいったんルクレールにピットインを指示したものの、破損部分が脱落したとして指示を撤回、そのまま走行を続けさせたことがレースディレクターの反発を買った模様。
ルクレールが実際にピットインしたのは3周も走ってからのことだった。

|

メルセデス、故ラウダ氏に捧げるコンストラクターズ・タイトル

L.Hamilton & N.Lauda (C)Mercedes Motorsports
拡大します
すでにほぼ手中に収めていたとはいえ、今回の日本GPでコンストラクターズ・タイトルを決めるにはハミルトン&ボタスの1-2フィニッシュを遂げる必要があった。
結果はボタス1位でハミルトンは3位に留まったが、終盤にマークしたファステストラップ・ポイントの1点がこれを救った形。
これについて同陣営のトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは次のように語っている。

「こうして強いメルセデスAMGチームを造り上げるのはわれわれすべての夢だった。
ほんとうに誇らしく思っている。
とりわけ今年のこのタイトルはチームの中枢でみんなの拠り所だったニキ・ラウダに捧げたい。
彼がこの場にいないというのは信じられないことだが、困難な時期に彼が果たした役割は誰も忘れない。
彼もきっと天国でこの快挙を喜んでいてくれることだろう」

3回のF1チャンピオンに輝いたニキ・ラウダ氏が現役時代にメルセデスのマシンに巡り会うことはなかったが、引退後は常勝チームの構築に大きく貢献した。

|

2019/10/14

鈴鹿のレースラップレコード、ソフトタイヤで14年ぶりに塗り替えられる (ピレリ)

バルテリ・ボタス (C)Pirelli Motorspotrs
拡大します
2019 日本グランプリ 決勝

2019年10月13日、鈴鹿
メルセデスのバルテリ・ボッタスが、ソフト – ミディアム – ソフトと繋ぐ2ストップ戦略で日本グランプリを制しました。台風19号の接近を受けて、土曜日のセッションが中止となったことから、サーキットは極めて予測が難しい路面状態となっていました。土曜日の豪雨によってラバーが洗い流された上、FP3が中止になり、予選は日曜日の午前に行われました。そのような状況下、メルセデスのルイス・ハミルトンが、2005年にキミ・ライコネンによって記録された鈴鹿のレースラップレコードを更新しました。

キーポイント
• 53周で争われるレースの最速戦略は、ソフトタイヤでスタート後、24-27周でミディアムへ交換する1ストップ戦略と予測されていました。2番目に速い戦略は、ソフトでスタート後、13周でミディアムへ、33周でミディアムへ交換する2ストッパーでした。3番目に速い戦略は、ソフトでスタート後、20-23周でハードへ交換する1ストップ戦略でした。
• 高い気温の影響を受け、フリー走行でのデグラデーションレートは予測よりも高いものでした。したがって、大半のドライバーが2ストップ戦略を採りました。
• フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、予選において鈴鹿のトラックレコードを更新した一方、ルイス・ハミルトンがレースのファステストラップレコードを14年ぶりに更新しました。
• フェラーリとメルセデスが異なる戦略を採るなど、終始緊迫した戦略的な闘いが展開されました。
• フェラーリのシャルル・ルクレールは、ただ一人の3ストッパーでした。ルクレールは、序盤のノーズ変更によって後退後、6位に入賞する追い上げを見せました。
• レッドブルのアレックス・アルボンは、キャリアベストの4位を獲得しました。また、メルセデスは、6年連続となるコンストラクターズチャンピオンシップを獲得しました。
• マクラーレンのカルロス・サインツは、ソフト – ミディアムと繋ぐ1ストッパー中の最上位となる5位でフィニッシュしました。多くのドライバーが同じ戦略を採用しました。
• 路面温度39℃、気温26℃前後のドライコンディションの下でレースが行われました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C1: 7名のドライバーが使用し、その内の2名が1ストッパーでした。金曜日に十分な走行機会が無かったにもかかわらず、ロングスティントで使用されました。
• ミディアム C2: ハースのロマン・グロージャン以外の全ドライバーが使用しました。ミディアムは、1ストッパーおよび2ストッパーの双方で良く機能していました。
• ソフト C3: トップ4中の3名が、ソフト – ミディアム – ソフトと繋ぐ戦略を採り、ベッテルのみが、ソフト – ソフト – ミディアムと繋ぎました。高温のコンディションの影響を受け、ソフトのデグラデーションレートは事前予測よりも高くなりました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「路面のラバーを洗い流した昨日の台風によってスケジュールが変更になった上、各チームは、高温のコンディション下で数多くの不確定要素を抱えたまま、今日一日で行われることになった予選と決勝に臨まなければなりませんでした。レース中に戦略を構築することが課題となり、ライバルの戦略に対応しつつ、1ストップから3ストップまで広範囲に渡る戦略が見られました。全3種類のスリックコンパウンドが使用され、トップ6で4種類の異なる戦略が展開されました。2位争いでは戦略的な闘いが見られ、予選と決勝双方でラップレコードが更新されました。今年もコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したメルセデスを讃えたいと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

