2020/02/21

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト2日目コメント(2/20)

Alexander Albon (C)Honda Racing
拡大します

今日のバルセロナテスト2日目は、Aston Martin Red Bull Racingがアレクサンダー・アルボン、Scuderia AlphaTauri Hondaはピエール・ガスリーがドライブを担当し、昨日同様にRed Bull Racingが4番手、Scuderia AlphaTauriが5番手タイムにつける形でセッションを終えました。

テスト前に行われたシェイクダウンと昨日の初日はチームメイトのフェルスタッペンが担当したため、アルボンにとっては初めてのRB16のドライブになりましたが、アルボンはすぐにペースをつかむと134周を周回。ポジティブな感触とともに初走行を終えました。

ガスリーは路面温度が低かった最初の周回の9コーナーでスピンを喫しましたが、特にマシンにダメージを受けることなくその後も走行を続けました。
最終的には全ドライバー中2番目に多い147周を走行。Red Bull Racingのアルボンから0.2秒差の5番手タイムを記録しました。

第1回テストの最終日となる明日は、両チームともに2名のドライバーがマシンをシェアする形でテストを行う予定です。

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(4番手)

「RB16での初めての走行となった今日は、いい一日になりました。
昨日のマックス(・フェルスタッペン)の走行から得たフィードバックを反映して、作業を継続しました。
マシンについてはマックスと同じく、おおむねポジティブな感触を得ています。
ランチタイム前後にPUに関する確認を行っていたためいくらかの時間を失いましたが、それを除けばスムーズな一日になりました。
チームは冬の開発期間の間に、昨年問題だと感じていたエリアの修正を図りましたが、マシンに乗ってすぐに改善されていることを感じました。
いつのときもサーキットに戻って来た初日はうれしいものですが、今日はさらにマシンの力強さを感じられたことをうれしく思っています」

【ピエール・ガスリー(アルファタウリ)】(5番手)

「(オフシーズンで)走行がなくてさみしい思いをしていたので、今日はうれしかったです。
今年はプレシーズンテストが例年より2日少ないので、できる限り多くの周回を重ねることが目標で、効率よくさまざまな項目をこなしていく必要がありました。
予定していたプログラムを完了できて、満足していますし、マシンに乗ってすぐ快適な走行ができました。
昨年に比べてテスト項目は増えており、僕のドライビングに関してもすべてを引き出すにはどうしたらいいか理解を深める必要がありましたが、どちらもいい結果が得られたと思います。
新しいマシンで新パーツも試しているので、まだ伸ばしていかなければいけない部分は多くありますし、解析が必要な領域もあります。
残りのテストに向けていい方向性を見つけられたので、今日はかなり習熟が深まったと思います」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「バルセロナテスト2日目となる今日も、昨日同様に基本的な機能確認のプログラムを進めるとともに、昨晩の走行データを解析した結果をフィードバックしてパワーユニット(PU)のセッティングの最適化を進めました。
なお、ランチタイム前にSakuraのベンチテストにてPUに関する懸念点が発生したことから、万全を期す目的でアルボン選手のPUをマシンから切り離し、別のPUに乗せ換えました。
確認の結果、特に問題は見られなかったため、今日の午前に使用したPUは明日のセッションから使用を再開します。
この作業によりいくらかの走行時間を失ったものの、最終的にはアルボン選手が134周、ガスリー選手が147周を走行し、今日も多くのデータを得られた一日になりました」

提供:本田技研工業(株)

|

体調不良だったベッテル(フェラーリ)、現場復帰

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
バルセロナ合同テスト初日を体調不良ということで欠場したフェラーリ・チームのセバスチャン・ベッテルだが、2日目の20日(木)は元気に現場復帰を果たし、この日トータル73ラップを周回、全体の6番手にあたる1'18.154を記録してみせた。

「昨日は体調が悪くて一日ベッドで寝ていたんだ。
ルクレールやスタッフには悪いことをしたけど、もう大丈夫、すっかり戻ったよ。
毎年のことだけど、初めてその年の新型車をドライブするというのはいつだって興奮するものさ。
マシンには信頼性があり、予定のプログラムを着実に消化することができた。
『SF1000』が去年のものより進化しているのは間違いないところ。
開幕までにもっと走り込んで熟成に務めたいね」

