2017/02/24

メルセデスAMG『W08』、謎のTウィング

Mercedes AMG 『W08』 (C)Mercedes Motorsports
23日(木)、シルバーストーン・サーキットを舞台にフィルミングデーと称して実質的なシェイクダウンが行われたメルセデスAMGチームの新型車発表会『W08』だが、謎のウィングがテストされ注目を集めた。

『W08』はこれまで発表された他チームのような大型のいわゆるシャークフィンはなかったが、午後になって走行したバルテリ・ボタスのマシンにはリヤウィングの手前にまるでかもめのようなT型の小さなウィングが取り付けられていたもの。

チームによればまだ手探り段階ということで、今後開幕戦までに様々なトライがみられそうだ。

| | トラックバック (0)

ハミルトン、一般公募した2017年仕様ヘルメットを公開

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2017年仕様のヘルメットのカラーリングを一般から公募していたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンが、採用された新デザインを初公開した。

正式なお披露目は来週のバルセロナ合同テストということになりそうだが、採用されたデザインの作者にはいずれかのグランプリ現場に招待し、実際のものと同じくペイントされたサイン入りのレプリカが贈呈されるとのことだ。

ハミルトンによれば、3つの星は過去3回のタイトル獲得を。
またムイエローはハミルトンが尊敬する故アイルトン・セナへの敬愛の気持ちを表したトリビュートであるという。

| | トラックバック (0)

メルセデスAMG、2017年新型車『W08』をお披露目

Mercedes AMG 『W08』 (C)Mercedes Motorsports
拡大します
昨季まで3年連続のF1王者に就いたメルセデスAMGチームが、2017年シーズンを戦うコンテンダー『W08』を初お披露目した。

異例にも画像公開ではなくシルバーストーン・サーキットを走るフィルミングデーでの『実写(車)版』。
コクピットに収まったのはエースのルイス・ハミルトン。
マシンはカラーリングも変更なく、これまでの他チームのものとは異なりリヤカウル部のシャークフィンも見られず、一見昨年のものと区別が付かない『正常進化版』と言えるもの。
その真価はは来週スタートするバルセロナ合同テストで明らかになる。

| | トラックバック (0)

ハミルトン(メルセデス)、『いまのF1は時代遅れ』

Korea GP Stand (C)Sauber Motorsport
拡大します
メルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンが英『BBCスポーツ』に登場、F1エースの立場からF1への期待を熱く語った。

「F1がこれだけ長いことモータースポーツの最高峰としてファンから支え続けられているのは素晴らしいと思っているよ。
でも、正直言ってたいした進歩はみられない。
こうした状況のままなら、いずれ衰退してしまうのではないかと心配しているんだ。
今の時代には、もっとエンターテイメントが必要だと思うからね。
ドライバーの立場からできることは限られているけれど、その分新しくこの世界に入ってきたオーナーたちには新しい風を吹き込んでくれるよう期待しているよ」

今年導入された新しいレギュレーションでは、オーバーテイクシーンが減少しレースがつまらないものになるのでは、との懸念がすでに示されている。

| | トラックバック (0)

2017/02/23

ザウバー『C36』、フィルミングデーで初走行

Sauber『C36』 Test (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
20日(月)に2017年新型車『C36』を正式発表したザウバー・チームが、シーズン前初テストを前に22日(水)当地バルセロナ・サーキットで初テストを行った。

もちろん本格テストは許可されていないので、今回は『フィルミングデー』と称するプロモーションの一環として行われたもの。。

ステアリングを握ったのは同チームで3年目シーズンを迎えるマーカス・エリクソンが担当した。
なおもう一人のレースドライバーであるパスカル・ウェーレインはすでに怪我で欠席が決まっているため、フェラーリ・チームからの応援でアントニオ・ジョビナッツィが27日(月)からの最初のテストを担当するとみられている。

| | トラックバック (0)

松下信治、2017年もマクラーレンのテストドライバーに

松下 信治 (C)McLaren Group
拡大します
まだ2017年新型車を発表していないマクラーレン・ホンダ・チームだが、いち早く同チームのテストドライバー兼開発ドライバーとして日本の松下信治(23歳)を引き続き指名した。

これを受け松下は、「今年も名門McLaren‐Hondaのテストドライバーの一員として開発に携われることをうれしく思います。
マクラーレンでのシミュレーターや実車テストを通じて得る経験と知識を活かして、ドライバーとしての成長に繋げます。
そして僕のメインレースであるGP2シリーズで大いに活躍できるように頑張りたいと思います。
このチャンスを与えてくれたMcLaren‐Hondaに心から感謝します」と、語った。