» 続きを読む

|

ルクレール(フェラーリ)、ペナルティで降格に

FIA
日本GPのレーススチュワード(審査委員)は、13日(日)行われた決勝レースのオープニングラップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と接触したシャルル・ルクレール(フェラーリ)に対し、トータル15秒のタイムペナルティを科したことを明らかにした。

それによればルクレールはフェルスタッペンとの接触事故について責任があったとして5秒、またその後破損したフロントウィングのまま走行するなど安全を損なう行動があったとして10秒の計15秒のペナルティとなったもの。

これにより6位でフィニッシュしたルクレールはリカルド(ルノー)と入れ替わり7位に降格することとなった。

|

ホンダ系チーム、決勝レースコメント(10/13)

Start Scene (C)Pirelli Motorsport
拡大します
日本GPの決勝は、表彰台には届かず厳しい結果になったものの、Aston Martin Red Bull Racing、Red Bull Toro Rosso Hondaともにポイントを獲得して終えることができました。

今大会は、台風の影響で土曜日のセッションがすべて中止となり、日曜日午前に予選、午後に決勝というスケジュールで行われました。
予選では、Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンが5番手、アレクサンダー・アルボンが6番手と3列目グリッドを獲得。
Toro Rossoも、ピエール・ガスリーがQ3へ進出して9番手、ダニール・クビアトがQ2へ進出し14番手となりました。

決勝ではフェルスタッペンが好スタートを決め、ターン1で3番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に、外側から並びかけます。
その先のターン2では半車身ほど先行しましたが、ルクレールがアンダーステアを出して接触。
フェルスタッペンはスピンを喫してコースアウトしてしまいます。

その後、レースへ復帰したフェルスタッペンは、後方から追い上げに臨みましたが、マシンへのダメージが大きく、15周目にリタイアとなりました。
なお、この接触については、レース後に審議が行われることになっています。

アルボンはスタートで8番手までポジションを落とし、マクラーレン勢の後方でレースを進めます。
15周目にミディアムタイヤに履き替え、好ペースで4番手まで浮上。
後続との差を引き離した34周目に再びピットインしてソフトタイヤに交換すると、そのまま4位のポジションを守りきり、自己ベストリザルトでフィニッシュしました。

9番グリッドからスタートしたガスリーは、序盤にマクラーレン勢とバトルを展開。
1ストップ戦略を採用し、18周目にミディアムタイヤに履き替えます。
ここからロングスティントとなり、タイヤを持たせながらの走行を強いられました。
終盤にダニエル・リカルド(ルノー)にパスを許したものの、8位でチェッカーフラッグを受けました。