ベッテルが最後にタイトル獲得した2013年からすでに7年になろうとしている。

|

ライコネン(アルファロメオ)最速タイム、そして初の赤旗中断

Alfaromeo Ferrari 『C39』 (C)Alfaromeo Racing
拡大します
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、今回のバルセロナ合同テスト2日目から登場。
初日はリザーブドライバーのクビサが13番手、チームメイトのジョビナッツィも15番手(全15台)に留まった『C39』で、午前はペレス(レーシング・ポイント)に続く2番手、そして午後にはさらにタイムを短縮し全13台中のトップに押し上げてみせた。

しかしその代償(?)としてこの日の走行残り約17分というところで8コーナー先でストップ、2020年のF1で最初の赤旗中断劇をお膳立てしてみせた。
それでも先週フィオラノ・サーキットでシェイクダウンしたばかりのマシンに十分な手応えを掴み取ったようだった。

|

バルセロナ合同テスト2日目タイム(2/20)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 K.ライコネン FIN Alfaromeo Ferrari 1'17.091 134
2 S.ペレス MEX Racing Point Mrercedes 1'17.347 145
3 D.リカルド AUS Renault 1'17.749 41
4 A.アルボン THI Redbull Honda 1'17.912 134
5 P.ガスリー FRA Alfatauri Honda 1'18.121 147
6 S.ベッテル GER Ferrari 1'18.154 73
7 G.ラッセル GBR Williams Mercedes 1'18.266 116
8 C.ルクレール MON Ferrari 1'18.335 49
9 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'18.387 106
10 L.ノリス GBR McLaren Renault 1'18.474 137
11 R.グロージャン FRA Haas Ferrari 1'18.496 158
12 E.オコン FRA Renault 1'18.557 52
13 V.ボタス FIN Mercedes 1'19.307 77

   * 2019 PP-Time:1'15.406 V.ボタス/Mercedes (5/11)
   * 2019 TestTime : 1'15.511 V.ボタス/Mercedes (5/14)
   * 2020 TestTime : 1'16.976 L.ハミルトン/Mercedes (2/19)
   * ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です

|

ルノー・チーム、合同テストでやっと新型の実車初お披露目

Renault 『RS20』 (C)Renault F1 Team
拡大します
2月12日(水)の新型車発表会では実車のお披露目がなく顰蹙を買ったルノー・チームは、19日(水)にスタートしたバルセロナ合同テスト初日、初めて2020年新型車の『RS20』を公開した。

マシンは17日(月)にすでに当地バルセロナ・サーキットでシェイクダウン・テストを済ませているが実車の披露と本格走行は初めて。
ステアリングを握ったリカルドとオコンは切り札となるエアロダイナミックスのデータ採りに重きを置いていたようだ。

なお登場したマシンのカラーリングは黒一色で、これがそのまま今シーズンのものになるとは考えにくく、さらなる変更が施されるものとみられる。

|

2020/02/20

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト1日目コメント(2/19)

Max Verstappen (C)RedBull Racing
拡大します
3月15日のオーストラリアでのF1開幕戦に向け、唯一の走行機会となるF1プレシーズンテストがスペイン・バルセロナで開始しました。
Hondaのパワーユニット(PU)を搭載するAston Martin Red Bull Racing、Scuderia AlphaTauri Hondaは、2チーム合計で284周を走行し、大きなトラブルなく初日を終えました。

Red BullのRB16をドライブしたマックス・フェルスタッペンは、この日全ドライバーの中で最多となる168周を走行。
およそ2.5回分のレースに相当する距離をドライブしました。

今年最初の本格的な走行となりましたが、パワーユニットに問題は起こらず、システムチェックを終えたフェルスタッペンは4番手タイムをマークしました。

Toro Rossoから名称を変更して初の走行を迎えたAlphaTauriは、ダニール・クビアトがフェルスタッペンと0.182秒差の5番手タイム。
セットアップ変更を行いながら、116周を走行しました。