松下のGP2参戦は今年3シーズン目で引き続き『ARTグランプリ』から参戦する。
昨季はシリーズ・ランキング11位(優勝1回:モナコ)、それでも現在『F1に最も近い日本人』と目されている。

| | トラックバック (0)

フォース・インディア、2017年新型車『VJM10』を発表

Sauber 『VJM10』 (C)Sahara Force India F1
拡大します
22日(水)、フォース・インディア・チームがライブ・ストリーミング等ソーシャルメディアを通じ、2017年シーズンを戦うコンテンダー『VJM10』の画像を正式発表した。

プライベートチームながら昨季もコンストラクターズ・ランキング4位と健闘する同チームでは、2017年シーズンさらなる飛躍を期してこのメルセデス製パワーユニットを搭載した新型コンテンダーをお披露目したもの。

こちらも他の2017年型新型車と同様、フロントウィングの拡大やリヤカウルの大型シャークフィン等が特徴となっている。

| | トラックバック (0)

アラン・プロスト氏、ルノー・チームの特別アドバイザーに

Alain Prost (C)Williams F1
拡大します
アラン・プロスト氏(61歳:フランス)が、体制を一新したルノー・チームの『スペシャル・アドバイザー』に就くことがわかった。

これまでもアンバサダーを務めるなどルノーとは深い関係があったプロスト氏だが、今回の職務について次のように意気込みを語っている。

「具体的にはまずルノー・スポール経営委員会のメンバーになるんだ。
そして僕のドライバーとしてや、F1チームを率いた等の経験を活かし、現場とりわけドライバーらとの橋渡しをする立場になること。
そして重要なことはルノーができるだけ早く勝利を掴み、そしていずれはタイトル獲得をものにすること」

4回のF1チャンピオンに輝くプロスト氏だが、タイトルを獲得したのはマクラーレン、そしてウィリアムズでのことで、ルノー時代には夢を果たすことはできなかった。

| | トラックバック (0)

ルノー・スポール代表、「今季ランキング5位以内目指す」

Renault RS17』 (C)Renault Sport F1
拡大します
1995年オフ、当時のロータス・チームを買収しワークス体制となったルノー・チームだが、昨季はわずか8ポイント、コンストラクターズ・ランキング9位という不本意なものに終わった。
しかしF1活動の母体となる『ルノー・スポール・レーシング』のCEO(最高経営責任者)であるジェローム・ストール氏は、今季大幅な躍進を誓った。

「昨年は残念ながらチーム移行に時間が掛かり、100%自前のルマを用意することができなかった。
しかし今回の『RS17』は違う。
これはエンストンとヴィリーとが共同で最初から開発を進めた最初のクルマということになるからね。
双方のパフォーマンスは明らかに向上しているし、さらに相乗効果も見込める筈だ。
そう、少なくとも今シーズンはランキング5位以内を目指したいね」

ストール氏はエンジンだけで1周0.3秒の短縮が見込めるとしている。

【訳注】
エンストン:イギリスのシャシー・ファクトリー
ヴィリー:フランスのエンジン・ファクトリー

| | トラックバック (0)

2017/02/22

ルノー・チーム、2017年新型車『RS17』を発表

Renault RS17』 (C)Renault Sport F1
拡大します
2月21日(火)、ルノー・チームは2017年シーズンを戦う新型車RS17』をロンドン市内で正式発表した。

2016年、ロータス・チームを買収して再びワークスチームとしてF1に復帰したルノー・チームだが、体制構築の遅れもありコンストラクターズ・ランキング9位と低迷。
自ら供給する同じパワーユニットを使用するレッドブル・レーシング(ランキング2位)と比べ大きく後れを取る不本意なものだった。
今季はカルロス・ゴーン/CEO号令のもと、万全の体制でワークスチームとして戦う体制という。

新型車RS17』は伝統のイエローをベースにブラックが配された攻撃的なイメージの象徴的なもの。
こちらも新しいレギュレーションに合わせシャークフィンが採用されている。

2017年の同チームドライバーはフォース・インディアから移籍したニコ・ヒュルケンバーグと残留のジョリオン・パーマーというドライバー・ラインナップ、なおリザーブドライバーには引き続きセルゲイ・シロトキンが指名されている。

| | トラックバック (0)

