2017/06/24

予選Q2、ハミルトン(メルセデス)の速さ際立つ

引き続きアゼルバイジャンGPは15分間の予選Q2がスタート。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

このセッションもメルセデスAMG勢が最速。
トップはハミルトン(メルセデス)が1'41.275と他を圧倒。
2番手ボタス(メルセデス)で0.227秒差。
3番手ベッテル(フェラーリ)てこちらは0.636秒差。
4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手ストロール(ウィリアムズ)、8番手ペレス(フォース・インディア)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、10番手のオコン(フォース・インディア)までがQ3進出。

ここで敗退となったのはクビアト(トロ・ロッソ)、サインツ(トロ・ロッソ)、マグヌッセン(ハース)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、そしてウェーレイン(ザウバー)の5台。

| | トラックバック (0)

予選Q1、ハミルトン最速、マクラーレン勢は共に敗退

24日(土)午後、アゼルバイジャンGPの公式予選Q1が行われた。
セッション直前の天候は晴れ、気温26度、路面温度は49度、湿度60%、コースはドライコンディションと報告されている。
ここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなるが、フリー走行で燃料漏れから小火災に見舞われたパーマー(ルノー)は修復作業のためこの予選を欠場となった。

ここでトップタイムを記録したのはハミルトン(メルセデス)で1'41.983のベストタイム。
2番手フェルスタッペン(レッドブル)で0.561秒差。
以下ね3番手ライコネン(フェラーリ)、4番手リカルド(レッドブル)、5番手クビアト(トロ・ロッソ)、6番手ベッテル(フェラーリ)、7番手ボタス(メルセデス)、8番手オコン(フォース・インディア)、10番手がマッサ(ウィリアムズ)の順。

ここで敗退となったのはアロンソ(マクラーレン)、グロージャン(ハース)、エリクソン(ザウバー)、バンドーン(マクラーレン)、そして走れなかったパーマー(ルノー)の5台。

| | トラックバック (0)

アゼルバイジャンGPフリー3回目はボタス(メルセデス)がトップタイム

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
24日(土)、公式予選を前にアゼルバイジャンGPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温26度、路面温度なんと57度、湿度は60%ながらコースはドライコンディションと報告されている。

各車インストレーションラップを終えたあと、最初のアタックラップに出たパーマー(ルノー)が2コーナーでストップ、排気管からは炎が確認された。
残り約10分というところでこの時点で4番手タイムのフェルスタッペン(レッドブル)が電気系トラブルか16コーナーでストップ、Wイエローコーションに。
ウィリアムズの新人ストロールが2コーナーでコースオフしたが、セッションはそのままチェッカーフラッグとなって終えた。

トップタイムはボタス(メルセデス)でベストタイム1'42.742。0.095秒遅れる2番手はライコネン(フェラーリ)。
以下、3番手ハミルトン(メルセデス)、4番手リカルド(レッドブル)、5番手オコン(フォース・インディア)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手マッサ(ウィリアムズ)、8番手クビアト(トロ・ロッソ)、9番手ストロール(ウィリアムズ)、10番手ペレス(フォース・インディア)、

トラブルが気になるベッテル(フェラーリ)はわずか7ラップの周回に留まり12番手。
マクラーレンは再びパワーユニットを温存のため旧仕様のものに戻したとされるアロンソが14番手、バンドーンのほうは16番手だった。

アゼルバイジャンGPフリー走行3回目の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

ボタス(メルセデス)、ピットレーン速度違反で罰金

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します

アゼルバイジャンGPのレーススチュワード(審査委員)は、23日(金)行われたフリー走行1回目セッションでバルテリ・ボタスにピットレーン速度違反があったとして、メルセデスAMGチームに対し罰金1,000ユーロ(約12万5千円)を科したことを明らかにした。

それによればボタスは、制限80キロのところを90.4キロで走行したとのこと。
なおボタスはウィリアムズ・チーム時代の昨年アブダビGPでもピットレーン速度違反で罰金を科せられている。

| | トラックバック (0)