明日、Red Bull Racingがアレクサンダー・アルボン、Scuderia AlphaTauriはピエール・ガスリーが走行し、さらなる走行距離を重ねてプログラムを進めていく予定です。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(4番手)

「今日はいい一日になりました。
できる限り多くの周回を走行することはとても大切なことですし、今日はそれができたのでとても満足しています。
冬の間にマシンの課題だと感じていた部分を改善し、今日はサーキットのどこでもスピードを感じることができました。
今のところ信頼性には問題ありませんし、新しいパーツをテストしながらさらなる周回を重ね、どの部分を改善していけるかを探っていくことになります。
明日以降も満足のいくテストを継続できればと考えています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(5番手)

「テスト初日の今日は大きな問題が起こらずに走行を重ねられて、なかなかいい一日でした。
初めてのドライブでしたが、まるで乗りなれたマシンのような感覚でした。
朝はルーティンのチェックをこなしていたので、作業に少し時間がかかっているように見えたかもしれませんが、最初のテストなのでチームにとっては必要な時間でした。

(午後に)本格的な走行を開始してからは順調に周回を重ねることができ、新型マシンの理解を少しずつ深めていきました。
また、いくつかのセットアップも試し、なかにはレースウイークで使わない可能性のあるアイテムもあったと思います。
まだ初日を終えただけなので、オフシーズンでどのくらい進化できたかを語るのは難しいですし、マシンのベストなバランスを見つけるためにはもう少し時間が必要です」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「われわれのパートナーである2つのチームと一緒に今シーズンを戦うマシンを作り上げ、ここバルセロナでウィンターテスト初日を問題なく走行できたことをうれしく思っています。
ここからシーズンに向けた準備が大詰めとなる中、Toro Rossoから名前を変え新たなスタートを切ったScuderia AlphaTauri Hondaの新しいカラーリングを施したマシンが走行しているのを見るのは、とても新鮮な気持ちでした。
また、Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手については、全ドライバー中最多の168周を周回し、初日から力強い走りを見せてくれました。

どのチームにとっても同じですが、今年のテストの日数は例年の8日間から6日間に減少したため、一日のプログラムはこれまで以上に濃密なものとなり、その重要性も増しています。
今日のセッションについては例年のテスト初日と同様に、両チームともマシンと、われわれのPUであるRA620Hの機能確認に取り組みました。
それぞれほぼ予定通りにスケジュールを消化し、実りある初日になりました。
テストでは普通のことですが、いくつかの改善点も見つかっていますので、今晩トラックサイドのナイトシフトチームとSakuraのファクトリーとでデータの分析を行い、明日以降に向けて準備を進めます。
この後も多くのテスト項目が予定されていますので、明日以降も精力的に走行に臨みます」

提供:本田技研工業(株)

|

フェルスタッペン、新型レッドブル・ホンダに好感触

Max Verstappen (C)RedBull Racing
拡大します
新型車『RB16』の走行を待ちかねていたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、テスト初日の19日(水)、この日トータル最多となる168周を走破、全体で4番手のタイムを記録した。

「新型車の感触はいいね。
ホンダのエンジンとレッドブルのシャシーとがうまくマッチングしていることが感じ取れたよ。
低速でも高速でも挙動は悪くないしどこでも速くて、トラブルもなかった。
新車のテストにおいて信頼性があるというのは大事なことだからね。
今日の感想ではすべてがポジティブだったということさ」とご満悦。

一日の最後に2度ほどスピンしたことには、「グラベルに乗ってしまったのがスピンの原因。
マシンを傷めなくて良かったよ」と、釈明。
昨年のテストではガスリーがマシンを大破させ、評価を下げている。

|

アルファロメオ・フェラーリ、新型車『C39』を正式発表

Alfaromeo Ferrari 『C39』 (C)Alfaromeo Racing
拡大します
元ザウバー・チームのアルファロメオ・レーシングは、19日(水)シーズン前テストのスタートを前に当地バルセロナ・サーキットで2020年シーズンを戦う新型車『C39』を正式発表した。

