2019/08/18

7位のレースでガスリー(レッドブル)の降格決断される

Austria GP Scene (C)Redbull Racing
拡大します
現在のF1で7位フィニッシュはまずまずの成績と評価されるべきものだが、レッドブル・レーシングのピエール・ガスリーはその7位でゴールしたオーストリアGPでトロ・ロッソ降格の決断がされたという。
これはレッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士自身がドイツの総合自動車情報誌『アウト・ビルド』で明らかにしたもの。

「大事なことは、ガスリーがオーバーテイクどころかトラフィックに見舞われると自分のポジションをキープできなかったということ。
これはわれわれが望むレーシング・スタイルではない」と、断じる博士。

皮肉なことにこのレースではチームメイトであるフェルスタッペンが今季初優勝を遂げていることや、3強6人以外に新人であるノリス(マクラーレン)の後塵を拝したことがマイナス評価の要因になったとみられる。

|

ビノット代表(フェラーリ)、「ドライバーには問題なし」

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズン、メルセデスAMGチームとの熾烈なタイトル争いが期待されたF1もう一方の雄フェラーリ・チームだが、ここまでの前半戦はファンが望んだものにはなっていない。
その理由として、ドライバー自身によるミスも指摘されているのが事実だ。

しかし同チームを率いるマッティア・ビノット代表は、ささやかれているようなドライバーの変更についてはこれを明確に否定した。

「われわれはすでに第一級の優れた二人のドライバーを擁している。
ドライバーには問題ないからこれを変更しなければならない理由なんてない。
彼らとは満足すべき有効な契約を結んでいるしね。
われわれは来年もきっと同じ顔ぶれで戦っているに違いない」

ちなみにセバスチャン・ベッテルとは2020年の契約がある一方、シャルル・ルクレールのほうは2019年の単年契約と目されている。

|

2019/08/17

メルセデス首脳、「ラッセルには経験積ませたい」

George Russell (C)Mercedes Motorsport
拡大します
レッドブル・レーシングによるアレクサンダー・アルボンの抜擢はF1界に話題を呼んでいるが、同様に傘下の若手育成ドライバーとしてジョージ・ラッセル(20歳:イギリス)を擁するメルセデスでは、次のように方針を異にした。

これはメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターが語ったもの。
「われわれに置いて考えた場合、ラッセルを現在のウィリアムズ・チームからメルセデスAMGチームに迎え入れるということになる。
これは当人にとっては想像を超えるプレッシャーになることだろう。
そこで期待の若い芽を摘んでしまってはならない。
だからわれわれは育成を長い眼で考えて、じっくりと運ぶつもりだ。
彼にはもっと経験を積んでもらうことになるだろう」

レッドブル&トロ・ロッソと事情が異なるのはウィリアムズはあくまでも独立した別のチームということだ。

|

カルン・チャンドク氏、アルボン(レッドブル)の成功に期待

Karun Chandhok (C)Ex.Hispania Racing F1 Team
拡大します
突然発表されたアレクサンダー・アルボン(23歳:タイ)のレッドブル・レーシング昇格は、「時期尚早」として多くの関係者で首を傾げる向きが多いが、そんな中、元HRT(ヒスパニア・レーシング)のレースドライバーであるカルン・チャンドク氏(35歳:インド)がこれを前向きに評価して注目を集めている。

それによれば同氏は、「まだF1経験がわずか半年のドライバーがいきなりレッドブル・レーシングのようなトップチームで走るのはかなり困難なことだ。
彼はまだレッドブルのマシンで1周たりとも走ったことがないんだからね。
しかもチームメイトはその才能が評価されているフェルスタッペンで、それと互角に戦うことが要求されているんだ。
これは多くのドライバーにとってかなり難しい注文だよ。
ただアルボンには隠れた才能があると信じている。
今年初めてF1マシンをドライブしたにもかかわらず、中国ではフリー走行でクラッシュしながらもレースでしっかり順位を上げたし、ドイツでは6位入賞という見事なレースをし
てみせた」

同じ東アジア出身であり、現在イギリスの『スカイ・スポーツ』でF1コメンテーターを務めるチャンドクの言葉には説得力がありそうだ。

|

抜擢のアルボン(レッドブル)、「プレッシャーは考えない」

Alexander Albon (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
F1デビューわずか半年でトップチームの一つであるレッドブル・レーシングに抜擢されたアレクサンダー・アルボン(23歳:タイ)について、周囲からはそのプレッシャーについて心配の声が高まっている。

なにせアルボンが初めてF1マシンをドライブしたのは今年になってからのこと。
それが、すでに5年の経験とを持ち、ハミルトン(メルセデス)と並んでその才能が評価されるフェルスタッペンのチームメイトになるのだ。