ルノー、『マフレ』(保険会社)とスポンサー契約

『MAPFRE』logo (C)Renault Sport F1
ルノー・チームは2017年新型車の発表に合わせ、大手保険会社である『マフレ』(MAPFRE)との間で新たにスポンサー契約を結んだことを明らかにした。

マフレはスペインに本拠を置く保険会社だが、5大陸すべてで業務を展開、世界合わせて3万7千人を雇用しており、とりわけ中南米地域に力を入れていることからF1へのスポンサー契約は拡販に役立つものと期待したものだ。

今回の契約についてルノー・チームのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは、「マフレとの契約成立をとても喜んでいる。
マフレはグローバルなレベルでの展開を目標としており、われわれのF1活動に理解を示してくれた。
ルノーは伝統的にスペインとの結び付きが強く、今回の契約もこれに基づいたものだ」と、歓迎した。

| | トラックバック (0)

ウィリアムズ、今季もディ・レスタをリザーブドライバーに

Paul Di Resta (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームは、2017年シーズンもテスト&リザーブドライバーとしてポール・ディ・レスタ(30歳:イギリス)と契約したことを明らかにした。

ディ・レスタは2010年にメルセデスから参戦したDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)でチャンピオンを獲得、2011年にフォース・インディアからF1デビュー。
3シーズンで131ポイントを獲得、最高位は4位2回というものだった。
昨季は再びDTM参戦してランキング5位だった。
メルセデス陣営出身のディ・レスタ起用は同チームが同社製パワーユニットを搭載していることも関係しているとみられている。

2017年のウィリアムズ・チームは残留したフェリッペ・マッサと新人のランス・ストロールとのドライバー・ラインナップとなっている。

| | トラックバック (0)

2017/02/21

ザウバー・チーム、2017年新型車『C36』を発表

Sauber 『C36』 (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
ザウバー・チームが2017年シーズンを戦うコンテンダー『C36』の画像を公式サイト等で正式発表した。

今年同チームが記念となる設立25周年を迎えたということで、マシンはこれまでと同じくブルーを基調としたものに栄光のゴールド・ストライプがあしらわれている。
またドライバーのヘルメット頭上に位置するエアインテーク部が二つに分かれていることや長いシャークフィンが特徴的だ。

昨年は新車の開発が遅れて最初のテスト欠場の浮き目に遭ったザウバーだが、今季はいち早く1年落ちのフェラーリ製パワーユニット搭載を決め、他の先陣を切る形で先行した。

なお同チームの今季ドライバーは残留したマーカス・エリクソンとマノーから移籍のパスカル・ウェーレインという顔ぶれになる。

| | トラックバック (0)

メルセデスAMG、トト・ウォルフ&ニキ・ラウダとの契約延長

Mercedes 3 Pointed_Star (C)Mercedes Motorsport
拡大します
20日(月)、メルセデスAMGチームは同チームの幹部であるトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターとニキ・ラウダ/CEO両氏について、共に2020年まで契約延長したことを明らかにした。

これを受けウォルフ氏は、「われわれが勝てたのはいち個人の力ではなく、チーム全体の尽力によるものだ。
これからもスタッフがすべての力を発揮できるよう貢献したい」と、述べた。
メルセデスAMGチームの株主でもあるウォルフ氏は2013年にウィリアムズ・チームから移籍、F1活動の指揮官としてチームの3年連続タイトル獲得に貢献した。

またかつて『不死鳥』と言われた元3回のF1チャンピオンで、メルセデス本社と現場チームとの繋ぎ役として貢献しているラウダ氏も、「ここ数年の好成績は私自身にとっても幸福な時間だった。
われわれの働きをディーター(ツェッチェ:ダイムラー社会長)が評価してくれたことに感謝したい」と、コメントした。

| | トラックバック (0)

ハミルトン(メルセデス)、「データ共有すべきでない」

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
2016年シーズン、ニコ・ロズベルグとの壮絶なチーム内バトルの末、わずに届かずタイトル獲得を成し得なかったメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンは、「チームメイトとのデータ共有はすべきじゃない」と、刺激的な発言で新しい僚友バルテリ・ボタスを牽制した。

「どんなカテゴリーにおいても、ドライバーは自分のマシンの限界を極めなくてはならない。
例えばブレーキングで、どこまで遅らせられるかというのは自分自身が経験と感覚でつかみ取るものなんだ。
そのためドライバーは路面のバンプやブレーキング痕など、様々な情報を感じ取るようにする訳。
でももしデータをチームメイトから得た場合、数字であと5m詰められるとか簡単に分かってしまうじゃないか。
そういうのはレーシングドライバーとして僕は好きじゃないな」と、3回の元チャンピオン。

| | トラックバック (0)