アロンソ(マクラーレン)のトラブルはギヤボックス

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
パワーユニットやターボチャージャーまで交換して臨んだ筈のアゼルバイジャンGP初日にいきなりマシントラブルに見舞われたマクラーレン・チーム。
この日午後行われた2回目のフリー走行セッションで、アロンソは白煙を上げてコースサイドにストップ、直後ドライバーは「エンジン!」と、無線で伝えたもの。

これにより多くの関係者は再びホンダに疑惑の目を向けたが、同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターはこれを否定した。
ブイユ氏は、「トラブルはエンジンではなく、ギヤボックスだった」と明言。

ホンダの名誉は守られたものの、ただ相変わらずこのチームの信頼性レベルが低いことを立証した形となってしまった。

| | トラックバック (0)

フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速もクラッシュ

Baku Image (C)Redbull Racing
拡大します
23日(金)午後、引き続きアゼルバイジャンGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温28度、路面温度44度、湿度38%、コースはドライコンディションと報告されている。

午前のセッションでマシンを損傷させたペレス(フォース・インディア)はまもなくコースインしたが、ザウバー・チームの2台は20分近く作業に追われていた。
各車のタイムが出そろうとトップに立ったのは再びフェルスタッペン(レッドブル)だった。

14コーナーでクビアト(トロ・ロッソ)がガードレールにヒットし、一時バーチャル・セーフティカーとなったのに続き、パーマー(ルノー)がやはりガードレールに接触するアクシデントが起き、セッションは約9分間赤旗中断となった。

セッションが終わろうという時に、トップタイムのフェルスタッペン(レッドブル)が1コーナーでクラッシュ、イエローコーションのままセッションは終了した。

結局トップはフェルスタッペン(レッドブル)で1'43.362のベストタイム。
0.100秒差の2番手にボタス(メルセデス)。
以下、3番手リカルド(レッドブル)、4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手ベッテル(フェラーリ)、6番手ストロール(ウィリアムズ)、7番手ペレス(フォース・インディア)、8番手クビアト(トロ・ロッソ)、9番手オコン(フォース・インディア)、10番手ハミルトン(メルセデス)。

マクラーレンはこの日再びマシントラブルに見舞われたアロンソが12番手、バンドーンのほうは17番手に留まった。

アゼルバイジャンGPフリー走行2回目の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

2017/06/23

アゼルバイジャンGPフリー1回目、レッドブル勢最速ベッテルが続く

Baku Image (C)Redbull Racing
拡大します
23日(金)、2017年F1第8戦アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目セッションが現地時間13時(日本時間:18時)から行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温27度、路面温度52度、湿度46%、コースはドライコンディションと報告されている。
なおこのセッショでのドライバー交代はない。

約75分が経過したところ、ペレス(フォース・インディア)が旧市街地の狭い8コーナーでガードレールにヒット、セッションは赤旗中断となった。
モンテカルロなどの市街地特設コースを得意とするペレスには珍しいミスか。
タイミングモニターの最上部に名前を刻んだフェルスタッペンは早めに終了。
トロ・ロッソのクビアトのマシンはマシントラブルなのか長時間ガレージで作業が続いていたが、最後にトップ10に入るタイムを記録してみせた。

トップはフェルスタッペン(レッドブル)でこれに0.470秒差で僚友リカルドが続いた。
3番手にベッテル(フェラーリ)、4番手ペレス(フォース・インディア)、5-6番手にメルセデスのハミルトン&ボタス、7番手オコン(フォース・インディア)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手マシンの不調を訴えたライコネン(フェラーリ)、10番手が上記クビアトとなった。
マクラーレンはバンドーンが15番手、アロンソ17番手。
チーム代表不在のザウバー・チームは共に最下位だった。

アゼルバイジャンGPフリー走行1回目の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

マクラーレン・ホンダ、2台共に予選グリッド15番降格

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
マクラーレン・ホンダ・チームは、今回のアゼルバイジャンGPを前に2台共に新しいパワーユニットに交換したことを明らかにした。