今季同チームは前ウィリアムズのロバート・クビサ(35歳:ポーランド)をリザーブドライバーに迎え入れると共に同選手を支援するポーランドの『PKNオーレン』をタイトル・スポンサーとして契約、チーム名も『アルファロメオ・レーシング・オーレン』に変更している。

お披露目された『C39』はさっそくロバート・クビサと同チームのレースドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィの手により実車テストに持ち込まれた。

新型車の画像はこちら

|

バルセロナ合同テスト1日目タイム(2/19)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'16.976 94
2 V.ボタス FIN Mercedes 1'17.313 79
3 S.ペレス MEX Racing Point Mrercedes 1'17.375 58
4 M.フェルスタッペン HOL Redbull Honda 1'17.516 168
5 D.クビアト RUS Alfatauri Honda 1'17.698 116
6 C.サインツ ESP McLaren Renault 1'17.842 161
7 D.リカルド AUS Renault 1'17.873 56
8 E.オコン FRA Renault 1'18.004 62
9 G.ラッセル GBR Williams Mercedes 1'18.168 73
10 L.ストロール CAN Racing Point Mrercedes 1'18.282 52
11 C.ルクレール MON Ferrari 1'18.289 132
12 N.ラティフィ CAN Williams Mercedes 1'18.382 63
13 R.クビサ POL Alfaromeo Ferrari 1'18.386 59
14 K.マグヌッセン DEN Haas Ferrari 1'18.466 106
15 A.ジョビナッツィ ITA Alfaromeo Ferrari 1'20.096 79

   * 2019 PP-Time:1'15.406 V.ボタス/Mercedes (5/11)
   * 2019 TestTime : 1'15.511 V.ボタス/Mercedes (5/14)
   * ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です

|

ベッテル(フェラーリ)、体調不良で合同テスト回避

Barcelona Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
19日(水)から始まったバルセロナ・サーキットでのシーズン前テストだが、なんとフェラーリ・チームで初日の担当予定だったセバスチャン・ベッテルが欠場となった。
理由はベッテルの体調不良だったとのこと。
同チームでは急きょチームメイトであるシャルル・ルクレールを起用して対処。

ベッテルはテスト2日目の20日(木)も午後の担当となっているが、こちらにも欠場に備えルクレールを待機させるという。
タイトル奪還を狙う跳ね馬チームとしては思わぬ出鼻をくじかれた形となった。

|

中国GP開催できなければ損失51億円

Shanghai Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
4月19日の開催がキャンセルされた第4戦の中国GPだが、今のところ延期開催の目途は立っていない。
もしもこのまま延期開催ができなかった場合、その損失は膨大なものになると報じられ、F1関係者を賑わしている。

これは英国ロンドンのビジネス紙『シティ A.M』が伝えたもので、それによれば中止になった場合の損失は4,700万ドル(約51億円)にも達するとの試算が明らかにされたもの。
前例のないケースであるため、その場合の負担が誰になるのかも明確でないという。

これまでの報動によれば、最終戦としての開催が動かないアブダビGPを後方にずらし、ブラジルGPとの間に中国GPを押し込むという案が主催者から出されているとのこと。
またこれとは別に、かつてサンマリノGPの開催地だったイタリアのイモラ・サーキットから代替開催の打診があったという報道もあるが、いずれも実現には障害が多そうだ。

|

2020/02/19

今日19日からバルセロナ合同テスト前半がスタート

いよいよ今日2月19日(水)から21日(金)までバルセロナ・サーキットでシーズン前テストの前半が行われる。
昨年は4日間×2の8日間だったが、今年は3日間×2の計6日間に縮小されたため中身の濃いテストが期待される。
またハースF1、アルファロメオの2チームがこの日テストに先駈け2020年新型車の発表を行う。

なお走行時間は基本的に午前9時から午後5時までで、午後1時から2時は昼休み。
入場料は一般席が大人一人23ユーロ(約2,737円)。
パドック・アクセス付きは大人一人109ユーロ(約12,971円)。
ホスピタリティのバー・食事バー付きは266ユーロ(約31,654円)。
15歳以下の子供は半額、6歳以下の子供は無料となっている。