クビアトも1ストップ戦略を採り、27周目までソフトタイヤで走行します。
そこからミディアムタイヤに交換し、力強いペースで追い上げます。
タイトな中団の争いの中で、ガスリーと7秒差まで追い上げ、12位で完走しました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(リタイヤ)

「スタートはとてもよく、3番手まで浮上できたのはよかったです。
ターン2ではアウト側にいましたが、シャルル(ルクレール)は僕のマシンの側面に当たってきました。
シャルルはポジションを取り返そうとしたのだと思いますが、レースは長いので、序盤で過度なリスクを負うべきではありません。
僕らはともに順位を落としましたが、彼はフロントウイングを交換して追い上げていきました。
僕は最後方からレースへ復帰しましたが、マシンに厳しいダメージを受けて15周目でリタイアせざるを得ませんでした。
あの場面で、僕のほうからできることは何もなかったのですが、そこは現在スチュワードによって審議されていると思います(その後ルクレール選手のペナルティが確定) 。
好スタートを決めて表彰台争いができるチャンスがあったし、それを多くのHondaファンの前で果たせれば素晴らしい光景になっただけに、この結果にはフラストレーションがたまります。
僕らはきちんと向上を果たし、上位との差は詰まっていますが、メキシコまでにまだすべきことは残っています」

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(4位)

「4位は僕のベストリザルトですし、今週末の僕は、このチームに来てから一番うまくいったのではないかと思います。
FP1が始まってすぐにマシンのバランスがいいと感じました。
鈴鹿のようなコースで自信を持って走るにはマシンバランスが重要ですし、僕は初めてのコースなのでなおさらでした。

レースではさらに上位を目指して、スタートもうまくいったと思いましたが、ホイールスピンが多すぎて順位を落とし、マクラーレンの後方につけることになりました。
彼らをパスしてポジションを取り返そうとしている間にトップ集団との差が開いてしまいました。
5番手争いをしているときのランド(ノリス)とのバトルでは、彼がスペースを残してドアを開けてくれようとしましたが、少しタイトすぎましたね。
その後、カルロス(サインツ)の前に出るためにアンダーカットする戦略はうまくいきましたが、4番手に浮上したあとは単独走行になりました。
あとは、最後までタイヤマネージメントに気を付けながら走ることになりましたが、今日はマックスがリタイアしていたこともあり、チームのためにもポイントを獲得できてよかったと思いますし、4位は今日なし得る最高の結果でした。
まだ改善すべき点はありますが、今日のペースには満足していますし、この週末で僕らは一歩前進できたと思います。
Hondaのためにも、もう少しいい結果を目指していましたし、惜しいところまではいけたと思いますが、わずかにペースが足りませんでした。
この課題にしっかりと取り組み、メキシコでは強さを取り戻せればと思っています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(12位)

「午前中は、予選最後のラップ以外すべてうまくいっていました。
ラストアタックでなぜ遅かったのか分かりません。
金曜から大きくコンディションが変化し、マシンのフィーリングが少し異なっていました。
ただ、それは全員同じだったと思います。
14番手スタートと厳しい位置だったので、苦戦を覚悟していました。
ただ、レースでは力強い走りができたと思います。
スタートでいくつか順位を落としたものの、すぐに取り返すことができました。
ペースは本当によかったので、ポイントを獲得できなかったのが残念です。
予選での改善に向けて取り組まなければなりません」

【ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)】(8位)

「今日は本当に満足のいく一日でした。
午前の予選はうまくいき、Q3へ進出。僕はFP1で走らず、FP3が中止になったので、準備できる時間が短かったですし、ここまでの成果は予想していませんでした。