ホンダ・エンジンは今季MGU-H(熱エネルギー回生システム)のトラブルが続いていて、その対策となるもの。
同時にターボチャージャーも交換される。

しかしこれにより同チームのアロンソ&バンドーンはいずれも予選グリッド15番降格のペナルティを受けることが確定。
走らないうちから大きなハンディキャップを背負うこととなった。

| | トラックバック (0)

アゼルバイジャンGPのスチュワードにダニー・サリバン氏

Danny Sullivan (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週末行われるアゼルバイジャンGPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に、元F1ドライバーであるダニー・サリバン氏(67歳:アメリカ)を指名した。
同氏の委員就任は今年のバーレーンGP以来となるもので、自身通算15回目のスチュワードということになる。

サリバン氏は1983年シーズンに当時のティレル・チームから1年間F1に参戦、最高位はモナコGPの5位。
その後アメリカに戻って参戦したインディカー・シリーズで活躍。
1988年にはシリーズ・チャンピオン、1985年のインディ500レースで優勝したことで知られる。

| | トラックバック (0)

アゼルバイジャンGPの週末は3日間とも雨の心配はなし

今週末第8戦アゼルバイジャンGPが行われる首都バクーの天気について、地元気象台は3日間いずれも晴れで雨になる心配はないと伝えている。

期 日 種 目 気 候 気 温 湿 度
6月23日(金) フリー走行 晴れ 19- 28度 58%
6月24日(土) 公式予選 晴れ 24- 28度 60%
6月25日(日) 決勝レース 晴れ 21- 28度 61%

| | トラックバック (0)

ザウバー・チーム、今週は暫定運営体制で

Sauber 『C36』 (C)Sauber Motorsport
拡大します
噂通り、モニシャ・カルテンボーン/CEOの辞職を認めたザウバー・チームでは、今週迎えるアゼルバイジャンGPについて、とりあえず暫定の運営体制で進めることを明らかにした。

それによればチームの指揮はビート・ツェンダー/チーム・マネージャーとヨルグ・ザンダー/テクニカル・ディレクターの二人が執るよう、チームオーナーである『ロングボウ・ファイナンス』から指示があったとのこと。

なお噂では、後任には元HRT(ヒスパニア・レーシング)等を率いたコリン・コレス氏(ドイツ)の名前がささやかれている。

| | トラックバック (0)

ジャン・トッドFIA会長、新規参戦チームの可能性を示唆

Jean Todt (C)RedBull Racing
拡大します
F1に参戦するチーム数について、全12チームまで認めるという合意があるとされるが、昨季限りでマノーが消滅、現在は10チームに留まっている。
こうした現状について、FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長が近い将来F1参戦に関心を見せている複数のチームがあることを示唆、関係者の注目を集めている。

「個人的には、12チーム24台がグリッドに着くのがベストと考えている。
だからそれだけのポテンシャルがあり、持続可能なチームであれば新規参入を受け入れたい。
実際、私の耳にはすでに複数の有力候補の名前が伝わっている。
今すぐという訳ではないが、ふさわしい時期が来れば新規参入のための入札を行うつもりだよ」と、トッド会長。

しかし2018年から参入の可能性について聞かれると、「それは無理」と、一笑に付した。

| | トラックバック (0)

2017/06/22

メルセデス、巻き込まれるマクラーレン騒動に「閉口」

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ホンダとのパートナーシップが思うような成果を出していないマクラーレン・チームでは、これを解消し再びメルセデス・エンジン搭載の噂が流れているが、こうした話題にメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは「われわれはそうした騒動に巻き込まれたくない」と、正直な心情を吐露した。

「われわれはかつての盟友であるマクラーレンが苦しんでいるのを正直見たくはない。
しかしそれはいま彼ら自身の問題であって、メルセデスが関与すべき問題ではないよ。
結論が出ないうちに第三者が干渉するのは良くないことだ。
解決するのはマクラーレンとホンダであって、それを尊重しなければならない。
それがわれわれのポリシーだ」