これについてアルボン本人は次のように語っている。
「僕だってミスを犯すことがあるのはわかっているよ。
それは誰だって同じだろう。
でもこれまでトスト(フランツ・トスト/トロ・ロッソ・チーム代表)は僕を叱るのではなくいつも適切なアドバイスを与えてくれたので、プレッシャーにならずに済んだ。
一方レッドブル・レーシングは一流のチームだけれど、ドライバーに厳しいことも知っている。
しかもフェルスタッペンはトップドライバーの一人だもの。
でも僕はそういうことを考えないようにしているよ」

|

2019/08/16

ボタス(メルセデス)、WRC(世界ラリー選手権)転向も

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します
来季のレースシートがまだ確定していないバルテリ・ボタス(メルセデス)、万一有力チームのシートが確保できなかった場合に備え、WRC(世界ラリー選手権)転向も視野に入れているのではないかとの噂が広がっている。

というのも、先のトヨタWRCチームによるヤリスWRカーによるテストに続き、今度はM-スポーツ・フォード・WRTでフォード・フィエスタWRカーのテストを極秘裏に行ったことが明らかになったからだ。
(同車では今年1月に母国で行われた『アークティック・ラリー』に参戦している)
相次ぐボタスによるWRカーのテストに、パドックでは「F1とWRCと両方のカテゴリーに可能性を確保しているのでは」との見方がされているものだ。

今季で契約が終了するボタスの後任に、メルセデスAMGチームはエステバン・オコンの起用を考えているとの見方が強まっている。

|

キミ・ライコネン・ジュニア、カート・デビュー果たす

Robin Raikkonen

フィンランド出身の元F1チャンピオンであるキミ・ライコネンの子息ロビン君(4歳)が、カート・デビューを果たしたことがわかった。
これは、父親のライコネンか゜自身のインスタグラムにその画像を投稿したもの。
父親は「アイスマン」(ICENAN)の愛称で親しまれているが、記事には(ACEMAN)のキャプションが添えられている。

なおライコネンも8歳の時にカート・デビューをしていて、10代の時には数々のタイトル獲得を果たしている。

|

「後半戦では巻き返す」と、リカルド(ルノー)

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
昨シーズンはコンストラクターズ・ランキング4位と、ワークスチームとしての面目を保ったルノー・チームだったが、今季は前半を終え6位と苦戦している。
厳しいメディアからは、マシンの戦闘力不足だけでなくルノー製パワーユニットの信頼性の欠如やパワー不足、さらにはチームの士気にまで厳しい言及がされる始末。

これについて今季レッドブル・レーシングから移籍をしたダニエル・リカルド(30歳:オーストラリア)は次のように語っている。

「確かに今シーズン、ここまではうまく廻っていない。
でもここで夏休みで一息つけるのは願ってもないことだ。
忙しいとき、とりわけ2週連続開催何ていう時は、ルーティンワークに追われて新たな開発なんてほとんどできないのが実際なんだ。
でもわずかな期間だけど、夏休みで気分を変えることができるからね。
これまでの戦いを振り返ることができるし、後半戦に向けて戦略を練り直すこともできるというものさ。
僕らも後半戦ではきっと巻き返すからね」

とはいえ昨年の同じ時期111ポイント(5位)だった成績は今22ポイント(11位)。
これを取り戻すのは容易ではない。

|

2019/08/15

ストロール(レーシング・ポイント)の課題は予選の速さ

Lance Stroll (C)Racing Point F1
拡大します
不調のウィリアムズ・チームで苦しい2シーズンを過ごした後、体制を一新したレーシング・ポイントに移籍したランス・ストロール(20歳:カナダ)は、ここまでベテランのセルジオ・ペレスを上廻る成績を残している。
ただ予選に限ってみると、まだQ2に進出できたのはドイツの1回だけ。
(ただしこの時はみごと4位入賞を果たしている)
予選結果ではチームメイトに置いて行かれているのが実状だ。

これについて同チームでは「予選でのパフォーマンス改善が必要」と、次のように指摘している。
「堅実で実績のあるペレスと比較することは良い基準になると思うが、ストロールは決して見劣りしていない。
それどころか凌ぐケースもあるほどだ。
ただ予選一発のスピードではまだチームメイトに追い付いていない。
もうシーズンも半ばに達したのだから、マシンの特性を早く掴んで欲しい。
彼の課題はそれに尽きる」

カナダの大富豪を父に持つストロールだが、財力だけではここまで来れないのは確かだ。

|

アルファロメオ・レーシング、米国人ドライバーをテストへ

Juan Manuel Correa (C)Alfaromeo Racing
アルファロメオ・レーシングは、今季F2ドライバーであるアメリカのファン・マニュエル・コレア(19歳)をプライベートテストに起用することを明らかにした。