レース中は7~8位を走行していましたが、後方からルノーとレーシングポイントのマシンが猛プッシュしてきていたので、とても厳しい戦いでした。
中盤からはサスペンションに問題を抱えており、ポジションを守るために全力を尽くしました。
激しいバトルもありましたが、チームと、Honda、そして応援しに来てくれた日本のファンの皆さんのために、なんとか成果を出そうと頑張りました。
チームにポイントをもたらすことができてうれしいですし、ここ日本で成し遂げたというのは、本当に特別な気持ちです!
今日の成果を喜んでいますし、次のレースも待ちきれません」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日は、昨日の台風の影響により、予選と決勝が同日に行われるという変則的なスケジュールになり、チームメンバーにとっては忙しい一日になりました。

午前の予選では、Honda PU を搭載する4台のうち3台がトップ10に入り、午後の決勝に向けてまずまずの結果を得ることができました。
しかし、決勝ではスタート直後の第2コーナーでフェルスタッペン選手が接触によりフロアに大きなダメージを負い、残念ながらリタイアすることとなりました。

そのような中でも、アルボン選手が初めて走行するここ鈴鹿サーキットで素晴らしい走りを見せ、4番手のポジションを確保したこと、また、昨年あと一歩のところで最後に入賞を逃したガスリー選手が、後方から迫るライバルの猛追をしのぎ、8位入賞となったことはよかったと感じています。

今日は例年よりもさらに多くの皆さまにサーキットに駆けつけていただきました。皆様からの温かいご声援は、いつもわれわれのパワーになっています。
本当にありがとうございました。
今年はわれわれが目指していたような結果を得ることはできませんでしたが、来年はもっと競争力をつけて戻って来られたらと思っています。
これからも応援をよろしくお願いいたします」

提供:本田技研工業(株)

|

スチュワード、「ベッテルのスタートは許容範囲内」

Start Scene (C)Pirelli Motorsport 拡大します 日本GP決勝レースではポールポジションのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がスタートでミス、メルセデスAMG勢に先行を許す失態に繋がった。
ビデオでは、この時ベッテルは一瞬動き出した後ストップ、完全に出遅れたように見えた。

 

現在F1ではセンサーによる自動計測でジャンピングスタート(フライング)をチェックしていて、人間の目の入る余地はないとされている。
実際、先のロシアGPではキミ・ライコネン(アルファロメオ)が反則を認定されドライブスルー・ペナルティーとレース後にはペナルティ・ポイントを科せられている。

 

しかし今回のベッテルについては審議対象とされたものの結局お咎めなし。
これについてスチュワードは「センサーが働く許容範囲だった」と説明している。

|

1周早かった、日本GPのチェッカーフラッグ

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
全53周で争われた日本GPの決勝レースだラッセル(ウィリアムズ)たが、実際には52周でチェッカーフラッグが振られ、そのまま1周少ない状態で正式結果となったことが明かされた。

FIA(国際自動車連盟)によれば、これは計時システムの不具合によるもので、1周早く先頭のボタス(メルセデス)にチェッカーフラッグが振られてしまったというもの。
こうした場合、レギュレーションでは「いかなる理由にせよチェッカーフラッグが振られた時点でレースは成立・終了と定められている。
誤動作の原因は不明だが、台風襲来のため一旦F1計時設備を撤収、日曜日朝に再度緊急設営したことが関係しているのでは、とみられている。

最近では昨年のカナダGPでも、こちらは人的ミスで1周早くチェッカーフラッグが振られたことがある。

|

2019/10/13

フェルスタッペン(レッドブル)、スチュワードの裁定に不満

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
日本GP決勝レースのオープニングラップで、ルクレール(フェラーリ)に押し出される形で接触・コースアウト。
結果的にこれでレースを失うこととなったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、ルクレールがペナルティを受けることなく終えたことにレース後不満を表した。
スチュワードはこの一件を審議対象としたものの、接触は故意でなく、ルクレールはゲイン(利益)を受けてもいないと判断、お咎めなしとしたもの。