2016年まで4チームに供給したメルセデスだが、マノーが消滅したため今年からは3チーム供給に留まっていてキャパシティに余裕はありそうだ。

| | トラックバック (0)

モニシャ・カルテンボーン/CEO(ザウバー)に更迭の噂

Monisha Kaltenborn & 小林可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
ここ数年、不振が続いているザウバー・チームだが、今度は代表更迭の噂が報じられ激震が走っている。

現在率いているのはチーム創設者であるペーター・ザウバー氏がオーナーだった時代から指揮を任されているモニシャ・カルテンボーン/CEOで、元々はチームの財務担当者だった。
その後株式が現在の『ロングボウ・ファイナンス』に買収されてからも代表の職を継続してきたものの、成績不振を受け主にドライバーの起用方針で食い違いが表面化しているのだという。
もし更迭された場合、後任には元HRT(ヒスパニア・レーシング)等を率いたコリン・コレス氏(ドイツ)の名前がささやかれている。

同チームはすでに来年からホンダ・エンジンの搭載が決まっているが、一部に期待のあった日本人ドライバー起用の可能性にも影響があるかも知れない。

| | トラックバック (0)

ロバート・クビサ(ルノー)、今度はグッドウッド・イベントに

Robert Kubica (C)Renault F1
拡大します
今月初め、実に6年ぶりとなるF1ドライブを行った元BMW等のロバート・クビサ(32歳:ポーランド)が、次は来週英国で行われる『グッドウッド・フェスティバル』にも参加することがわかった。

マシンは前回と同じくクビサ専用に改造された2012年仕様のロータス『E20』になる。
バレンシアではトータル115ラップを周回して自信を得たクビサは、「将来またF1に戻りたい」と、冗談ではない口ぶりでこの伝統あるイベントにも強い意欲みせている。

| | トラックバック (0)

2017/06/21

長谷川祐介氏(ホンダ)、「いま身を引くことなど考えていない」

長谷川 祐介 (C)McLaren Group
拡大します
3年目を迎え、依然として苦戦が続くマクラーレン・ホンダ・チームにおいて、ホンダ側のF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏の責任を問う声が一部メディアから聞こえつつあるが、当の長谷川氏はそうした批判を一蹴した。

「もちろんこうした現状に誰も満足などしていないし、改善を図るために努力しているところ。
れわれれ全員がいま全力を挙げて困難に対処しているところで、私に限らず個人の責任を追及している状況ではないと受け止めている。
ただ、もし会社が私を不要と考えるなら、そうした決定に従うことは当然のこと。
適任である後継者が現れるなら、(うれしくはないものの)私がこのポジションを譲るのにいささかもやぶさかではない」

長谷川氏は2016年に前任者である新井康久氏から現在のポジションをを引き継いだが、自身が実際に関わった改革の効果が現れるのにはいささかのタイムラグがあると弁明している。

| | トラックバック (0)

マクラーレンのパートナーに『ポルシェ』浮上

Porsche F1 (C)Porsche AG
拡大します
不振が続くマクラーレン・チームでは、将来に向けメルセデス・エンジンの供給を打診しているもののまだ承諾が得られていないと伝えられる一方で、新たに今度はスポーツカーの名門『ポルシェ』の名前が浮上して関心を集めている。

これは両社の地元であるドイツの『ビルド』紙が報じたもの。
それによればポルシェは2020年以降のF1エンジン会議に出席する意向をみせているとのこと。
当然のことながらこれはF1エンジン供給に意欲があると目されるもので、しかもその供給先がマクラーレン・チームであるとされている。
折りしもポルシェはWEC(世界耐久選手権)の一戦であるルマン24時間レースでトヨタを抑え実に通算19回目となる総合優勝を果たしたばかりでまさに意気軒昂。

しかし同社にとってスポーツカーレースの次は電気自動車のレースであるフォーミュラEにあるのではないか、との観測が有力のようだ。

| | トラックバック (0)