昨年までGP3を戦ったコレアは今季F2にザウバーのジュニアチームである『チャロウズ』から参戦、目下ランキング12位に位置すると共に同F1チームの開発ドライバーに指名されていた。

テストはフランスのポールリカール・サーキットで、規定により旧型のザウバー『C32』が使われる予定。
これがF1初体験となるコレアは「すべての間隔を研ぎ澄ましてF1を体験したい」と、すでにワクワクして興奮が抑えられない様子だ。

|

シュタイナー代表(ハースF1)、「フェルスタッペンに感謝」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、かねてF1におけるバトルの必要性を主張してきているが、ここのところの4レース(オーストリア、イギリス、ドイツ、ハンガリーの各GP)はいずれもエキサイティングで見所のあるものだったと評価した。

「F1には素晴らしいショーが必要だといつも言っているが、最近の4レースは十分それに値するものだと言える。
こういうレースをこれからも続けたいとみんなが思っているよ。
F1は年間21レース、すべてがこういうものでなくてはね」

この4レースの勝者はハミルトン(メルセデス)2勝とフェルスタッペンの2勝。
シュタイナー代表はとりわけフェルスタッペンの活躍についてこれを高く評価した。
「彼はまさにファンが見たいものをコース上で見せてくれるんだ。
われわれは彼に感謝しなければ……」と、そのアグレッシブなドライビングを讃えている。

|

2019/08/14

「出戻りガスリー」、トロ・ロッソは全力で支援

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
レッドブル・レーシングへの抜擢からわずか半年、突然元のトロ・ロッソへの「降格」が通告されたピエール・ガスリー(23歳:フランス)だが、古巣であるトロ・ロッソからは暖かい歓迎を受けているようだ。

ガスリー本人への通告はチームが正式発表するわずか数時間前だったというが、ガスリーのパーソナル・マネージャーは「トロ・ロッソとは今も良好な関係にるあので復帰は大歓迎」と、むしろ前向き姿勢。

他チームからは「まだF1経験1年半のガスリーとしては十分健闘していると思うが、レッドブルのドライバー人事は冷酷なものだからね」と、同情の向きも。
しかしプレッシャーの掛からないトロ・ロッソのほうが自然なパフォーマンスを発揮できると、歓迎する声も聞かれる。
またチームもすでに「旧知のガスリー復帰は大歓迎」としている。

その逆に新人アレクサンダー・アルボンがレッドブル・レーシングへのスピード昇格でつぶされないか、懸念する関係者も多い。

|

フェルスタッペン、「誰がチームメイトでも関係ない」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
ご多分に漏れず、束の間の夏休みを平穏に過ごす筈だったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だが、その間に突然チームメイトが代わるという騒動に巻き込まれた。

これについてフェルスタッペンは次のように英『テレグラフ』紙に語り、平静さをみせた。
「ガスリーにとってはもちろん残念なニュースだと同情するよ。
彼のことも、また新しくチームメイトになるアルボンのことも良く知っているからなおさらだ。
でもこんなことはこのチームでは何回も繰り返されてきたことだし、当たり前のこと。
僕個人としては、誰と一緒になっても関係ない。
ドライバーとして大事なことはマシンのパフォーマンスを最大限に発揮してポイントを獲得、チームに貢献すること。それだけだよ」

フェルスタッペン自身、2016年のシーズン中にトロ・ロッソからレッドブル・レーシングへと抜擢された経験を持つ。

|

ハミルトン(メルセデス)、「タイトル争いに向け体力必要」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
まだ得点差は大きいものの、ここに来て浮上した新たなマックス・フェルスタッペン(レッドブル)というライバルの登場にハミルトン(メルセデス)は警戒感を顕わにしているようだ。

「これまで夏休みにはいつも万全な体調で入っていたけれど、今年はちょっと異なるね。さすがにこうして年令を重ねてくると疲れがピークに達することもある。
ちょうどドイツGPの時がそうだった。
本業よりプロモーションで忙しすぎたよ。
実際、ドイツは今シーズンで最悪の結果だったからね。
だから今年の夏は後半戦に向けて体力を温存できるよう気を配るつもりなんだ。
チャンピオンシップ争いも最後にモノを言うのは体力だからね」と、経験深い王者。

今年は家族と共にゆっくりと休暇を過ごす予定のようだ。

|

2019/08/13

アルボン(トロ・ロッソ)、「レッドブル昇格は非現実的」

Alexander Albon (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
F1が夏休みに入ったさなか、突然のレッドブル・レーシング昇格を告げられた現トロ・ロッソのアレクサンダー・アルボン(23歳:タイ)は、しかし手離しで喜んではいないようだ。