これについてフェルスタッペンは、「せっかくいいスタートを切ったのに、こっちのレースは台無しにされたんだ。
向こうはゲインを受けていないというけれど、ロシアではライコネン(アルファロメオ)が同じようなケースでドライブスルー・ペナルティーを科せられている。
問題なのはスチュワードの判断がレースによって違うということだよ。
こんなんじゃ、レースやってられないよ」と、お冠。

マシンには穴が開くほどの損傷だったというが、スチュワードはマシンのチェックもしなかったという。

|

日本GPはボタス(メルセデス)優勝、製造者タイトルも

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
13日(日)14時10分から今季F1第17戦日本GPの決勝レースが鈴鹿サーキットを舞台に行われた。
台風に翻弄された天候は完全に晴れ、風はまだ強いものの気温は22度、路面温度37度まで上昇、路面はドライコンディション、決勝レース中に雨が降る心配はないとされている。
なお20番グリッドのクビサ(ウィリアムズ)はピットレーンスタートを選択している。

スタートでボタスが出遅れたベッテルをかわして先頭に。
第2コーナーのバトルでフェルスタッペンがルクレールに押し出された形でスピンアウト、ほぼ最後尾までポジションを落とす。
この件はレース後の審議対象に。
ベッテルのジャンプスタートは審議対象となったが結局お咎めなしに。
15周目、ペースの上がらないフェルスタッペンがピットガレージに戻ってそのままリタイヤに。

あと1周というところでガスリー(トロ・ロッソ)と接触したペレス(レーシング・ポイント)が2コーナーでクラッシュ。
そしてボタス(メルセデス)が最初にチェッカーフラッグをかいくぐった。
ボタスの優勝はアゼルバイジャンGP以来で今季3勝目、自身通算6勝目を記録した。
なお日本での優勝はこれが初となる。

2位は終盤ハミルトンの猛追を制したフェラーリのベッテル。
ポールポジションからのスタートは活かせなかったが、面目を保った。
3位にハミルトン(メルセデス)で、最後のタイヤ交換後にファステストラップを記録したため、この1ポイントの追加でメルセデスAMGチームのコンストラクターズ・タイトル獲得を決めた。
同チームのチャンピオンは現行のエンジン・レギュレーションになった2014年以来6年連続で、これはF1史上初の快挙だ。
4位アルボン(レッドブル)で、これは自己最高位になる。
5位サインツ(マクラーレン)、6位ルクレール(フェラーリ)、7位リカルド(ルノー)、8位ガスリー(トロ・ロッソ)、9位ペレス(レーシング・ポイント)、10位ヒュルケンバーグ(ルノー)までが入賞。
以下、11位ストロール(レーシング・ポイント)、12位クビアト(トロ・ロッソ)、13位ノリス(マクラーレン)、14位ライコネン(アルファロメオ)、15位グロージャン(ハース)、16位ジョビナッツィ(アルファロメオ)、17位マグヌッセン(ハース)、18位ラッセル(ウィリアムズ)、19位クビサ(ウィリアムズ)までが完走。
リタイヤはフェルスタッペン(レッドブル)1台だった。

F1次戦は2週間後、アメリカ大陸に渡ってロドリゲス・サーキットでのメキシコGPが10月27日(日)に行われる。

日本GP決勝レースの結果はこちら
日本GPの画像はこちら

|

マグヌッセンとクビサの決勝レース出走認められる

FIA
日本GPのレーススチュワード(審査委員)は、13日(日)行われた公式予選で有効なタイム(ポールタイムの107%)を記録できなかったマグヌッセン(ハース)とクビサ(ウィリアムズ)について、いずれもフリー走行で満足すべきタイムを記録しているとして決勝レースへの出走を認めたことを明らかにした。
グリッドは最後尾ということになる。

|

日本GP予選、ベッテル(フェラーリ)がコースレコードでPP

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
13日(日)10時から鈴鹿サーキットを舞台に2019年F1第17戦日本GPの公式予選セッションが行われた。
全20台によるQ1、15台によるQ2に続き、10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