アロンソ(マクラーレン)、今季からベル製ヘルメットに

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
昨年まで日本のアライ製ヘルメットを使用していたマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソが、今シーズンはアメリカ・ベル製のものに変更することがわかった。

かつてはF1ドライバーの半数を占めていたアライだが、このところベルの巻き返しやシューベルトらの切り込みにあって数を減らし、今シーズンはベッテル(フェラーリ)やリカルド(レッドブル)、フェルスタッペン(レッドブル)ら6人とみられている。
一方、ベルを使うのはハミルトン(メルセデス)やライコネン(フェラーリ)ら9名に上がる。

| | トラックバック (0)

2017/02/20

F1チーム、再び『FOTA』結成の動きみられる

FOTA (C) Formula One Teams Association
拡大します
以前、F1の交渉団体として強い結束力を保ったチームの集まりである『FOTA(フォーミュラワン・チーム・アソシエーション)』に、再び結成の動きがあるということだ。
このところの情勢変化で、再びチーム側がまとまってリーダーシップを発揮すべき、との考えが高まってきているというもの。

F1チームの代弁者としてFIA(国際自動車連盟)やFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)らと渡り合うべく強い結成力をバックに2008年に発足。
しかしその後、本来の役目を終えたとして1994年を最後に解散した。

結成時の代表はルカ・モンテツェモロ氏(当時フェラーリ)、また解散時はマーティン・ウィットマーシュ氏(当時マクラーレン)が務めた。

| | トラックバック (0)

ポルトガル紙、「将来のF1は4輪駆動も」

Audi Quattro
かつてファーガソンの『P99』が初めてF1に導入した4輪駆動車は、現在はレギュレーションにより禁止されているが、これが将来復活するかも知れないという。

こう報じるのはポルトガルの『グローボ・エスポルテ』紙。
それによれば現在著しく開発が進むパワーユニット関連のテクノロジーにより増大したパワーを、今度は前輪も使って効率を高めるのは当然の成り行きとのこと。
またこうした新技術の導入については新しくF1オーナーとなったリバティ・メディアも前向きに検討しているという。

なおラリーの世界ではアウディがその名も『クワトロ』の4輪駆動車により席巻、今WRC(世界ラリー選手権)では当然の技術となっている。

| | トラックバック (0)

F1チーム、2018年からアクティブ・サス導入で合意か

Lotus 100T (C)Honda Racing
拡大します
F1チーム間ではいま一部のチームがアクティブ・サスペンションに類するシステムを採り入れているのではないかとFIA(国際自動車連盟)に真偽を確かめるような動きが出ているが、これについてFIAは今シーズン開幕前にも結論を出すと伝えられている。

その一方で、F1チームは2018年シーズンから本格的なアクティブ・サスペンションの導入で合意しているとの見方が報じられた。

かつてロータスが初めて開発に成功したとされるF1用アクティブ・サスペンションはしかしモータースポーツとしての競技F1の目的に合致しないということで1993年を最後に全面禁止されているが、サスペンションに限らず最新テクノロジー開発の場としてのF1ではいずれ導入が避けられないと考えられているのも事実。

ただ現行よりもさらに巨大な開発費が掛かるとなれば、いまでもプライベートチームの存続が懸念される中、よりF1を取り巻く状況は悪化の一歩を辿りかねない様相だ。

| | トラックバック (0)

2017/02/19

ジャンカルロ・ミナルディ氏、F1システムを批判

Giancarlo Minardi (C)Ex.Minardi S.p.A
拡大します
かつてプライベートチームの雄として活躍したミナルディ・チームの設立者であるジャンカルロ・ミナルディ氏が、現在のF1システムについて「機能障害に陥っている」と、批判した。

「今年もまた一つF1チームが消えた。
こうしてチームが消滅する時は、F1そのものの全体的なシステムに問題があると言える。
今回マノーが消滅に追い込まれたのには、2014年に導入した新しいパワーユニットに大きな理由がある。
このせいでチームは莫大な資金調達を迫られるか、あるいは大きな自動車メーカーでなければやっていけなくなったのだ。
今のF1は先端テクノロジーを突き詰めることに目を向けていて、本来これがスポーツであるということを忘れているようだ」と、69歳になるイタリア人は指摘した。

| | トラックバック (0)

«トロ・ロッソ、2017年マシンはカラーリング一新か