これについてアルボンは、自身のSNSで、次のように語っている。
「今年すでに2勝を挙げているトップチームに抜擢というのはうれしいことだけど、正直ビッグサプライズ過ぎて戸惑っているよ、非現実的だもの。
こんなチャンスをくれたレッドブル・レーシング、そしてここまで育ててくれたフランツ・トスト(代表)を始めとするトロ・ロッソのみんなには感謝するばかりだ。
あとはその期待に応えられるよう、僕が頑張るしかない」と、引き締めた。

アルボンが初めてF1マシンを走らせたのは今年になってから。
それからわずか半年でトップチームのマシンを託されることになった。

|

「われわれは4人のドライバーと契約」と、レッドブル

Alexander Albon (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
シーズン半ばにして、突然のドライバー交代劇を発表したレッドブル・レーシングだが、同陣営としては「トロ・ロッソとの2チーム4人のドライバーと契約している」との独自の見方を強調した。

それによれば今回のドライバー交代は、2チーム全体4人の内部で行われたというもので、そう考えれば単にガスリー(レッドブル)とアルボン(トロ・ロッソ)とを入れ替えただけというチーム内の小さな移動と考えられなくもない。

それを裏付けるように、レッドブル・レーシングはクビアト(当時レッドブル)とフェルスタッペン(当時トロ・ロッソ)とをシーズン中に電撃交代させ成功させたこともある。
ただアルボン(ランキング15位)が将来の有望株とはいえ、これまでの戦績では同僚のクビアト(ランキング9位)のほうが勝っており、経験もはるかに豊富。

新人アルボンにとって第2のデビュー戦は難コースのスパ(ベルギーGP)。
今回の判断が果たして功を奏するのか、さらに注目が集まる。

|

F1、環境に配慮し将来的『バイオ燃料』主体に

Image (C)Renault F1 UK
拡大します
F1では現在一般的に市場に出廻っているのと同じく化学合成物質で構成された燃料を使用しているが、スポーツとしてのサスティナビリティ(持続可能性)を達成するために自然由来の燃料の採用を推し進めていくことを明らかにした。

そのためインディカーなどアメリカ大陸で進んでいるようなバイオ燃料を採用し、具体的には2021年までに混合割合を20%まで引き上げ、その後さらに毎年10%ずつ増やしていく案が進んでいるとのこと。
さらに二酸化炭素を発生しない水素燃料の採用なども検討されているとされる。

別途、FIA(国際自動車連盟)が推進する電気自動車のレース『フォーミュラE』は残念ながら迫力に欠けるということで期待されたほどの盛り上がりをみせていない。

|

レッドブル・レーシング、ガスリーに換えてアルボン起用

Alexander Albon (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
各チームが夏休みに入っている中、レッドブル・レーシングは緊急リリースを発表、ピエール・ガスリーに換えて現トロ・ロッソのアレクサンダー・アルボン(23歳:タイ)の起用を正式発表した。
ガスリーは再びトロ・ロッソ勢に戻る。

今シーズン、トロ・ロッソ・ホンダからF1デビューをしたばかりのアルボンはまだF1経験12戦、最高位6位(ドイツGP)。
かつてのガスリーがそうであったようにトロ・ロッソからレッドブル・レーシングに抜擢されることなった。

|

2019/08/12

チェイス・キャリー/CEO、二つ目のアメリカGP開催に意欲

Chase Carey/CEO (C)Liberty Media Group
拡大します
F1の責任者であるチェイス・キャリー/CEOは、かねての持論である二つ目のアメリカGP開催に相変わらず自信をみせている。

「われわれのF1運営が商業活動である以上、利益を上げるためのグランプリを開拓しなければならない。
その舞台として、北米大陸は絶対に欠かせないところなんだ。
実際にアメリカでのF1視聴者数は着実に増えている。
われわれは世界的な観光地でもあるマイアミやラスベガスをその有力候補として考えているよ」と、依然前向き姿勢。

同氏はさらに「アメリカのチーム、アメリカ人F1ドライバーの出現を熱望しているとも語った。
アメリカ人F1チャンピオンとしては、1961年のフィル・ヒル氏、1978年のマリオ・アンドレッティ氏らが挙げられる。

|

ジェイミー・チャドウィック、初代『Wシリーズ』王者に

Jamie Chadwick
今年度からスタートした女性ドライバーだけの選手権『Wシリーズ』で、ジェイミー・チャドウィック(21歳:イギリス)が初代チャンピオンに輝いた。
全6戦中、2戦で優勝したチャドウィックはこれにより年間王者賞金41万ポンド(約5,200万円)を獲得した。

チャドウィックは2018年、イギリスF3選手権で女性ドライバーとして初めて優勝を飾るなど未来のF1ドライバーとして期待される逸材。
今シーズンはやはり女性の運営者だったクレア・ウィリアムズ副代表によりウィリアムズ・チームの開発ドライバーに抜擢されている。

|

«マグヌッセン(ハース)への批難にチーム代表が反論