Q3最初のアタックでベッテル(フェラーリ)がコースレコードになるベストタイムをマークして大歓声を浴びる。
続いてルクレール(フェラーリ)でメルセデスAMG勢を上廻ってみせた。
最後のアタックでベッテルがさらにタイムを短縮して今季カナダGP以来の2度目、自身通算57回目となるポールポジションを獲得した。
鈴鹿では5回目、フェラーリになってからは初めての快挙。

2番手にも僚友のルクレール(フェラーリ)でフェラーリがフロントロウ独占。
残念ながら5戦連続ポールとはならなかった。
3番手ボタス(メルセデス)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手アルボン(レッドブル)。
レッドブルの二人はまったくの同タイムで、難コース・鈴鹿が初体験となるアルボンの健闘が光る。
7番手サインツ(マクラーレン)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手ガスリー(トロ・ロッソ)、そして10番手がグロージャン(ハース)となった。

引き続き決勝レースはこの後14時10分から全53周で行われる。

日本GP公式予選の結果はこちら
日本GPの画像はこちら

|

予選Q2、アルボン(レッドブル)が3番手タイム

引き続き日本GP予選は15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

今回はクラッシュ赤旗中断もなく進行。
最初のアタックではハミルトン(メルセデス)が1'27.826でトップに立った。
15番手タイムだったヒュルケンバーグ(ルノー)は2度目のアタックできずにQ2での敗退が決定。

トップはボタス(メルセデス)で1'27.688をマーク。
2番手ハミルトン(メルセデス)、3番手アルボン(レッドブル)、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手ルクレール(フェラーリ)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手ノリス(マクラーレン)、8番手サインツ(マクラーレン)、9番手ガスリー(トロ・ロッソ)、10番手グロージャン(ハース)までがQ1進出を決めた。

ここでの敗退はジョビナッツィ(アルファロメオ)、ストロール(レーシング・ポイント)、ライコネン(アルファロメオ)、クビアト(トロ・ロッソ)、そしてヒュルケンバーグ(ルノー)の5台となった。

|

赤旗続出の予選Q1、ルクレール(フェラーリ)がトップ

13日(日)、台風のため予定を変えて10時から天候回復がなった鈴鹿サーキットを舞台に2019年F1第17戦日本GPの公式予選Q1が始められた。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
セッション開始時の天候は晴れ、気温は22度、路面温度33度、コースはドライコンディションとなっているが、路面のラバーは洗い流された模様だ。

フェラーリ勢を先頭に各車コースインしたが、風の影響かいきなりクビサ(ウィリアムズ)が最終コーナーの立ち上がりでスピン・クラッシュ、セッションは早くも赤旗中断となった。
マシンは大破しており、午後の決勝レースまでに修復ができるか不安だ。
残り約16分でセッション再開。
今度はマグヌッセン(ハース)がやはり最終コーナーでコースアウト・クラッシュ。
自力でピットに戻るがセッションは再び赤旗中断に。
今度は残り約12分でセッション再開。

トップはルクレール(フェラーリ)で1'28.405。
2番手ハミルトンで0.330秒差、3゛はエンリケ・スカラブローニW表彰台フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ノリス(マクラーレン)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手ベッテル(フェラーリ)、7番手サインツ(マクラーレン)、8番手アルボン(レッドブル)、9番手ガスリー(トロ・ロッソ)、10番手グロージャン(ハース)、11番手ストロール(レーシング・ポイント)、12番手ジョビナッツィ(アルファロメオ)、13番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、14番手ライコネン(アルファロメオ)、15番手クビアト(トロ・ロッソ)の順。
ここでの敗退はリカルド(ルノー)、ペレス(レーシング・ポイント)、ラッセル(ウィリアムズ)、そしてクラッシュしたグロージャン(ハース)とクビサ(ウィリアムズ)の5台となった。

|

«スチュワード批判でハースF1チーム代表に罰金