各チームが明らかにしたドライバーの走行予定は下記の通り。

【シーズン前テスト前半走行予定】

Team 2月19日(水) 2月20日(木) 2月21日(金)
メルセデスAMG TBN TBN TBN
フェラーリ ベッテル ルクレール/ベッテル ルクレール
レッドブル フェルスタッペン アルボン フェルスタッペン/アルボン
マクラーレン サインツ ノリス ノリス/サインツ
ルノー オコン/リカルド リカルド/オコン オコン/リカルド
アルファタウリ クビアト ガスリー クビアト/ガスリー
レーシング・ポイント ペレス ストロール ペレス/ストロール
アルファロメオ クビサ/ジョビナッツィ ライコネン ジョビナッツィ
ハースF1 マグヌッセン グロージャン グロージャン/マグヌッセン
ウィリアムズ ラッセル/ラティフィ ラッセル ラティフィ

 * TBNは未定

|

『カシオ』、アルファタウリとのスポンサー契約更新

Alfatauri Honda 『AT01』 (C)Scuderia Alfa Tauri
拡大します
日本のカシオ計算機は、トロ・ロッソ時代から続く新生アルファタウリとのオフィシャル・パートナーシップ契約を2021年までさらに2年間更新したことを明らかにした。
これにより『CASIO』と同社の腕時計ブランドである『EDIFICE』のロゴがマシン『AT01』のフロントノーズとドライバーのスーツに掲出される。

これについて同社は「アルファタウリF1の持つ若くて勢いのあるイメージはカシオの先進製品と重なるもの。
カシオのチャレンジング精神を以って同チームの活動を支援していきたい」とした。

|

「自分はナンバー2じゃない」と、ベッテル(フェラーリ)

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームがシャルル・ルクレールとの契約を長期延長したことで、エースである筈のセバスチャン・ベッテルに逆にプレッシャーが掛かっているとされるが、本人はいよいよ始まるバルセロナ合同テストを前にスペインの『マルカ』紙でこれに言及した。

「メディアによればまるでもう僕の時代は終わったような書かれ方がされているけれど、大違いさ。
僕は新しいシーズンをナンバー2として迎えるつもりはないからね。」
そもそも僕らのチームにはドライバーに差を付けるようなやり方はないんだ。
二人のドライバーには同じマシンが与えられ、同じようにチャンスが与えられ走っているんだからね。
それは去年ルクレールのほうも同様に感じていた筈さ。
だから今年も僕らは対等にチャンピオンシップに挑戦する、それだけだよ」と、4回のチャンピオン。
ただルクレールのほうだけ契約が長期延長(2024年まで)されているのは厳然たる事実だ。

|

2020/02/18

イモラ・サーキット、中国GPの代替開催に名乗り

Imola Circuit (C)Ex.Jordan Grand Prix
拡大します
新型コロナウイルス騒動の影響で4月の開催が延期となった中国GPだが、その後の見通しは立っていない。
そんな中、イタリアのイモラ・サーキットが代替開催に名乗りを挙げたことが伝えられた。

これは同サーキットのウベルト・セルヴァティコ・エステンセ社長からイタリアのACN(各国のモータースポーツ権能団体)であるACI(Automobile Club d'Italia:イタリア自動車協会)のアンジェロ・ダミアーニ会長に申し出があったというもの。

イモラ・サーキットは1980年代から2006年まで隣国の名前を借りてサンマリノGPとして数多くのグランプリを行った経験を持つが、今回は準備の時間も限られていることから調整は難航が必至とみられている。

|

レーシング・ポイント、2020年新型車『RP20』をお披露目

Racing Point Mercedes 『RP20』 (C)Racing Point F1
拡大します
17日(月)、レーシング・ポイント・チームは2020年シーズンを戦う新型車『RP20』の画像を公開した。
引き続きメルセデス製パワーユニットを搭載するマシンのカラーリングはこれまで同様鮮やかなピンクが印象的。