前代未聞の『3週連続F1開催』に戸惑いも

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は19日(月)、2018年のF1暫定カレンダーを発表したが、予想された通り全21戦の多きに。
2016年以来となる史上2回目のF1最大開催数ということになる。

これはマレーシアGPが昨季限りで打ち切られた一方、ポールリカール・サーキットのフランスGP、ホッケンハイムリンクのドイツGPが復活したことにより昨年の20戦より増えたためだ。
しかしその反動で6月24日のフランスGPから7月1日のオーストリアGP、そして7月8日のイギリスGPまで3週連続の開催が明らかに。
これまでF1で例を見ない事態が実現することになった。

これについてレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、「徒に開催数が増えるのはチームにとって敵わないことだ。
商業的な都合もあるのだろうが、現場の人間のことも考えて欲しいね。
これじゃ身体が持たないよ」と、困惑の表情をみせた。

・2018年暫定F1カレンダーはこちら

| | トラックバック (0)

2017/06/20

2018年暫定F1カレンダー(6/19)

19日(月)、FIA(国際自動車連盟)はスイスのジュネーブでWMSC(世界モータースポーツ評議会)を開催、2018年シーズンのF1カレンダーを次のように組んだことを明らかにした。

【2018年暫定F1カレンダー】(6/19)

No. 日程 グランプリ 開催地
1 03月25日 オーストラリアGP アルバートパーク市街地特設コース
2 04月08日 中国GP 上海サーキット
3 04月13日 バーレーンGP バーレーン・サーキット
4 06月19日 アゼルバイジャンGP バクー市街地特設コース
5 05月13日 スペインGP バルセロナ・サーキット
6 05月27日 モナコGP モンテカルロ市街地特設コース
7 06月10日 カナダGP ジル・ビルニューブ・サーキット
8 07月03日 フランスGP ポールリカール
9 07月01日 オーストリアGP レッドブルリンク
10 07月08日 イギリスGP シルバーストーン・サーキット
11 07月22日 ドイツGP ホッケンハイム
12 07月22日 ハンガリーGP ハンガロリンク
13 08月26日 ベルギーGP スパフランコルシャン・サーキット
14 09月02日 イタリアGP モンツァ・サーキット
15 09月16日 シンガポールGP シンガポール市街地特設コース
16 09月30日 ロシアGP ソチ・サーキット
17 10月07日 日本GP 鈴鹿サーキット
18 10月21日 US-GP オースティン・スピードウェイ
19 10月28日 メキシコGP ロドリゲス・サーキット
20 11月11日 ブラジルGP インテルラゴス・サーキット
21 11月25日 アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット

・サーキットは推定

| | トラックバック (0)

「次戦アゼルバイジャンもペナルティ必至」と、アロンソ(マクラーレン)

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
前戦カナダGPではレース終盤までポイント圏内を走りながら、チェッカーフラッグまであと2周というところでエンジントラブルによりリタイヤを喫したマクラーレン・ホンダ・チームのフェルナンド・アロンソが、「次戦アゼルバイジャンGPでもペナルティを受けるのは必至」と、早くも戦意喪失と受け止められる宣言をした。

一人のドライバーについて、認められたMGU-H(熱エネルギー回生システム)は年間5基までとされているが、アロンソのマシンはすでに規定の数に達していて今回のトラブル原因によってはこれをまた上回ることが予想されているからだ。

「カナダではポイントが獲れるかと思っていたけれど、結果はいつもと同じ。
バクーでは頑張りたいと思うけれど、それが極めて難しいものになるのは誰でもわかることだろう。
とにかくレースを戦うためには信頼性とパフォーマンスが両方なければならないんだ」と、元2回のF1チャンピオン。

代役としてモナコGP1戦だけを戦ったバトンですらアロンソのマシンに対するペナルティを受け最後尾スタートに追いやられている。

| | トラックバック (0)

«ウィリアムズ・ホンダの復活を英紙が予測