ただ事前のリーク(?)通り主要スポンサーだったオンラインカジノである『SportPesa』のロゴが消え、代わりにタイトル・スポンサーとなったヨーロッパの大手浄水器メーカー『BWT』のロゴが一層大きくなってその存在感を示したものになっている。
これに伴い正式チーム名は『BWTレーシング・ポイントF1チーム』に変更されている。

ドライバーは引き続きベテランのセルジオ・ペレスと新鋭ランス・ストロールという組み合わせで、19日(水)からのバルセロナ合同テストで本格走行が行われる。

|

ウィリアムズ・メルセデス、2020年新型車『FW43』を正式発表

Williams Mercedes 『FW43』 (C)Williams F1
拡大します
17日(月)、ウィリアムズ・チームが2020年シーズンを戦う新型車ウィリアムズ・メルセデス『FW43』をオンラインで正式発表した。
昨年は新型車開発が遅れ、出鼻をくじかれた感があったが、今シーズンはシェイクダウンも同時に済ませていて19日(水)からのバルセロナ合同テストに備えている。

マシンは昨年の『FW42』を正常進化させたもので、メインカラーを伝統のネイビーブルーカラーから明るいブルーのものとなっている。
ドライバーはベテランのロバート・クビサが去り、ジョージ・ラッセルと新加入のニコラス・ラティフィというドライバー・ラインナップになる。

新型車の画像はこちら

|

ルノー・チーム、リカルドのキープは「背水の陣」

Daniel Ricciardo (C)Renault Sport F1
拡大します
2019年シーズンを前に、5年間在籍したレッドブル・レーシングを離れ、ルノー・チームに電撃移籍を果たしたダニエル・リカルド(30歳:オーストラリア)だが、誰の目からもマシンがドライバーの期待に応えていないという評価が専らだ。

こうした状況に、同チームで非常勤取締役を務める元4回のチャンピオンであるアラン・プロスト氏(64歳:フランス)は次のように危機感を顕わにした。
「残念なことだが、現在のルノー・チームは明らかにリカルドの期待に応えていない。
彼自身もこんな状況は予想していなかったことだろう。
こうした現状を打開しなければ、われわれは彼をキープし続けることはできない」と、背水の陣であることを訴えた。

一時はワークス活動の終了も話題になったルノー・チームだが、このところ噂は沈静化しつつあるようだ。
ただレッドブル時代には通算7勝を挙げたリカルド、ルノーに移ってからは4位が最高で表彰台にも上がれておらず期待を裏切っているのが事実だ。

|

2020/02/17

ベトナムGP(4月)の開催にも黄信号

Vietnam GP
世界的に拡散が懸念される新型コロナウイルス騒動は4月19日のF1中国GPを延期(実質中止か)に追い込んだが、ここに来てさらに第3戦のベトナムGPへの影響が浮上してきたようだ。

ベトナムGPは4月5日が決勝日。
中国からの距離も近くすでに感染者も報告されている。
チーム側はスタッフを危険な目に合わせる訳にはいかないと消極的。
このままの勢いが続くとすると、ベトナムで問題なくグランプリが行われるとは考えにくいのが実状だ。

F1モータースポーツ・ディレクターのロス・ブラウン氏は、現状では予定通りに開催されるとしながらも、中止も視野に入れ、今後の事態を注意深く見守っていくとしている。

|

レーシング・ポイント新型車の画像がリークか

Racing Point 『RP20』 (C)Racing Point
レーシング・ポイントの2020年新型車の画像が流出したとして話題になっている。
これは、まだ公開されていない筈の『RP20』(仮称)の画像がネットで拡散されているもの。
チームはこれを否定していて、画像のでもとはまだわかっていない。

新型車のカラーリングは引き続き明るいピンクになっているが、そこからはタイトル・スポンサーだったオンラインカジノ『SportPesa』のロゴが消えている。
一方、ヨーロッパの大手浄水器メーカーである『BWT』のロゴが拡大していることがわかる。

同チームの新型車発表は2月17日(月)にオーストリアのモンゼーで予定されている。

|

«2021年のオーストラリアGP、コースレイアウト変更の可能性